サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. dsukesanさんのレビュー一覧

dsukesanさんのレビュー一覧

投稿者:dsukesan

14 件中 1 件~ 14 件を表示

紙の本マジメとフマジメの間

2016/11/20 15:58

喜劇はシリアスにも通じる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

岡本喜八監督のことは、全く知らなかった。が、高校の時、映画館まで足を運んだEAST MEETS WEST、DVDで買った「座頭市と用心棒」など、好きな作品の監督だった。そして最近見たシン・ゴジラの監督への影響などから、知らず知らずのうちに、岡本監督のファンだったことに気が付く。
本書を読んで、さらに監督のファンになる。
戦争を喜劇でとる理由に、監督の喜劇に対する信頼・信念と、戦争体験から得た戦争の理不尽さに対する抵抗を感じる。

人間ハ元来オロカナモノという考え方に始まる監督の喜劇的なものの見方に、強く惹かれる。戦争体験から物事を喜劇的にみる見方を身に着けちまった監督が、正しさというものを大上段から迫るのではなく、人間臭さを忘れず、思想や統制に縮こまらずにどんどん広げていける喜劇的な見方、表現にこだわるのがよくわかる。

喜劇というものを通じて、戦争とは何か、人間とは何かを考えさせてくれる良書。

『ともあれ、「笑うのは人間だけである」という言葉にしがみついて、喜劇を目指そう。』

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本絶海にあらず 上

2015/06/14 09:16

理想の生き様

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

国とは何か、市井の生活とどう関連があるのか。

生き様の中で何を大切にして生きるか。ただ自由を侵すものには対決するということ。
何かに束縛されたくはないということだけ。自分もそうありたいと思う。

「笑い声がいつか、嗚咽にかわっていた」
しびれるねぇ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ときぐすり

2015/05/05 13:01

心にしみる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シリーズ初めのころの、明るく、気楽なドタバタの雰囲気から一変。シリーズは急展開を迎えて、その最新刊(2015年5月)を読む。
相変わらず、軽いタッチで、日々のドタバタや謎解きを描かれつつ、読みやすいエンターテインメント感に満足。だが、その日々の中で、麻之助達登場人物の心情の変化が静かに描かれている。登場人物の言葉に、文章に、行間に想いがあふれている。

病気になって回復しつつある自分には、家族や友人の事を思い、いちいち肚に響いてくる。暖かい気持ちになる。
そして、自分が思うことは、自分自身そうして「ときぐすり」を貰って回復しつつあること、これから時には、そうした「ときぐすり」をもらうこともあるだろうこと、逆に「ときぐすり」の効果を待ちつつ、辛抱強い眼差しで大切な人を見守ることもあるだろうということ。

本当、心にしみるわ。

(以下、特に響いた言葉たち【ネタバレあり】)


●ともすぎ・・・共過。持ちつ持たれる世を渡ること。

●「ときぐすりを受け取れたらいいなぁと思ったんだ・・・。」 この町で、すぎててゆく日々の中から。
 何故なら、生きていくと時に、とんでもなく大変に思える事が、あったりするからだ。一人だと、折れそうになる。そんなとき、情けない者でもいいと受け止めて貰えたら、救われる。潰れずに済む。
 だから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

参考となるコツありマス

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

仕事の速い上司との差に愕然としていた時にタイトルに惹かれて購入。
分かっちゃいるけど、身についていない行動や態度を一つ一つチェックできた。
これから、身に着けたい事項をピックアップ。
(1)(速い人)プライベートを重視し、(遅い人)プライベートは後回し。
 →プライベートの充実している人:エネルギー大
(2)(速い人)明確な目標あり、(遅い人)明確な目標なし
 →目標がその日その日を支配する。大きな目標と小さな目標を持ち、達成に向けて、計画をたてて、こなしていく→無駄なことをする時間なく、集中力が高まり、より速く仕事ができる。
(3)(速い人)時給で稼ぐ(遅い人)残業代で稼ぐ
(4)(速い人)タスクごとに時間管理(遅い人)タスク管理だけしている
(5)(速い人)退社する時間を決める(遅い人)仕事が終わったら帰る
 →仕事をする時間は有限である。有限の中で最大限のパフォーマンスを発揮
(6)(速い人)やらないことも決める(遅い人)やることだけ決める。
(7)(速い人)ルーティンワークを作る(遅い人)ルーティンワークを嫌う
 →将来の計画や目標につながることで、毎日やった方がいいことをルーティ
ンワークとする。
 →ルーティンワークは朝早い時間に流れるように
 →なれると速くに達成できるので、その後の仕事の時間もできる。
 例)プロジェクトの達成
   プロジェクト達成に必要な知識を得る⇒30分文献を読むとか
   プロジェクトメンバーの士気を高める⇒面談を毎朝やる
(8)(速い人)あまり気を遣わず(遅い人)すごく気を遣う
 →他人の意見を尊重しすぎて、指示通りにしか動けないと遅くなる
 →自分の方針ややり方、軸を決めて、説明し相談して合意したうえで進める
(9)(速い人)レスポンス速く(遅い人)レスポンス遅い
 →メールは対応の時間を決めて、その時に一気に読んで即レス
(10)(速い人)自分自身を気にし(遅い人)他人の目を気にする
 →他人の眼ばかり考えていると、身動きが取れなくなってしまう。
 →人生の主役は自分自身。自分の軸を持って、着実に自分の人生を歩む

