サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あんこパンさんのレビュー一覧

あんこパンさんのレビュー一覧

投稿者:あんこパン

24 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本福も来た

2016/11/07 20:59

ほっこり

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まず、前作をドラマで観て、大好きな俳優さんたちが、まさにこの人しかいない、という個人的に、ドストライクな、最高の作品で、原作も素晴らしかったです。その、二作目が出ていると知って、すぐに購入しました。期待どおり、今回も優しい気持ちになる、ほっこりと癒される作品です。このお店が近所にあったら、絶対に常連さんになります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

安心感があります

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

独学で栄養学を勉強しているので、女子栄養大学の出版物はよく手に取ってみています。その中でもこの本は、定番料理も改めて、カロリーや手順などを確認することもできて、とても役立っています。食材ことにまとまっているので献立に困ったときも使いやすいですし、写真も大きめなので、出来上がりもイメージしやすいです。流行がないので、長く使えると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本先生のお庭番

2015/08/25 11:31

新たな分野

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者を知ったのは、単行本の「実さえ花さえ」。この本で「花師」という職業を初めて知り、その繊細さ、細やかな仕事ぶりに大変興味を持った。以来、著者の作品は読み続け、今回の作品も、庭師のお話で、実在した人物が出てきたり、知った土地が舞台だったりしたこともあり、とても興味深く読んだ。著者の作品を読んでから、通りすがりに庭の剪定をしている植木屋さんを見かけると、つい立ち止まって、その仕事ぶりに見入ってしまうときもある。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本あきない世傳金と銀 1 源流篇

2017/07/30 15:19

あきない世傳金と銀 1 源流篇

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

待ちに待った、高田郁先生の新シリーズです。思えば、「みおつくし料理帖」で江戸の時代物、特に料理のジャンルの面白さを知りました。いろいろ出ていますが、私の一番は、高田郁先生です。新シリーズが出るということで大変心待ちにしていましたが、今回はまた新たな分野で、かなり研究されて書かれているのがわかります。新たな切り口で書かれた、新シリーズ、これからの続きが大変待ちどおしです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ひみつの花園

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

色鉛筆ブームで、全く興味のなかった私が本屋で手に取って、速攻、やりたいと購入。38色の色鉛筆も即日購入し、チャレンジ。想像以上に細かくて時間のかかる作業です。とりかかっている時間は没頭できて、時間の流れるのを忘れるくらいです。まだまだ半分も終わっていませんが、気分を変えたいとき、充実感を味わいたいときに、ながーいスパンをもって取り組んでいきたいと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

恋するるハンバーク゛ 食堂のおばちゃん2

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前作「食堂のおばちゃん」の番外編といったところです。まだご主人が健在だったころの、昭和の食堂を夫婦で切り盛りする話ですが、このご夫婦がお客様に対してとても温かい気持ちで接してくれて、出してくれるお料理もこころもこもった、おいしいものばかりです。料理は一般的なものが多いのですが心を込めたらこんなにも人の心も幸せにするのかということを改めて感じさせてくれる、そんな読後感の温まるお話です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本働かないの れんげ荘物語

2016/11/07 20:36

癒されます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前作に引き続き、主人公とその回りのひとびととの関わりが、優しくて、温かくて、とても癒される作品です。普段、時間に追われて、余裕のない日々を送っているので、こういう生活に憧れます。個人的に、小林聡美さんを主人公役にして、頭の中で映像化して楽しんでいます。ぜひ実現されるといいなと期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本かんたん家計ノート 2016

2016/01/30 17:33

定番です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この家計簿を使い続けて、12年。食品も、素材別に区分けされているので、肉や野菜にどれくらい使っているか、集計ができて、栄養の偏りがないか分かるし、記入欄も大きいので、書きやすいです。下段の方にメモ欄が大きめにとってあるので、簡単な日記代わりにもなります。後ろの方には、年間の集計もできるので、前年同月と比べるのも簡単だし、とにかく使いやすくて、これからも使い続けたいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

お世話になりました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中学生の子供のお弁当作りが始まる前に購入。毎日作るので、作り置きができ、かつ、食べる側には飽きないものをと考えると、メニューが広がらなかったので、この本を見て、バリエーションを増やすことができました。盛り付けの写真もたくさん載っていて、「どんぶり風にするとおいしいね」と感想も言ってくれたり、子供もこの本を見て、「これ作って」など言って、お弁当の時間を楽しみにしてくれるようになりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本最初の、ひとくち

2015/09/22 16:54

共感することばかり!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者が、初めて口にした、お菓子や料理の感想を書いたもの。ほぼ同世代なので、出てくるお菓子の名前など、パッケージまで鮮明に思い出され、その一口目の感想なども共感できるものばかりで、おもわず、「そうそう」と口に出してしまいながら、一気に読んでしまいました。ところどころに出てくる、漫画もとてもほんわかさせてくれて、何度読んでもこのひとときは、疲れやストレスも忘れて、心が豊かになる時間です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本夜のピクニック

2015/09/21 06:36

重なる思い出

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

私も高校時代、歩きました。一昼夜ではなく、早朝から昼間で、30キロほどを6時間ほどかけて、ひたすら歩き続けました。この本のように、話しながら、なにか決意をこめながら、という余裕はなく、ひたすら時間内に完歩することだけを考えていたように思います。その頃を思い出して、懐かしくも、ほろ苦い思い出を思い出させてくれる、青春の思い出の作品です。これからも何度でも読み返したい大好きな作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本今日もごちそうさまでした

2015/09/11 19:24

ごちそうさまでした

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

食材を、四季の旬にわけて、著者の思い出話でつづった、エッセイ。著者と年代がほぼ同じだったり、買い物が好きで、毎日晩御飯を作っている自分には、共感できる部分が多く、読み終わってから、「こちらこそ、ごちそうさまでした」と言いたくなる内容が盛りだくさんでした。”小説家”のイメージしかなかった著者ですが、こんな一面もあるんだと、とても親近感がわきました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本魔女のスープ

2015/09/10 17:00

笑みがこぼれます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「残るは食欲」の第二弾です。前作同様、著者の食日記、食の思い出をつづったエッセイで、さすがお話上手、聞き上手の著者だけあって、ぐいぐいと引き込まれていきました。食べ物に関する内容は、自然と幸せな気持ちにさせてくれるものですが、この本も、気が付けば笑みがこぼれる内容で、読んだ後、「今度は私も、これ食べよう」と楽しみが増える、お気に入りの一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本赤絵そうめん

2015/08/27 18:13

残念さがつのります

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

江戸末期の道具屋を営む夫婦の人情味あふれる日常を描いた、第3弾です。第一弾の「千両花嫁」を読んだときに、こんな商売があったんだ、とまずその仕事の内容に魅かれ、次に、この夫婦の人柄、周りの人の温かさに魅かれ、続編が出るのをとても楽しみにしていました。
このお話がこれで読むことができなくなると思うと、とても残念です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

食の思い出はほっこりします

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

食に関するエッセイを読むのが好きで、新、旧問わず、見つけたらすぐに購入しています。この本の著者は有名な漫画家さんですが、きどったところがなく、私と同じような”一家の主婦”の思い出や経験が「そうそう、あるある」と共感できたり、にたっと笑いたくなったり、読んでいて、ほっこりする内容です。やっぱり、食べることは、人を幸せな気持ちにさせますね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

24 件中 1 件~ 15 件を表示