サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 薫さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

薫さんのレビュー一覧

投稿者:薫

2 件中 1 件~ 2 件を表示

思わず小説も買い直しました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

100年前の小説が原作ということで、ネタバレは恐れずに。
ーーーーー
子どもの頃読んだあしながおじさん。
歳月は流れ、お嬢様女子校や寮生活ものが異常に好きな自分をはっきりと自覚した私。

このマンガを読んで、いかに「あしながおじさん」がそうした嗜好の根っこに
なっていたかを思い出させられました。
今も昔も本を読むのが遅く、読み返すということをほとんどしない私が、夢中になって何度も読み返した小説でした。

さて、きらきら大正ロマン風リメイクももちろんこの作品の白眉ですが、
私がときめいたアレンジは「あしながおじさん」こと千博ぼっちゃまの視点も交えてストーリーが進むこと。
じゃりン子だった20ン年前の私は「若いったってジャービィぼっちゃまもおっさんじゃないのよ、フン」と思ったものでしたが、いえいえ全く、勝田文が気づかせてくれた千博ぼっちゃまの大人げのなさといったら!
おじさまただでさえロリコンでいらっしゃるのに!
なんてかわいらしい!

小説「あしながおじさん」と「続…」も買い直し、
さらにそれだけでは口寂しくて勝田文さんの著作を片っ端から購入してしまいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

期待ほどでなく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

お1人ずつの方が面白い気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示