本を読んだら、実践せよ
→気になるところを附箋でチェックし、ノートにやることリストとして書き出し、実践!人生はやるか、やらないか!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

伝統・薬膳の

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

余命三か月のガンに侵された著者が、最後にフランスに旅をした際に食したトマトの美味しさから、
食と体と心の結びつきに目覚める。その後、オーガニック薬膳を学びながら、奇跡的に回復したストーリーを描く。
本の後半は、具体的なオーガニック薬膳のレシピや、食材の効能等を解説。

「ウツになるのは食べ物が原因だった」で示された食事と代謝の関係や、「まじめをやめれば病気にならない」で提示された免疫のしくみの論理とも合致する。

 また、咀嚼をしっかりすることが、消化を助ける、脳への刺激となって認知症予防に効くことも他書と同様記載。その進め方として、一口ごとに箸を置き、しっかり噛んで食べることが提唱されている。これは、禅の世界での食事の作法と合致するものであり、禅の所作の中には、精神修養だけでなく、免疫や身体の代謝メカニズムなどにも合致した教えが含まれているのかもしれない。だから、禅の老子は長命なのかもしれない。このあたり、深堀したら面白いかもしれぬ。
<参照ポイント>
p153:免疫力を高める⇒ブロッコリーを食べること、その他、没頭する時間を持つ、笑顔を作る(作り笑いもOK→DAIGOの「少しグレーな心理術」で記載されていた、笑顔を作るとそれに記憶されたホルモン分泌が促されるということと合致)
p156:よく噛むこと、腹7分目が良いことの提唱

<Take Action>
p125:油→取り方注意。通常の油は、すりつぶして抽出した油を200度以上の高温で熱し、ノルマルヘキサンとシュウ酸を継ぎ足して作る。このため、風味、ビタミンが壊れ、原料の脂肪酸が壊れてトランス脂肪酸になり、動脈硬化等の原因となる。
  ⇒玉締め圧搾製法や低温圧搾製法(コールドプレス法)で作られた油を買うこと。
 
P130:睡眠のメカニズムと取り方
睡眠は、6時間以上取るのがベター。睡眠後3時間で成長ホルモンが分泌されて、前半3時間で疲労回復、後半3時間のノンレム睡眠で脳が休まる。
 ⇒適切な睡眠には、就寝前2時間はモノを食べない、夕食は糖質オフ(または雑穀;白ごま、黒ゴマ、黒豆、大豆、あずき等)。糖質オフで寝られない時は、牛乳、チーズを取ることで補う。

p141:インフルエンザ
予防接種⇒接種後1週間は水分を多めにとり、利尿作用を高めて、排せつ促進
ビタミンを摂取⇒季節の変わり目から重点的にビタミンD,C、Bを補充。ビタミンDは一日5000IUほどとると、効果あり?

p153:NK細胞を活性化するブロッコリーの食べ方
⇒よく水洗いをして、塩水に浸して、虫だし15分。厚手の鍋にコップ1杯ほどの水を入れて、虫だし済みのブロッコリーを入れてふたをして中火で沸騰させる。一度ふたを開けて、全体をかき混ぜてからまたふたをして、2分おきに火を止める。
   
<更に検討したテーマ>
 p149 バナジウムを豊富に含んだ富士山の湧水が流れてたどり着く関東地方のアサリは、北海道産よりも味が濃い。
 ⇒食材の栄養素や味と、その土地の風土(母岩、土壌、植生)との関係を見てみたい。

