サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. みーさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

みーさんのレビュー一覧

投稿者:みー

6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍ヴァンパイア騎士(ナイト)(19)

2015/02/07 01:53

二人の騎士

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

少女マンガには珍しい結末、という感想をよく見たりした。
この終わり方に納得しない人もいるだろうが、私にとっては、非常に美しい終わりだったように思われる。
本当はすごく不器用な二人は、ヒロインを自分の手だけで守りたかったのだろう、と感じ、それ故の拒絶や庇護など、様々な状況の意味が最終刊で全てがわかり、スッキリした。
またシリーズ最初から読みたくなるし、続きも気になるが、終わるタイミングはよかったと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

大好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

もともと佐藤健くん」がとっても好きで、だからこの映画のシリーズはすべて2回ずつ見て、それでも」飽き足らずにこの本を買ってしまったのである。
とりあえず全ページにおいてかっこいいし、映画や演技に向き合う真摯な気持ちも伝わってくる。
ファンにとっては永久保存版の本である。
この本を企画した人やカメラマン、出版社には感謝してもしきれないほどだ。
私にとって、一生大切にしたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜中にジャムを煮る

2015/02/08 23:39

食の本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

食べ物や料理にかかわる人や土地、器の思い出や記憶に触れられる本。
それまで食事に」無頓着で、おなかがいっぱいになればいい、という考えを持っていた私に、食べるという営みの楽しさ、面白さ、美しさ、やさしさ、などを教えてくれて、日常をありがたく生きることを教えてくれた本。
この人生で出会えて良かった、と非常に感謝している本で、惜しむらくは、この著書の本はなかなか書店に置いていないことだ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本図書室の海

2015/02/07 01:26

予告編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画館で映画を見るとき、予告編も必ず見る。
なぜなら、予告編というものは概ねして贅沢に作られているからだ。
演技者のクローズアップ、ビシッとしたセリフ、臨場感のある音楽と煽りの字幕の構成、もう予告の間の短い時間でとてつもなくドキドキしてしまう。
この本も、まだ書かれていない、あるいは既刊の物語の予告編の集まりである。
興味深い始まりの話の中に、これから何かが起きる、という予感が潜んでいる。
贅沢な雰囲気を存分に味わえる本だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本六番目の小夜子

2015/02/08 23:32

学園もの

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

読み進めていくうちに、だんだん恐ろしくなってきて、でもページをめくる手を止めることが出来ない。
効果的にピンポイントで太字が使われていたりして、背筋がゾッとする要素満載!!
基本的に学園ホラーものであるのだけれども、友情や恋愛などの青春の甘酸っぱい要素もきちんと入っていて、ただ怖いだけではなく、とても面白い物語だった。
定期的に読みたくなる本、という位置づけ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本The MANZAI 1

2015/02/07 01:40

爆笑注意!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は「爆笑させる快活な本」という以外何物でもない。
続きが気になるから、といって電車やバスに持ち込むと、エライ目にあってしまう。
笑いがこらえきれずに、周りから不審な目で見られてしまうからだ。
テンポの良い登場人物達の会話、一転してうじうじ悩む主人公の心の中の声、話の展開がとても面白い。
物語の軸である主人公達学生は勿論のこと、周りの大人も基本的に明るく逞しく生きている。
前向きに進んでいきたくなる話だ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示