サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 月緒さんのレビュー一覧

月緒さんのレビュー一覧

投稿者:月緒

147 件中 1 件~ 15 件を表示

アニメを見て思わず購入

4人中、4人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いいですね、こういう青春スポーツ漫画は!

なんの取り柄もない運動音痴の主人公のつくしが、サッカーと出会って、初めて仲間と一緒に一生懸命何かに打ち込むことが楽しいと知ったところから話が始まります。

それにしても、つくしがもう本当に良い子で! 何も考えずひたすらひとつの物事に打ち込み突き進むことの大切さを教えてくれます。

これからのつくしの成長が楽しみです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍僕だけがいない街(8)

2016/05/04 14:15

ただただ「良かった!」の一言!

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アニメも漫画も終わりかたは違ったけど、どちらも凄く納得できる終わり方でした。これほど緊張感と疾走感に溢れ、尚且つ、情熱が伝播してくる作品に出会えたことに感謝します。

語るのも野暮と言うもの。この作品に関しては、とにかく読んで、自分なりに消化するのが正しい楽しみ方だと思います。

本当に読んでみて!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

さすが山内先生!!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公の姫がやさしく健気でかわいい!! 人生に悲観していて諦めているんですけど、でも前向きで。好きな裁縫に関しては、とことんまで極めようとしたり(笑)

かの有名な古典を、とてもわかりやすく、そしてコミカルに描いています。古典に馴染みのない人でも、すごく楽しく読めますよ~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

母親との話し合い決着

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今まで存在しか出てこなかった母親の過去が明るみになり、京子が誰との子供なのかも判明!といっても、父親は相変わらず正体不明ですけどね(笑) でも、母親に対してやっと気持ちの整理が着いたようでよかった。これを糧にまたきっと大きく成長するでしょう。次のオーディション話も出てきてることとだし、先が楽しみです!

それにしても、京子の父親は今後出てきたりするのかしら…?ちょっと気になる…。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍やわらかい棘とあおい雪

2015/10/05 15:47

静かで透明感のある作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

5年前、恋人のもとから逃げた主人公の十倉と恋人に逃げられた横粂が再開して~、というお話。タイトルにも記載した通り、とても静かで透明感のある雰囲気。でも横粂がやっと見つけた十倉を「逃がす気はない」と迫っていく様子は、静かな中にも譲れない想いみたいな熱いものがあり、それがこの作品に色を添えている感じです。

最後はハッピーエンドですので、安心してご購読下さい(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

皆がいい意味で大人になってます。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主役はほぼサラダです。父親であるサスケが里に全く帰ってこないことに、寂しさを感じているのと同時に父親の愛情に疑心暗鬼になっていしまっている、普通の女の子です。そんなサラダに、二人の友人として、子を持つ親として、そして七代目火影として、真正面から相対しているナルトを見て、色々な意味で「大きくなったな・・・」と感慨深くなりました。頼もしさが半端ないですね。

それからサスケも!ナルトとサクラに対する絶対的な信頼感を感じて、思わず「大人になって!!」と思ってしまった(笑) サクラの事を人に話す時も「俺の妻」という言い方をしていて、何だか色々と新鮮でした。

もう完結した作品なので仕方ないんですけど、もっともっと読んでいたい作品です。外伝第二弾を描いてくれないかな~。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍花は咲くか(3)

2015/08/24 00:28

やっとくっついた!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

育ってきた環境ゆえか、他人はもとより自分にすら興味なく、回りに流され、流すことしかしない蓉一。そして、そんな彼の前に現れた桜井。蓉一にとって、桜井は自分を取り巻くどの人間たちとも違った。どうしてあの人なのか。理由なんてわからない。でもあの人の言葉だけは忘れられない ━━━。

何て言うか、蓉一がピュアすぎて、ああぁぁぁぁ!!! っと叫びたくなる!! しかも、タケさんと二人で並んでしゃべってるのを見て、「桜井さんてよく竹さんと一緒にいますよね。竹さんのこと好きなんですか」と素直に嫉妬をぶつけてきたり。このシーン、普通のコマ割りですが、私的に静かにツボです(笑)

そして、この巻の最後でとうとうくっくきます。ですが、桜井さんの転勤が決まりそうで、この先どうなっていくのか、続きが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ヤバイ!最高です!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回は二人の出会い編でした。チュンタが如何にして高人を好きになったかが描かれてます。二人の出会いをチュンタと高人、それぞれの目線で描いているのでとても新鮮です。エロもしっかりあるのでご心配なく。

次巻はかなり不穏な状況になりそうですね…。どうか二人がこのまま幸せでいられますように!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍神様のバレー 11巻

2016/09/26 00:26

歩木浜中との決勝!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

色々と弄してきた策がここで一気に実を結び始めました! 生徒たちに策として与えた言葉もさることながら、何気ない一言まですべてはこの瞬間のため。生徒たちもその事に気付いて、これから反撃開始です!