薬膳⇒様々な栄養素を多様な食材から取ることで代謝を助けることがこの本からわかった。他方、アフリカでは食材のバラエティが限られているが、健康でもある。もしかすると、モンゴロイドよりも黒人の方が、栄養素を分解・吸収したりする消化、代謝が優れているという様なことはあるのか?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本汚染訴訟 上

2017/03/11 20:30

アメリカでも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アメリカ アパラチア地方の石炭露天掘りによる環境破壊に関する、リーガル サスペンス。

山頂除去法による露天掘り、スラーによる水汚染、除去した土砂を谷に埋める、炭鉱夫の健康被害に対する補償しない問題、などなど。
アメリカでもまだこんな事態があるのかと。本間かと思ってみたら、グーグル アースをつかった、NPOの取り組みのページに当たり、本間やと。
小説はちと読みづらかったけど、こういう問題を知ることができたのは、収穫。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本悪党の裔 上巻

2016/12/31 17:10

おもしろい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

知らなかった時代だが、非常に好感を持てる主人公。時代と、野望。体制にとらわれない生き方。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あかんべえ 上

2016/10/08 19:40

大人になるって

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どうにもならない現実はある。思い通りにならないこともままあるが、それをどう受け止め、動くのか。
不幸なこと、悲しみを受け止めきれずに、凝り固まってしまうと、本来の自分から離れて亡者になるというメッセージを受け取った。

主人公は、すべてが満たされていた幼少から、人の恨みつらみと向き合いながら謎を解いていく。
そのプロットは、きれいごとばかりではない世の中の現実と向き合い人の本性を解き明かしていくこと、自分がどう生きていくかを明らかにしていき、成熟した大人に成長していくことのメタファーの様である。

この他にも、
(p7)七兵衛がお世話になった爺がかっぱらいの子供を番屋に差し出さずに、かっぱらった分だけ屋台を手伝わせること
 →江戸時代の社会の貧困と福祉のしくみを垣間見れる
(p8)お店をどこに開くのか →マーケティング
(p28)お店の名前をどうきめるか →ネーミング、広報
(p62)太一郎と角助の関係 → 友人関係のよさ
(p219)島次という人間は・・・ →人とのコミュニケーションの取り方
などなど、いろんな発見、気づき、を疑似体験できる。

登場人物を通じて、小説の展開を通じて、世の中の仕組みを疑似体験して、知っていくことができることも、小説を読む楽しみであることを認識した一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一週間

2016/09/19 12:49

体制の恐怖

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

シベリア抑留の生活の厳しさと、それを生み出した旧日本軍の弊害、その抑留を了承した当時の日本政府の描写ががあり、知らないことだらけであることに驚く。祖父はシベリア抑留者であったが、もっと話を聞けたら良かった。そして、ソビエト連邦の統治。
体制は斯くも人間を蹂躙すること、それに対して個人がいかにあがき戦えるのか。大なるもの、実態から離れたお題目・イデオロギー・正義は恐ろしい。そんな命題にせまるサスペンス。
今の時代、体制が確立されていく中でこそ読みたい一冊。

(以下、抜粋)
P93 日ソ停戦交渉時の、日本政府の対応。関東軍の労役を認める下り。
p422 「民主主義」を仮面に新しい支配階級となっている連中にも注意せよ。
われわれ人間が生きていくためには、世界がどんなふうにできているかという世界観と、世界がそんなふうにできているならこう生きようという処世訓が必要だが、その時その時の利害に合せて、この世界観と処世訓を簡単に変えてしまう人間が多い。彼らを信用してはいけない。

p470「説明しましょう。1917年の十月革命によってあなたがたは、一つの強力な思想を世界中に弘めた。その思想さえあれば、政治の、経済の、そして文化の、すべての問題に解決を与えてくれるということだった。私は若く、希望に燃えていた。当然、その思想に憧れました。そしてやがて憧れが昂じて自分たちの国にもその思想を導きいれようとしました。・・・・・
「わたしたちを棄民同様の扱いにしている祖国と、その私たちを牛馬よろしくこき使っているあなたがたのお国を等しく信じていない。つまり今のところ、思想というものは一切信じていません。」
「とにかくわたしは日本へ帰りたい。生活の場にしっかりと足を据えて万事につけてまともに生きていきたい。まともで静かな日常からはきっと、それにふさわしい新しい考え方が生まれてくるはずです。思想のはなしはそのときまでお預けにしましょうよ。」

