サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. philiaさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

philiaさんのレビュー一覧

投稿者:philia

9 件中 1 件~ 9 件を表示

電子書籍影踏み

2015/02/04 11:09

ライトノベル風?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一人の人物に、二人の魂
この設定に違和感を感じるかどうかで評価は分かれると思います。
しかし、決して著者の作風から大きく外れているわけでは無いと思います。収録してあるどの物語も、「横山さんらしい」展開ですし、ファンなら恐れず買ってもいいです。
泥棒を主人公にしたものがもっと読みたいなと思わせるほどよく出来ていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本唯一者とその所有 新装 上

2015/08/08 06:37

旧版と新版があります

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新版はオンデマンド。内容は変わりませんが、値段が高いです。こちらは旧版(ただし新装版)。古い本ですが、作りがしっかりしており、紙質もしっかりしていますので、値段的にもこちらがおすすめです。
上下巻ですが、これは両方買うべきです。

シュティルナーはかつてのドイツイデオローグとしては「終わっている」でしょう。しかし、そのヒューマニティ批判は現代でもそのまま輝きます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

お試し版に感謝

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前から読んでみたいと思っていたタイトルでしたが、honto限定のお試し版があったので、ダウンロード。
中身検索以上に読むことができてとてもありがたかったです。

著者は、この本のあとにもいくつか出していますが、まずは毒になる親からはいることをおすすめします。そのために、このお試し版で読めることは嬉しいですね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍陰の季節

2015/02/04 11:02

さかのぼって読んでいます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シリーズ最新作の『64』を上司が貸してくれたので、その後に本書を読みたくなって、電子版を購入しました。
64では黒子だった二渡が活躍するという他の人のレビューを読んだのですが、本書でも、一つ以外は二渡は黒子でした。ちょっと肩透かしだっかかな。
しかし、シリーズということで、『Face』などで登場する人物の話が読めたので良かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

攻略本を買うならこれ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ファ◯通の攻略本がいろいろ流石な出来なので、買うならこちらをおすすめします。
特に技の解説が丁寧なのが特徴です。

さて、ではその技の解説が役に立つかというと、私は疑問です。たしかに基本データには違いありませんが、間合いなどはどうせ体で覚えることになります。
そして、この膨大な量の基本データに価値を見出だせなければ……必要ありません。

とくに、ミニゲームの攻略が手薄であったことが残念でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍半落ち

2015/02/04 11:13

今更ながら読みました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

横山さんの代表作であり、かつ色々と話題になった書。長編なので避けていて、ずいぶん後回しになりましたが読んでみました。

特に、先入観なく読んだ感想としては、「これが代表作なの」という感じです。
ストーリー展開も、ちょっとだらだらしているし、他のレビューでもありますが、結論は単純につまらないですね。

話としては短編程度のものだと思いました。
もっとも、他の横山さんの本が面白いからこそのこの評価なんでしょうけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍未来企業

2015/02/04 11:06

ワーク・シフトと比べて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

率直に言って前の本より劣ります。
まず、未来についてのメッセージ性が比べ物になりません。
本書では個人が対象ではなくて、企業が対象になっているのですが、「ごくふつうの」企業の未来本程度のインパクトしかありません。
示される事例やデータ等で、ワーク・シフトと差が付いているとは思いませんので、やはり、企業をテーマにしたことの結果でしょう。
著者は、おそらく個人の分析のほうが向いているのでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一時期平積みだったが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子育て本を幾つか買いましたが、完全に無駄だったなと思う数少ない本です。
こういうレビューも必要だろうと思って書きます。

まず、中身が(文字数が)薄いです。
そして、著者の子育てについての考えというより、「伝える技術」や「表現する技術」についての本です。せめて、それを先に知っていれば買わなかったのに。

実は、著者の他の本が好きで、hontoの案内メールからたどって購入したのですが、これからは、必ず立ち読みをしてからにしようと、思えた、そういう意味で反時代的な貴重な体験をさせていただきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子版がおすすめ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

海賊党について、基本的な知識を手に入れることができます。
しかし、典型的な旬が過ぎたら価値がなくなる本と言わざるを得ません。

電子版が極めて安価に設定されていることが、それの客観的な証拠になると思います。知識以上の主張などは、むしろ意図的にないと著者自身が書いていますので、情報が欲しい人は電子版で読むことをおすすめします。

内容的には可もなく不可もなくですが、本音で言えば主張がない人がまとめれば、こうなってしまうだろうという意味で残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示