サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 或るアルケミストさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年1月)

或るアルケミストさんのレビュー一覧

投稿者:或るアルケミスト

3 件中 1 件~ 3 件を表示

愛に理由はない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ストーリーはシンプルな方で、登場人物も多くないので一気に読めた。スピリチャルな部分が本書の特徴の大きなもので、すべてを肯定できるわけではないが、見える部分が世界のすべてではないという意味は十分理解できる。感情や恐れや憧れは目には見えない。
しかし、存在しないか?と問われれば、存在すると答えることに躊躇いはしないし、それらが目に見えないからと言って単なる観念のように「無」ではなく、何らかの化学的な法則にすら関連するということはありうると思う。
なんにでも原因や理由となる答えを探すのが現代人の性であり、それが人間を進化させてきたのだが、本書のあとがき「答えのない質問たちについて」で著者が記しているように、答えがないからこそ人生を素晴らしいものにしてくれることもある。

旅立つ主人公サンチャゴとのしばしの別れを前にしてファティマが伝えた言葉は至言だ。p171
≪人は愛されるから愛されるのです。愛に理由は必要ありません≫
アルケミストからサンチャゴへの言葉。p179
≪たとえお前が心の言うことを聞かなかったふりをしても、それはお前の中にいつもいて、お前が人生や世界をどう考えているか、くりかえし言い続けるものだ≫
同p183
≪傷つくのを恐れることは、実際に傷つくよりもつらいものだと、お前の心に言ってやるがよい≫
同p215
≪わしはお前が知っていたことを呼び覚ましただけだ≫

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ある青春

2015/05/17 20:02

モディアノ・フィーバー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

二十歳前に巡り合って、十数年後の今子供もいる平穏な生活。社会の底辺層にあった二人には、庇護者が前後して現れる。彼らには大きな秘密があるようなのだが二人には明かされない。ある時、偶然によってそれが明らかにされる……
ウィットに富んだ訳者あとがきで、一見平明な小説のようだが「実のところ、こっれはなかなか巧んだ小説」であり、「種も仕掛けも、伏線も照応も、たっぷりある」と記している。奥行と深みをこの作品に感じる所以かもしれない。モディアに・フィーバーにかかったのか罹っていないのかはまだ定かではない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ボヴァリー夫人

2015/06/17 06:59

海外小説の翻訳における「違和感」あるいは「出来不出来」ということ

4人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近久々に海外小説を読みたい気持ちが高まって、つい先日も数冊まとめ買いをした。その中の1冊『ボヴァリー夫人』だが、かつて読んだことがある。あれはたぶん高校生の頃だったと思う。色恋などとは無縁の当時(今も大して変わらないが……)でも一応最後まで読んだ、読めた。新潮文庫版で翻訳はたぶん生島遼一氏だったと思う。(スタンダールの『赤と黒』も確か生島訳で読んだはずだ)なつかしい。話を戻して、今回『ボヴァリー夫人』の新訳が新潮社から出たのを知ってわくわくして読みだしたが……50ページも進まなくてこの本はあきらめた。他社の文庫を探そうと思う。
「違和感」海外小説の翻訳ものにたまに出くわす。語学的に正確な訳であることと、優れた翻訳であることとは必ずしも一致しない。一般的な読者がおおむね違和感を覚えないレベルの訳文を「翻訳」と呼ぶべきではないかと思う。訳文で一番陥りがちな穴は直訳的な生硬な表現、逆にくだけすぎた表現、それらの混在による違和感の喚起だろう。流麗とまで言わなくても(翻訳にはおのずと限界もあろうから)読みやすい、わかりやすい、こなれた訳文をお願いしたいところだ。違和感が続くと読むのが嫌になる。言い過ぎかもしれないが、生理的に合わない、隔靴掻痒、気持ちが悪い。また、日本の作家の本に戻りたくなる。
さらに言い過ぎを重ねるなら、原作者のフローベールに申し訳ない。この本を手にする若い読者が気の毒。そして、天下の出版社の良識を疑いたくなる……とまあ散々なことを書きました。高名な翻訳者にたいして大変失礼なことを申し上げたとも思います。しかし、千円足らずとはいえ自腹で買った本だ。ネットの文章を読むのとは期待感が最初から違う、ということも申し上げたい。
読者諸兄のご意見をぜひお聞きしたいと思った次第です。
ちなみに、同社の新訳『ゴリオ爺さん』は今回楽しく読了しましたし、同じく『月と6ペンス』も楽しく読んでいるところです。
この文庫については読了していないのに評価することは不遜かもしれませんが、翻訳に対する主観的な心情からあえて評価の一石を投じさせていただきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示