サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. まりぽーささんのレビュー一覧

まりぽーささんのレビュー一覧

投稿者:まりぽーさ

36 件中 1 件~ 15 件を表示

京都に行きたい、着物を着たくなる。

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

煙草を吸う男の指は冷たい、と女に言われたことがある。〈P248〉

というくだりがなんだか心に残りました。
本当でしょうか?

穏やかな世界観がとても好きです。
鹿乃ちゃんの着物も大好き。

ツンデレなお婆ちゃんの昔のお話も大好き。
良鷹さんと真帆ちゃんが探偵役になってるエピソードも鹿乃ちゃんとはまた違って好き。

慧くんと鹿乃ちゃんの関係がいつ変わるのか楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本三代目薬屋久兵衛 5 (FC)

2017/04/24 20:03

すごく好き。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

三久ちゃんと叶君大好き。
この本の穏やかでのんびりした雰囲気が大好き。
あと漢方も好き。

もうちょっと観てたかったなあ。(´Д` )

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

相変わらず。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まさかまた彼らに会えるとは思ってなかったからとても嬉しかったです。
相変わらずな様子でなお嬉しい。
響野さんが「ロマンはどこだ?」って言うのがすごく好きでした。
前作から9年も経ってるなんて信じられないです。
タダシくんや慎一くんがあんなに大きくなってるなんて!
でも相変わらず四人でつるんでるんだ。
うらやましい。
なんだか昔の友達の近況を聞いたような気分でした。

さー昔の2作を読み返さなくちゃ!!♪( ´▽`)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本GOSICK GREEN

2016/12/04 23:01

最後に感動しました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久城君とヴィクトリカのお家や事務所にどうやって家具がやってきたのかがわかります。
キングさんおもしろい。
てゆーかいくつだよおっさん!w
しかし奥様も驚いたでしょう、開かないと思ってた場所が開いたら。w

お札目線のお話も楽しかったし最後はえーっ!って思いました。
いくら旧紙幣とはいえ。w

依頼人相手にわたわたするヴィクトリカが可愛いです。
嫉妬するヴィクトリカも可愛い。
次は久城君が動揺する様が見てみたいです。
久城君はいつも感情豊かだけどそのテの動揺はあまり見たことない気がします!

ネタバレ?になるかもですが、
最後彼に手紙を出すヴィクトリカと受け取ったあの人のエピソードにはなんだか感動しました。
前章の最後で二人は和解できたのかなと思って嬉しかったのですが、この二人もある意味ツンデレな感じが可愛い。
そして嬉しかったです。
ヴィクトリカにも手紙を出そうと思える相手ができたことに。

いつ彼は新大陸に来るのかな?
その時のヴィクトリカの反応も楽しみ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2完結!!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やっとソラたちがデスティニーアイランドに帰ってきました!
ゲームでストーリーを知ってはいるけど感無量な気持ちです。
カイリの手紙は心に染み入ります。(((o(*゚▽゚*)o)))
番外編の後、ソラに何かアクションは無いのかしら?w
次回作もぜひ観たいです!!(≧∇≦)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

源氏物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回は源氏物語を、モチーフにしたお話。
いつの間にアオヤマくんと美星さんなんかいい感じ。(^ ^)

アオヤマくんの初恋の相手・眞子さんが登場。
眞子さんもまたアクの強いキャラクターだなあ。
でもなんかカッコいい。
美星さんも嫉妬したりするんだろうか。w

宇治にちょっと行ってみたくなった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本サブマリン

2017/03/27 22:45

相変わらず。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久しぶり!陣内くん!(^-^)/
まさかまた陣内くんの話が読めるとは!
永瀬くんも優子も武藤君も相変わらず。w
懐かしい人達の近況が聞けた気分でした。

陣内くんがまさか主任になってるとは!!
武藤君も大変だなあ、相変わらず。
陣内くんから解放されない。w
まあ確かに彼の部下は苦労が多そうだけど、私は陣内くん好きだからちょっと羨ましい。
めちゃくちゃな人だけど、なんか憎めないし。
何気にモテてもなんか納得しちゃうというか。
陣内くんに会いに来る少年が多いのも頷ける。
何気に歌が上手いという意外性もあるしね。

また会いたいなあ。(^-^)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ロマンティック!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

京都の町の穏やかなラブストーリーにキュンキュンします。(≧∇≦)

鹿乃ちゃんのお父さんお母さんのエピソードはぜひ続きが読みたい!