p490 チェチェン人の強制移住

p517 満州第494部隊の装備:三十八式騎兵銃 10挺
その部隊へ補充された兵の装備:孟宗竹の飯盒、水筒、竹光の短剣
「そんな装備で兵隊さんを戦場に送り出す戦争指導者がいますか?」

p528-529
外交文書で日本はNippon、Tennoを用いる様に通達。
国際連盟脱退して「世界の孤児」になってしまった日本は、やはりずいぶん気が高ぶっていたと思う。ニホンというやさしい音をすて、ニッポンという固い音をとり、その上、諸外国にニッポンとテンノウという言い方をおしつけようとする。

p614
ソビエトでの特別パスを持つ富裕層の存在。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

実践あるのみ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

運動再開、継続の方法について理解できる。
筋肉を付ける意義、付けるためのトレーニングと休養、食事、メンタルコントロール、そして、計画の立て方まで、概論がわかる。

単に、運動だけでなく、学習方法、目標達成に通ずる内容。

全ては、ビジョンを描くことから始まる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本憑物

2016/10/08 19:20

おもしろい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人間の弱さ、心に振り回されることの恐ろしさが、描かれているエンターテインメント。
エンターテインメントの底流には、そうした、人間の本質が流れているのかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

言ってることはわかりますが。。。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

うつ病の厳しい時に勧められて読んでみたが、その渦中の時には、響かず。
鬱のために、理解力がなくなっていたのと、そんな風に簡単に思えるなら、鬱になってないという思いから。
その後、回復してきて、他の心理学等の本を読んだ後に、読み返してみると、主張していることは、心理学で論理的に言われていることと一致する点もあり。
言っていることはわかるけど、何故、そう思うと良いのか等、根拠やロジックが無いと、わからないなぁ。。
と言いつつ、参考となった内容は次の通り。

<内容>
「自分は頑張らないと認められない人間」という前提をひっくり返そう
(通常)
 ・自分のだめなところを挙げて、頑張らないといけないと思う
 ・頑張らないと自信はつかない(条件付きの自信)

(転換)
 ・ダメな自分も受け入れる。許す。人に晒す。→ありのままの自分を認めることが、条件に縛られない自信。
 ・人に迷惑をかける→人に、頼る。助けてもらう。得意な分野で頼られて、嬉しい人もいる。
 ・自力の限界を知り、他力に頼る。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本蜩ノ記

2015/06/28 07:57

きれいにまとめすぎかな

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

美しい物語だが、それほど感情移入できず。群像劇として読めたか。

主人公の秋谷の覚悟、源吉の健気さが美しすぎ、正しすぎる。美しい話ではあるし、かくありたいとも思うが、絵空事のように思う(源吉みたいな生き方は本当に素晴らしいが、無理がある)。

ただし、
・青春との別れ、・武士と何か、友情、
・実態の生活に対して、行政がすべきこと、陥りやすい罠なども描かれていて、参考ともなると思える⇒人災を如何に避けるか。
・人によって異なる意見を持つ中で、どの様に伝えるか
など、参考となることもあった。
また、秋谷が、最後に和尚から言われた言葉は秀逸。

個人的には、主人公よりも、敵役の兵右衛門の方が、より共感。
村に対する介入、源吉を死においやった原因を生み出した姿勢などは、問題がある。しかし、欲しいままにしようとしながらも、できないことを認め、受け入れている。人間らしさに振り回されながらも生きている存在として、より身近な存在として受け止められる。
彼が言った「これ以上恥をかかすな」という言葉、そして秋谷の思いを理解して「かり」として認められることの方に、度量を感じる。
俗ながらも、俗なりに、その俗を受け入れて筋を通す。その辺りに気が付いた、彼は、今後、どの様に生きるのか。そこに関心を持った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本出版禁止

2016/11/27 14:33

期待した分

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

動機不明。何で殺した?何故刺客になった?
殺した後の、インタビューなど、ただの錯乱?
ミステリーっぽく仕上げてあり、山場として描かれた謎の解明も、ただの言葉遊びにしかよみとれず。で、どうした?

評判のわりには、落ちが弱い。
かけている謎もいまいち。だからどうした。

意味不明。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

14 件中 1 件~ 14 件を表示