今思えば、歩木浜中の監督に攻撃方法をポロリと教えちゃったのも、生徒たちに同じ事を身に付けさせようとしていたからなんでしょうね〜。生徒達を本気にさせるには一度その攻撃で苦しめられ、その攻撃の有用性を身をもってわからせる必要がある。いや〜、まさしくバレーの神様というタイトル通りの展開ですね。

それにしても、最後の方の阿月はとても主人公とは思えないほどの悪どさでした(笑) 次は幸大学園の反撃。とても楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

終わってしまった…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

終わりを見たくなくて、買ってはいてもなかなか読めずにいました。それほど好きな作品です。でも今日、覚悟を決めて読了。

いや〜、椿くん、報われてよかったね〜。会長がちょっと可哀想な気もしたけれど、まぁ仕方ないでしょう。

このシリーズは、笑うかの子様時代からずっと読んでいて、初めて読んだ時、「少女漫画なのになんて斬新!!」と一気にどハマりしたのを覚えています。その初期の頃を振り返ると、本当に二人とも変わったな〜と感慨深くなります。もちろん、いい方向に! それに、途中から椿くんがかの子に傾き始めるのを見てニヤニヤが止まりませんでした(笑)

本当はもっともっと読み続けていたかったのですが、仕方ありませんね。個性的な彼らのことです。これからもしぶとく生き続けることでしょう。

ひとまずは、10年の連載お疲れさまでした。次も期待して待ってます!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ちょっと一休み

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回は、北域動乱の後始末と、次の戦いへの布石といったところで、特に大きな展開はありませんでした。でも内容は面白いので、そこは期待を裏切りません!

内容的には、マシューの地元での腐食政治家の一掃と、所変わっての海戦ですね。何気にマシュー巻でした。マシューが地元の人たちに愛されているのが何ともほんわかしてよかった。海戦でも、マシューのポルミニュエに対する啖呵にグッときたしね。イクタ・ヤトリ・トルウェイに比べると凡人な彼だけど、やはり彼もしっかり成長してるんだな〜と、ちょっと嬉しくなりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

撤退戦

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

完全不利な状態からの撤退戦。しかも、ただ撤退するだけではなく、ある程度敵を自分達に引き付けておかなければならないという絶望的な状況。戦術対戦術、戦略対戦略。『常怠常勝の智将』対『不眠の輝将』。この二人の頭脳戦が凄かった!

今回はイクタのライバル含め、新キャラがたくさん出てきました。そういえば2巻まで、キオカ側の重要人物って出てなかったんですね〜。

ひとまず、この巻で北域鎮台編は一段落かな?
色々見所はたくさんあるけれど、やっぱりイクタの覚悟が光る巻でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍DAYS(18)

2016/08/28 13:39

それならせめて、何度でも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「決して天才ではなく 断じて器用でもない
一日1ミリ… 二日で2ミリでも……
積み上げてきたものが今のお前だ
それはやってきたものにしかわからない」

笠原先輩の言葉と、鬼気迫るフィールド上のつくし。見ていて涙が出てきました。後半10分で交代になってしまったけど、作中の観客と同様、私も拍手を贈りたい!

ただ何と言うか、笠原先輩の言葉を借りるなら、この試合のつくしの気迫には、今まで読み続けてきたものにしかわからない『何か』があります。とても安易に言葉にはできません。それぞれがそれぞれに消化するしかない。それほどのものを感じさせます。

あと、この巻のもう一つの見せ場は水樹でしょうね。キャプテンはやっぱり凄かった!!

次巻、決着。でも、つくしの様子に少し不安が…。何かあるのか…?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

守った命 間に合わなかった命

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

戦争好きな無能な指揮官によってただ消費されるだけの命。ひょんなことから出会った一人の女性一等兵との物言わぬ三度目の邂逅。守った命、守れなかった命、そして間に合わなかった命。

イクタの飄々としたやる気の無さは一貫しているものの、1巻とは違い、戦争に対する怒りややるせなさという感情を表に出しています。

何というか…、2巻目にしてこの濃密な展開に、読み手の私も疲労困憊しました(笑)
次巻は絶望的な状況からの撤退戦になりそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アニメを見て大人買い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初はコメディ系の美少女ファンタジーだと思ってあまり期待してなかったのですが、蓋を開けてみたら、まぁビックリ! とてもしっかりしたストーリーのある戦術軍記ものでした。精霊というファンタジー要素もあるのですが、この流れだと、ファンタジー要素はおまけみたいなもので、今後も如何に戦術で相手を打ち破るか…という話がメインになりそうです。

ただ他とは違うのが、この作品自体のゴール。最後の皇女の提案にはかなりビックリしました!まさか、そうくるとは! そのゴールを前提にすることで、この作品はただの英雄群像劇ではなくなっています。今後の展開によっては、読み手に鬼気迫る哀愁すら感じさせるかもしれない。

人気があるのも頷けます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

147 件中 1 件~ 15 件を表示