サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. めざしブランチさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

めざしブランチさんのレビュー一覧

投稿者:めざしブランチ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本キャプテンサンダーボルト

2015/01/22 19:40

宝物を、どこかに置き忘れてやしないか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

宝物を、どこかに置き忘れてやしないか?
――そう問いかけられた気がした。

野球、映画、クルマ、ヒーロー……。
かつて胸を躍らせたものと、ずっと親友でいるのは難しい。
ヒーローになれなくても人生は続くし、
大人は家族や仕事をほっぽりだすわけにいかないから。

「ガキの頃の俺が知ったら、がっかりするかもな。そんな日々だ」
そう漏らす相葉に、「俺もだよ」と答える井ノ原。
カネに困った2人は淡い期待を抱いて、宝探しに出かけるが――。

張り巡らされた伏線が繋がり、大きな謎が明らかになっていく。
一攫千金を夢見ていた2人が、いつしかヒーローになっていく。
読み進めるうち、電流が走ったような興奮を感じた。

命を脅かされる2人の前に、やがて協力者たちが現れる。
奇妙な絆の鍵となるのは、かつて人気を博した戦隊ヒーローだった。
『サンダーボルト』の旗の下、見ず知らずの男たちが
がっちり団結するシーン。そこに、何よりぐっときてしまう。
そうなんだよ、何かに夢中になった共通の経験は
年齢も、立場も、わだかまりさえも、飛び越えさせてくれるんだ。

相葉と井ノ原のように、18年後の僕も、誰かと
『キャプテンサンダーボルト』について語らっている。そんな予感がする。
このヒーローたちの物語を、これからも大切に読んでいこうと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示