サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 十番侍さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

十番侍さんのレビュー一覧

投稿者:十番侍

3 件中 1 件~ 3 件を表示

ノーベル賞の事典

2017/07/29 07:22

近現代の壮大なる科学史

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

よくあるノーベル賞受賞者の人物事典ではなく、自然科学系のノーベル賞(物理賞、化学賞、生理学・医学賞)を授与された研究がどのように人類に役に立ったのかということに焦点をあてた意欲作。平易な言葉での業績の説明は、理系の方だけでなく、文系の出身者や高校生にもわかりやすい。巻末に文学賞・平和賞の一覧の付録。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

わかりやすい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本書に限らず、洞口さんの本はとてもわかりやすい。経済の知識がそれほど多くない方でも世の中のしくみがよくわかるだけでなく、経済のことを知っている(つもりの?)方の知識欲も満たす内容となっている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本世界屠畜紀行

2015/08/07 21:51

自分の偏見を取り除きたい方と、モノ書きを目指す方は是非

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文庫版が出たのは2014年ですが、新版のときから注目していた書です。
肉を屠ることに触れることは、日本ではある種のタブーとなっていますが、そんなタブー感を吹き飛ばす改心の一作です。食肉と無縁なベジタリアンはさておき、多くの方にとって肉を食べることは日常的なことです。でも食卓に来るまでの食肉については、目をつぶっていらっしゃる方が多いと思います。

本書は肉を屠るという切り口からの比較文化論です。日本国内で自分が「普通の日本人」であること以外に誇ることがない方はともかく、この国に住む「そうではない」方には是非とも手に取って頂きたいと思います。

モノ書きとして、学びたい点も多くある書です。できれば著者と焼肉屋で一杯やって、教えを乞いたいと思います。これからルポルタージュを書こうと思っているモノ書きのタマゴにも一押しです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示