サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. はるさんのレビュー一覧

はるさんのレビュー一覧

投稿者:はる

11 件中 1 件~ 11 件を表示

紙の本下町ロケット 2 ガウディ計画

2015/11/14 22:32

とにかく面白い

5人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

相変わらず池井戸氏の作品は面白い。もちろんハッピーエンドということは毎度の作品を読む中でそうだろうと予想がつく。だが、それに至るまでの描き方がどの作品でも上手い。もちろんこの作品でもである。ぜひ読むべきである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本空飛ぶタイヤ

2016/01/23 17:59

池井戸作品の真骨頂

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この作品は下町ロケットの中で描かれていた、中小企業VS大企業の最初といわれている作品であるが、私自身は下町ロケットで描かれている構図とはことにすると思った。なぜなら、本書で描かれる赤松運送は事故を起こした当事者であり、問題の原因を取り除かなければならない非常に困難な立場にあるからである。赤松自身を取り巻く環境の変化にも注目してほしいし、状況の移り変わりがh上に丁寧に描かれている点にも注目してほしい。本書を起点に池井戸作品を読んでみるべきではないかと思う作品である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本鉄の骨

2016/01/23 17:54

これも池井戸作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回のテーマは談合である。私自身談合についての知識があまりない中で、非常に興味深い談合の一部始終を見ていく中で、感じることがいくつかあった。一つは談合が果たして必要悪なのか。また、談合を行う当事者の中に心があるのかということである。この作品を通して、池井戸氏の作品領域の広さを改めてすごいと思った。読むに値すべき作品であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

一番詳しく、一番わかりやすい

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は、「内田クレペリンテスト」について非常に詳しく書かれており、この本の他にこのテストについて書かれた本は見たことがありません。とにかく、中身を読んでみると良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

楽になる

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者と共通認識を持っていたことがたくさんあり、読んでいくに従ってとても気持ちが楽になりました

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

分かりやすい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この一冊あれば、国内旅行業務取扱管理者への合格に近づけると思います。図なども用いられ、ポイントが抑えられています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本不祥事 新装版

2015/12/26 18:27

これぞ池井戸作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書は8つほどのストーリーに分かれているので、とても読みやすいです。それぞれの作品の中では、花咲の鋭い指摘と突き詰めていくストーリー性の充実が読んでいるものを楽しませてくれます。ぜひ読んでみるべきだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本「心」が変われば地球は変わる

2015/11/03 22:09

人生の分岐点

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書では木村さんの無農薬にこだわったリンゴ栽培について書かれているが、その中から感じられることは、自分のこうだと思うことにこだわり続けることの大切さである。非常に為になる本である。タイトルの「人生の分岐点」に差し掛かった時にぜひ読んでもらいたい本である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

芥川賞受賞2作品が一気に読める!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文藝春秋創刊以降一番の売れ行きということで、手に取ってみました。中でも、芥川賞受賞作品が1000円未満で読めるということは非常に大きいと思います。それ以外にも甲子園に関する記事が載っていたりと、私自身にとっては非常に嬉しいラインナップでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本大阪都構想が日本を破壊する

2015/05/06 17:34

大阪都構想を知るならこの本

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は大阪都構想について基本を押さえるのにとても役に立つ本でした。特にトピックスを掲げて7つの点に的を絞って説明しているためとても読みやすかったです。また自身が事実だと主張している点についても、的を射た主張であることは言うまでもないと思います。中立の立場から読み始めましたが、主張に関して納得できました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

興味深い本でした

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本は鉄道に関する基本的なことが書かれてあり、初めて読むにはやさしいと思います。ですので、少しでも鉄道に興味がある人にとってはとっつきやすい本であると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

11 件中 1 件~ 11 件を表示