サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 29歳さんのレビュー一覧

29歳さんのレビュー一覧

投稿者:29歳

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本ドラめくり2016

2016/03/19 08:59

毎日楽しみ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

毎日いろんな表情のドラえもんとその仲間たちが登場します。
ドラえもんやドラミちゃんの誕生日、ジャイアンの誕生日、ぐうたら感謝の日まで、普通のカレンダーでは知られない情報も盛りだくさん。
毎日めくるたび、予測不能な展開に幸せな気分になります。

その日の出来事にちなんでいるのかいないのか、意味深なセリフも大好き!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ふくわらい

2015/11/11 05:48

余韻が残る

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

定は素晴らしく個性的であるけれど、
育ってきた環境や人や全てを肯定していて、何ひとつ嘘がない生き方をしている。
あり得ないけどその通りだと、深く納得してしまう性格。
読んでいくにつれ、そんな定がとても好きになっていました。

さらっと読み終えましたが、
強烈な印象として定が忘れられず、余韻が残ります。
人と違うことや、自分自身であることを
私自身も肯定できるようになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本告白

2016/02/28 05:17

母親という描写

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

湊かなえさんの作品を初めて読んだのがこの「告白」でした。

最愛の娘を亡くした教師が、教師という立場で、
その犯人である生徒とその母親、焦点を変えながらその真相が語られる終始。

犯人がはじめにわかっっている。
しかし、その手口や動機が知りたくなるわけでもなく、
読み進めるうちに、何か違うものに強く惹きつけられてしまうのでした。

この作品はミステリーという分野というより、母親という存在の描写。
娘を殺された母親、その犯人の母親、どちらにも関与していない母親。

何かしら「母親」という描写に
強いこだわりを持っているのではないかと感じました。
後の作品「母性」にもつながる、湊かなえさんの母親に対する描写は
共感もあり、恐怖もあり、痛快でもあり
読み終えた後にも、物語の余韻として心の深くに、重たく残りました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本イカタコつるつる

2015/10/31 12:13

大人のわたしが大好きな本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この発想、この展開。
長新太さんの絵本はいつもぶっとんでいて、
特にこの本は大人の私も大好きな本です。

終盤の「いたいけど、おいしいよ~」 で
もう、心を奪われて涙が出ました。笑

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本にているね!?

2015/07/18 03:36

大好きな一冊になりました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

イスがうまに言う
おまえ おれに にているよね

シュール。
だけど読むとほっこりして、
大人が読んでも、なんだか色々考えさせてくれる。
何度も読み返したくなる一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示