サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. nori0289さんのレビュー一覧

nori0289さんのレビュー一覧

投稿者:nori0289

9 件中 1 件~ 9 件を表示

合格しました。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2回目の受験で合格しました。3週間×1時間の勉強時間で625点でした。

本書は、とても分かりやすくて、まったく知識がない人にオススメです。これである程度知識がつきました。図や例を多用しているため、字も少なめで字体も硬くなくポップなものになってるので、ページを開いても見ただけで読みたくなくなるようなことはありません。この本のいいところだと思います。これプラス過去問をした方がいいかも。オススメの過去問はパーフェクトラーニングです。これは、解説が詳しくて、問題が書いてあるそのページ答えが書いてあるので、とても見やすくからです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

素晴らしい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本の私大の最高学府として君臨してきた2校のライバル対決の物語です。
ベースボールマガジン社からは、ラグビーの早明戦、箱根駅伝、東都大学野球、東京六大学野球なども出版されていましたが、今回は早慶戦にスポットを合わせた本となっております。
記録本収集家としては、コレクションにしておきたい本がまた1冊増えたと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本歴代大関大全

2015/03/21 14:45

素晴らしい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

歴代横綱大全に引き続いての出版です。

新しく大関になった豪栄道豪太郎から紹介のページが始まりました。豪栄道は、「国産力士」としての活躍を期待されていますので、「綱」に向かって精進を重ねて欲しいと思っています。

1ページに一人ずつのピンナップは、魁皇、千代大海、貴ノ花、琴欧州、北天佑、小錦、貴ノ浪、朝潮、豊山という順でした。大関通算在位の多い順で、魁皇は65場所大関をつとめたわけで、確かにそれはすごい記録だとあらためて感じた次第です。

最近大関になった稀勢の里、琴奨菊、把瑠都、琴光喜、琴欧州など2ページで1人の大関の活躍を詳細に説明してありました。この読み物は参考になりました。全盛期の写真も掲載してあり、それぞれの記者会見時のコメントも載せていますのでも、懐かしく感じました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

合格できました。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本のおかげで2014年試験で合格できました。
語呂合わせもよかったですし、わかりやすい記述のため、初めて法律を勉強する人も安心です。
既学者も、他書で落としがちな盲点や穴を補強できます。
とにかく身近な言葉に置き換えて説明し、かつ、図表も多く、飲み込みやすく仕立ててあって、著者の優しさと頭脳明晰さが伺えます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

良かったです。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

甲子園球場の歴史が分かる珍しい本です。
阪神タイガースと、高校野球の記録やインタビューが満載です。
(アメフトの甲子園ボウルや大学野球の関関戦などは掲載されていません。)
ベースボールマガジン社の記録本収集家には是非ともおすすめの1冊だと思います。
甲子園球場には100周年を目指して、今後も繁栄を続けていただきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

貴重な内容です。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

仙台出身の御朱印収集家としては、地元の三十三観音の御朱印くらい集め終わっていないと情けないと思い購入しました。
専用の御朱印帳を片手に、本書で歴史を学びながら丸3日かけてまわりました。
河北新報の夕刊に掲載されていた時から読んでいましたので、また、復習する意味で読みました。
最近は高齢化が進んでいるので、観音の管理人が今後どうなるのかは分かりませんが、是非とも三十三観音をもっと大々的に広めてほしいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

中途半端な感じです。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

以前にも似たような記録本が出版されているのでその続編といったところです。
特に2013年は、田中投手の連勝、バレンティン選手のホームラン、そしてイチロー選手の日米通算4000本安打と記録ラッシュでしたので、とりあえず出版したというような感じです。
しかもシーズン終盤の9月に出版されているので、中途半端な感じは否めません。
また、岩瀬投手のセーブ記録が掲載されていないのは明らかにマイナスポイントでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

情報量が少ない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

以前に出た『にっぽんの高校野球』の続編的な一方、重複している部分もある。
それを避けるかのように選手にフィーチャーするページが巻頭にかなり置かれていて、プロで活躍した選手の高校時代を振り返ることができる。
しかし、資料ページが非常に豊富だった前作に較べると、情報量が少な過ぎる感が否めず、充実感に乏しい。
前作を知っていると見劣りする感は否めない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

失望しました

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2001年シーズン終了後に、同じく『記録の達人』と銘打ったムックが出ており、その出来が気に入っているので今回も購入した。
でも前回のものとは全く違う出来で、失望したと言わなければならない。
収められた記録の量が雑な上に、とにかく少ない。
記録に関するエピソード集といった感じの作りである。
読み物としては面白かろうが、記録の達人になれるかは難しかろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

9 件中 1 件~ 9 件を表示