そして鹿乃ちゃんの恋の行方が気になって仕方ないです。
のんびりし過ぎてて春野くんの方がよっぽど速そう。w

早く続きが読みたいです。(^-^)/

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍鹿の王(上下合本版)

2016/09/17 14:01

言い表せられない。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『獣の奏者』の時も思ったけど、上橋菜穂子さんの主人公は自分に厳しい。
そして同時に酷いとも思う。

エリンもヴァンも自己犠牲の精神でもあるのだろうか?
周りに自分を想ってくれている人がいることに気がついていない筈はないのに、それでもそういう選択をしてしまう。

ユナたちが早くヴァンのもとにたどり着いてくれることを心から願います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

桐山君突っ走り過ぎ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前巻に引き続き川本家の元お父さんすごい。
ここまで大人気ないなんて!
でもあかりさん・ひなちゃんにお父さんと決別する勇気ができて良かった。
あの温かい家族があんなお父さんにめちゃめちゃにされるのはすごくイヤ。
なんか桐山君がまるで新しい大黒柱みたい。

この巻の最後の方で桐山君がコレだ!ってやろうとしてた事は一歩間違うと押しつけがましいというか余計なお世話なんじゃ。。。
ちなみに私はお金が無くても先生推し。(^ν^)

ひなちゃんが早く目覚めてくれるといいねえ。
桐山君がんばれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

読みました!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あっという間に読み終えてしまいました。
晴香ちゃんが犯人だとビックリするくらい晴香ちゃんの出番が少ない。w
人を信じられる理由って何だろう?
私はやっぱり初対面の人を信じるのは勇気がいるし、過ごしてきた時間かなあ。
その人と過ごしてきた中で起こった出来事の中で「ああ、この人は信じられる」って思うかな?
知り合いが犯人の場合その信頼が先入観になっちゃうのかもしれないけど。

後藤さんはやっぱり警察でガーガーしてる方が後藤さんらしいなあ。
早く本編の続きが読みたいなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本GOSICK PINK

2015/12/23 20:54

心が温かくなりました。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

REDでアパートメントに住み探偵事務所をやってるヴィクトリカと新聞社の記者をやってる久城くん。
今回は2人がどうやって『じょぶあんどほーむ』を見つけたかというお話。

ヴィクトリカが『家』という概念が曖昧なのは予想外だったけど育った環境が環境だから仕方ないんだろうなあ。
あと前シリーズの最後ではヴィクトリカの事をはっきり妻と答えてた久城くんが今作でどう答えるか悩んでいた事にもビックリ。
これからそうなるまでの話が読めるのかとそれもワクワク。♪( ´▽`)

次はいつ出るかなあ、楽しみ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本烏に単は似合わない

2015/12/18 08:07

何となく度肝を抜かれた感じ。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最初ロマンチックに始まったなと思ったのに最後と言ったら…。

一番最初に出てきたのがあせびだったからなーんとなくあせび視線で物語追ってたけどあのひっくり返し方はビックリした。
章毎に目線は違うんだけどね。
でも最初ひどいと思っていた人も話を読み進めていく内に「ああ、こう考えてたんだな」と感じ方が変わってくる。
人間らしいというかある意味生々しさを感じた。

逆に若宮やあせびを恐いと思った。
後味は微妙。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本有頂天家族 2 二代目の帰朝

2015/12/14 08:04

狸を毛玉と描くのがなんかおもしろ可愛い。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

赤い毛の話がなんか面白かった。
「糸じゃないんかい!」ってツッコミたくなる。
弥一郎兄さんと玉瀾さんは兄さんの石橋を叩きすぎる慎重さにウケた。
尻込みしてるだけじゃん。w
この件に関しては赤玉先生よくやった!って感じだったなあ。
さりげなくキューピッド。w
ようやく収まったと思ったら今度は弥三郎が…。

弁天様はいつも何考えてるのかわからない人。
勝手気儘で本心を言ってるのかわからない。
次回作では弁天様に救いの手があるといいなあ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

着物の描写がステキ。

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いつも鹿乃ちゃんが選ぶ着物のコーディネートの描写がステキで着物着てみたくなります。
でも着物に纏わるミステリーはみんなどこか物哀しいです。
それを鹿乃ちゃん達のほのぼのした暮らしの中で読み解いていくからいいのだけど。
次も早く読みたいです!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

36 件中 1 件~ 15 件を表示