サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. リデザイナーさんのレビュー一覧

リデザイナーさんのレビュー一覧

投稿者:リデザイナー

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本禅画を読む

2015/02/28 06:54

禅画と呼ばれる絵画には2種類あることを知った

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本に出会うまで、禅画とは仙がい義梵の「○△□」などの、
言葉では表せない不立文字の教えを絵で表現している作品のことだと思っていた。
それらの謎解きをしてくれる本だと思ったので購入したが、この本にその類いの絵はない。
知らなかったわたしが悪いのだが、仙がいの描くような禅画はむしろ例外で、
多く禅画とは、禅のエピソードを絵画化しただけのものだった。
なので、師と弟子の二人の絵や、禅師が一人いてその上に漢文が書かれているような絵が殆どである。
この本は彼らが誰で、どういう場面かの解説と、それに付随するエピソードを紹介している。
禅画を"読む"というほど大仰なものではない。頁数は少ないし、絵が白黒なのも不満である。
わたしの禅画の誤解を払拭してくれた点はありがたいが
禅の教えを学びたいなら公案集や僧伝を読んだほうがいいし、
美術が学びたいならカラーの画集を買ったほうがいいだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示