サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あんこさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

あんこさんのレビュー一覧

投稿者:あんこ

47 件中 1 件~ 15 件を表示

家族ってなに

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

家族を求めていた理玖に次第にひかれていく一臣。
お互いを思いやる2人に「家族ってなんだろう」と思わずにいられません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

男の嫉妬と愛

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『愛されすぎて』の続編です。今回は恋人となってうまくいっているはずの証券マン・晶綺と資産家・黒崎にの間にミゾができます。仕事ができる男は魅力的だから、黒崎の仕事を踏まえた交友関係も気になるところでしょう。晶綺は黒崎を深く愛するあまり、周りが見えなくなってしまったのでしょうか。嫉妬をからめて二人の関係をより深いものにするあたり、作者はやはりうまいと思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

うらやましい!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

頭では理解できても心では納得いかない愛もあるんですね。本当のフィアンセは王で、彼のことは尊敬もしているし、愛してもいます。でも、もう一人、王の騎士も気になって仕方がないのです。この作品の姫はそんな自分の気持ちに正直に向き合ったと思います。少し欲張りではないか? という気もしますが、王と騎士もお互いに納得済みでこんな関係が成立して見事にハッピーエンド。うらやましい三角関係でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

エッチたっぷり、ミステリーちょっぴり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

面白かったです。『囚われの薔薇姫と孤高の黒王子』の続編ですが、これだけでも十分に楽しめる作品でした。歌姫ローレンはピアノがきっかけで王子アンドレアと愛し合っていましたが、そんな二人の仲をひきさく悪だくみが行われたのです。悪だくみとは、陰謀でも策略でもなく、魔法使いによる呪いでした。呪いを解く鍵は何? おとぎ話風のストーリー展開にエッチシーンが交わり、ハラハラドキドキします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

自分の心に正直に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

亡くした婚約者を慕うあまり修道院に向かう伯爵令嬢レティシアは、仮面の男に拉致されて森の古城へ連れていかれます。そこには、女たらしで有名なクリフト王子が待っていたのです…。恋しい人のかわりにレティシアに淫らな喜びを教えるクリフトをレティシアは憎く思いますが、その心の奥に隠された秘密にやがて気が付きます。途中でそのクリフト王子の秘密が明かされるのですが、それがとても効果的に描かれています。浮気でも罪でもない、普通の恋ができるようになってよかったね、レティシア。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

歌姫に胸キュン

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ピアノが得意な歌姫ローレンが王宮での御前演奏を依頼され孤独な王子の興味をひきました。家庭的に心の傷を持つ王子の心を捉えたのは、ローレンの優しさと誠実さです。無理やりの関係からいつしか恋愛に変化する心の葛藤を、かわいいイラストとともに楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

騎士の精神にうっとり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国王に忠誠を誓った騎士・水原戒は、国王を逃がすために自分が囚われの身となり、敵国の王ライオネル一世から淫らな責め苦を受けます。騎士の忠誠心を全うさせたい水原戒と、それをなぶりものにしたいライオネル一世の心の対決シーンが面白く読めました。ライオネル一世には、水原戒がどうして国王に忠誠を誓うのか、分からないのです。淫らな責め苦をしているうちに、それが嫉妬も変わって来るのが、切ないですね。時代背景も大好きな中世もの。騎士道ファンの私は☆5!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美人男子は気を付けて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国税局に栄転した森川晶くん。そこで正式に上司になった氷室とまたしても淫らな関係が続くのかと思いましたが、この作品ではもっとエロい美容整形外科の院長が登場します。かわいい男子はどこまでいっても危険がつきまとうものなのねぇ~。それでも健気に職務に全うしようとする森川くんに、つぎつぎとまきおこるエッチな罠に事件の匂い。仕事上もエッチ上も、身の危険も顧みずにがんばる姿に声援を送ります!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

淫らなアイデア

4人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

双子の悩みと相続問題がネタの作品でした。ウィリアムとブラッドリーという双子の公爵から愛される伯爵令嬢アンジェリカは、第一子に生まれなかったブラッドリーの暗い野望に気が付き、自分も侯爵家の相続争いに巻き込まれたのを知ります。優しいアンジェリカはどちらも選べずに、折衷案を出しました。これがグッドアイデア…いや、確かに、TLでは当然かもしれないアイデアですね。双子の場合の相続問題と現実的な問題が取り入れてあり、妙にリアル感がありました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

本心をさらけ出して

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

風狂皇子などという言葉が出てくる、超古典風なTL小説でした。主人公の姫は人質という立場からどのように正式な王妃の地位につくのでしょう。風変わりな王子は、風変わりだけに何かしら考えがあって「風狂皇子」を演じているのだという気がしていましたが、期待を裏切らずで・・・よかったです。主人公の人柄と強い運に拍手を送ります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

仮面に隠された真実

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公2人の出会いは舞踏会。ひかれあった二人はその日のうちに結ばれて結婚の約束までしますが、その後彼からの連絡は途絶え、数年後仮面舞踏会で彼そっくりの人に出会ってしまった・・・。素性も顔も、仮面で隠して触れ合う仮面舞踏会は、スリルもあり胸をときめかせるロマンスへの期待もあります。この作品でも、ここをきっかけに巻き起こるロマンスは、期待通りのミステリ―を含んで、面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

エッチな大人のおとぎ話

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

見た目10歳ぐらいの子供がすぐに青年になるなんて・・・まるでおとぎ話のような作品です。不思議な力を持つ青年と彼を拾った姫の物語ですが、不思議なのは青年 が拾われた当時は子供だったこと。普通の人の何倍ものスピードでぐんぐん成長し、少年はあっというまにりっぱな青年になりました。病気を治す不思議な力を 持つこともわかり、その力をめぐって、国と国との権力争いも勃発。姫を慕う青年を最初は母のような気持で接していた姫ですが、やがて本当に愛していること を実感します。自分で育てたナイトと結ばれるという、現実離れしたファンタジーを童心に帰った思いで楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アラビアンナイト風の恋

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

イギリス人の伯爵令嬢・ジャスミンは行方不明の兄を探すために単身アラブへ。奴隷商人に危うく拉致されそうになったところを助けてくれたのは、兄の友人、国王のラシードでした。謎めいたラシードにジャスミンは翻弄されますが、彼の人柄に次第に魅かれていきます。アラビアンナイトのような異国風ロマンを連想できる作品で、アラブという国の習慣などをうまく作品中に取り入れていたと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

揺るぎない心

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

軟禁されている王子の本心を見抜いたお針子のアリアーヌ。一国の王族の歴史には必ずといっていいほど、クーデターや陰謀の影が見え隠れしているものです ね。軟禁状態の王子だからこそ、苦肉の策で演じるもう一つの人格を、アリアーヌが見破ります。これは愛の力といってもいいでしょう。アリアーヌの機知が光 る作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人身御供だからこそできること

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新国王・ミハイルのもとへ人身御供にされたエルシノアの第二王女・アナスタシアは、自国民を守るためにわが身を犠牲にして、屈辱に耐えようとします。わが身を投げ出す犠牲的精神で国民を守ろうとする優しく美しいアナスタシアに、ミハイルもだんだんと魅かれていきました。そしてアナスタシアも。気高く健気なアナスタシアの初恋が、最初は奪われたものであっても、最後はハッピーで、拍手を送りたくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

47 件中 1 件~ 15 件を表示