サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ischanさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

ischanさんのレビュー一覧

投稿者:ischan

1 件中 1 件~ 1 件を表示

NHKのドキュメンタリー番組

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2014年11月24日、朝10時からのNHKの『君が僕の息子について教えてくれたこと』という番組を見ました。
現在は22歳になっている東田直樹さんのドキュメンタリーでした。
7年前に書かれた東田さんの最初の本は、重度の自閉症の息子さんを持つアイルランドの作家の目に止まりました。
その作家は自分の息子の心をどう理解したら良いか苦悩していましたが、この本が息子さんの気持ちを代弁してくれていると感じ、英訳しました。そしてそれはさらに数か国語に翻訳されて、世界中の自閉症のお子さんを持つ親御さんの心を支えるようになった・・・というお話でした。
私のまわりにも自閉症のお子さんが何人かいらっしゃいますが、ひとくくりに自閉症とまとめるには、その症状は千差万別で、だからこそ、ご家族や先生も、どのように接したら良いかを常に模索されているのだと思います。
私はこの本をまだ読んでいませんが、NHKのドキュメンタリーでは、東田さんが自閉症の方にとっては奇跡的とも言える、「書き言葉で思いを表現する」方法を習得し、文字盤をたどって一字一字言葉を発しながら、自らの内面を綴り、他者と対話する様子が、感動的でした。
この本の内容があまりに繊細に心の動きを表現しているために、「本人が書いたものではないのではないか?」という憶測をする方もおられるかもしれませんが、ドキュメンタリーでは、東田さんと会うために来日したアイルランドの作家との初対面の対話の映像から、その憶測は的外れなものであることがわかりました。
多くの自閉症の方が、自分でも思うように行動できず、他者からも正しく理解されないという状況にありながらも、家族と共に過ごす時間を幸せに感じて暮らしていらっしゃると知ることができて、本当に良かったです。
是非これらの本を読んでみたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示