サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. くらしげさんのレビュー一覧

くらしげさんのレビュー一覧

投稿者:くらしげ

10 件中 1 件~ 10 件を表示

面白い!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ジャンプコミックスのノベライズというと、どうも二次創作感の拭えない微妙な出来の作品が多いというイメージがあるのですが、
今作は見事なまでに原作を読んでいるような気分にさせてくれます。
原作者が「自分がこれを描けなかったのが悔しい」と評するのも納得の出来です。
海藤の出番が多いので海藤ファンには特にオススメです。中二ネタは活字映えしますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4部外伝

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

乙一さんによる「ジョジョの奇妙な冒険」4部の外伝小説です。
いくつか刊行されているジョジョ小説の中ではぶっちぎりのNo.1で大好きな作品です。
乙一らしい不可思議でせつないストーリーとジョジョらしい熱い頭脳戦を見事に両立させ、双方の持ち味を活かしきっています。
ただ、メタネタだけはいただけません。今からでも改稿したほうがいいんじゃ…と思うくらいに興ざめします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍海の大陸NOA(1)

2015/02/07 20:04

懐かしい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今では廃刊になった漫画雑誌ボンボンに連載されていたギャグ漫画です。
独特な世界観と珍妙なキャラクターでとても面白かったのに、作者病気で10年近く休載→復活したと思ったらボンボンが廃刊、
というとても不遇な運命を辿っています。
コミックスが絶版で入手困難になってしまったので、電子書籍で買えるようになったのは嬉しいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

フーゴ救済

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「ジョジョの奇妙な冒険」5部で、1人だけ組織を裏切ることを拒否し、置き去りにされたフーゴのその後を描いた外伝小説です。
原作キャラクターの雰囲気に関しては違和感を感じる人もいるようですが、個人的には許容範囲内です。
ジョルノなら成長期だし、組織のボスになれば態度やら何やら変わって当然かなと。
どっちかと言えば敵ボスキャラの人格・能力共に魅力を感じなかったことのほうが辛かったです。
賛否は別れがちな作品ですが、「フーゴという人間を救済する」という点においては完璧に仕上がった作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

今読めば面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

友人に勧められて初めて触れた成田作品がコレでした。
正直なところ、初見ではキャラが多くて把握し切れず、展開が入り組んでいるために面白さを感じなかったのです。
本当にハマッたのは「とりあえずここまで読んでみて!」と貸し出された2冊目の1931鈍行編・3冊目の1931特急編を読んでからでした。
その辺りまで読んで各キャラの性格などを把握した上で読み返せば、1巻も十分に面白い作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

早い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

打ち切りの危機にさらされている作品の宿命でしょうが、やたらとテンポが速いです。
特に木戸編は早すぎて「え、もう終わり!?」というくらい早いです。
弦野編あたりは余裕が出てきたのか、腰をすえてじっくり描いてくれてる感があります。
ジャンプLIVEの読者投票で選ばれた「読者が見たいキャラ組み合わせ漫画」が収録されてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

賛否両論

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

西尾維新×ジョジョという異色同士のコラボでありながら、蓋を開けてみればやや平凡に収まってしまった印象の作品。
好きな作品であるが故に遠慮してしまったのか、西尾維新の持ち味である言葉遊びは鳴りを潜めている。
もとより好き嫌いの分かれる文章ではあるのだが、せっかく「VS JOJO」と銘打たれているからにはもっと己を出して戦って欲しかった。
内容もDIOの日記という体であまり目新しい要素は見られないため、他のノベライズ作品を比べて未知のワクワク感には欠けている。
しかし全くつまらない作品というわけではなく、DIOの母を含めた女への複雑な想いや1~3~6部を自然に繋げるための考察の数々などは
「へーそうだったのか」と納得しながら楽しく読ませてもらった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍海の大陸NOA +(1)

2015/02/07 20:14

何か違う

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

1990年代にボンボンで連載され、突如打ち切られてしまったギャグ漫画「海の大陸NOA」が長い時を経てまさかの復活を遂げた続編です。
子どもの頃大好きな作品だったので喜び勇んで読んだのですが、どうも昔のように楽しめません・・・。
時間が空き過ぎて作者のセンスが変わってしまったのか、それとも変わったのは自分の感性なのでしょうか?
+のついてない昔のコミックスは今読んでも面白いのですが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本月刊少女野崎くんアンソロジー

2015/02/07 19:29

原作者目当て

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「このキャラってこんなことになった時、こんなリアクションするか…?」と思ってしまう話がちらほら見受けられましたが、
アンソロジーならこんなもんかな、という内容でした。
この人のアンソロなら読みたいなと思う有名作家さんたちはみんなイラストだけです。
当然ながら1番おもしろいのは椿いづみ先生の描いた王様ゲームで、実質これのためだけに買ったようなものですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍11月の雨の日に

2015/02/07 19:45

短い!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全部で15ページしかないのに短編集だとは思いませんでした・・・。
2作品収録されています。
表題作が「11月の雨の日に。」は雨の中恋人を待つだけの話で、実質4ページしかありません。
妻子持ちの恋人に対する感情を綴った「pain」はもう少し多い7ページです。
話が短すぎて発展しないまま終わってるなーという感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示