サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. flamekissflowerさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

flamekissflowerさんのレビュー一覧

投稿者:flamekissflower

29 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本ドゥームズデイ・ブック 上

2015/09/28 18:07

出だしはまったり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いかにもSFチックな感じで、歴史専攻の女学生が自分の専門の年代へタイムスリップしていって、全然雰囲気の違う現在と過去が並行して進行していきます。上巻は細かい出来事がつまびらかに書かれているので全体での意味合いがつかめず、対象物に目を近づけすぎていて肝心の品物が何なのかわからないもどかしさを感じました。なので上巻の70%くらいまでは惰性で読み進めていましたが、だんだん登場人物たちへの理解が進むにつれて物語にひきこまれ、下巻に続くあたりで劇的な展開がはじまり、下巻からは目が離せず朝3時まで読んでしまいました。

生活がリアルに表現されていて、自分がタイムスリップしたような気分、鳥インフルエンザで病院に隔離されたような気分が味わえます。過去と21世紀で隔たりはあるものの、物語の展開されている場所は本当に狭いんです。地味なお話かも。でも深いお話でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本イタリア貴族と飛べない小鳥

2016/03/28 15:49

父親からの自立がサブテーマ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

父親から「不器量なうえに学問のしすぎで結婚できない」となじられるヒロイン。彼女が気がついていない自身の美しさをわからせてあげたいと思うヒーローの気持ちはもう愛だったのかも。父親に愛されなかったヒロインを助けることで、ヒーローも過去の傷に向きあう力をもらいます。お互いに心の傷を癒していく様子は読んでいて少しほろ苦いものの、前向きな気持ちにさせてくれる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本この夏を忘れない

2015/09/28 18:04

秘密がいっぱい! 長さを感じさせない良作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

足を踏み入れたとたん土地に魅せられてしまったヒロインと一緒に、海に囲まれた島の自然と由緒ある建築物と、雰囲気あるナンタケットを探検できます。もちろんせまい島内は濃密な人間関係+親戚関係+ネットワークが構築されていて、読者にとってはこれがまた堪りません。古いお屋敷にまつわる秘密、人間関係に関する秘密、ひみつ、秘密。ひとつ秘密が明かされるたびに、ナンタケットの世界に引き込まれていくようでした。好きになてしまったヒーローにも、ヒロインには明かせない秘密があるようで・・・。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本フレデリカの初恋

2015/09/18 22:21

侯爵の初恋

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

侯爵という立場を理由にまわりからちやほやされているヒーローですが、自分という人間を見てくれて、好きになってくれる身近な存在ができたとき、変化が訪れます。ヒロインを筆頭に、脇役のヒロイン兄弟や親戚の付添い人、使用人たちも、それぞれ個性的でヒーローをぶんぶん振り回しています。有名な古典作品だからというより、とても面白いロマンス作品なので、オススメです☆

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍いくつものジェラシー

2015/08/31 21:42

あなたならヒーローを許せますか?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

すごーくみじめで不幸なヒーローの娘がロマンスこじらせ隊(仮)として重要な役割で出てきますが、パーマー作品でここまで憎らしい子どもが出てくるのはあまり記憶にないかも。パーマーの数あまたいる傲慢ヒーローのなかでも極めつけではと思える傲慢身勝手ぶり、その結果の不幸ぶりがかなり印象的な作品。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

標的のミシェル

2015/08/09 14:26

田舎町には不案内なヒーロー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

自宅の裏庭に出没するロイス(というワニ)に怯えて「銃を持ってる?」と聞く幼児を「(いじめっ子を撃とうっていうのか)とんでもないガキだ」と誤解するヒーローですが、事情を飲み込むと防護柵を買ってあげる優しさにキュンとさせられました。無料法律相談を受けたり、終始恋愛ではウブなヒロインをリードしてデキる男っぽいのに、夜に外から聞こえてくるワニの声に(事情がわからなくて)心なごませてしまったり、銃は撃っても撃っても当たらないなどちょっぴり抜けている(?)ところもラブリーな彼が好き☆  こんな彼が事件を解決します!?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

美しい悲劇

2015/08/09 13:55

強引傲慢なヒーロー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヒーローのむちゃくちゃな寄りきり具合が印象に残っていたけど、ヒロイン17歳との出来事を踏まえて、ヒーローの立場から読み返してみると、無理もないかなと思えてくる不思議。ラスト付近で、昔の悪夢が新しいよい思い出で上書きされた象徴の背中に汗がつたう回想シーンがとってもお気に入り。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ラスト・レイン

2016/01/16 10:40

レイン3部作最終作

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ストームチェイサーという被災地連続殺人犯と、犯人を追いかけるFBIユニット3人組がからむ3部作最終作です。今回の主人公は、シリーズ第一作目からいい雰囲気だった、FBI捜査官と赤十字スタッフのロマンスです。

カップル成立までの過程ではなく、危機を経て絆を深めていく二人を満喫できます。本当に辛い状況に置かれたときに自分は何を求めるんだろう、何を考えるんだろうと、読みながら思いました。極限状況に置かれると物事の枝葉はとっぱらって自分にとって一番大切なこと、シンプルなものがみえてくる、そんなメッセージが伝わってくる作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7歳の年の差ロマンス

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヒロインは当時としては珍しく離婚していて、社交界からのけ者にされ、さびしく静かな生活をしています。退屈しているヒーローは興味本位でスキャンダラスなヒロインにちょっかいをかけますが、どこでも受け入れられてきた自分がすげなく拒絶され、むきになって追いかけるうちに、社交界に流れている噂とは違う本来の彼女自身に惹かれていく自分に気がついて・・・。ヒロインをまっすぐに思うヒーローの心情と、ヒーローの立場を思いやるヒロインの愛情とが、強く伝わってきて、ヒーローの家族共々ふたりを応援したくなりました。

新シリーズ第一作ということですが、バイロン家の双子の片割れが主人公ですので、もちろん公爵他兄妹、お母さんも顔を見せてくれていました♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ありのままの自分で

2015/08/31 19:14

ピュアな初恋ロマンス

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ホットなシーンなしにロマンスが表現されています。初恋のときめきが伝わってきて印象深い作品でした。周囲の慎み深い方にも安心して布教できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本傷だらけの逃亡者

2015/08/31 19:08

心の傷からは逃げられない

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

傷つけられたヒロインがメイドとして潜伏した御屋敷には、あまり姿を現さない不思議な主人がいて・・・。お互い心の傷を抱えて、相手に踏み込めない、踏み込ませたくないのに、ぐいぐい惹かれあってしまう二人の引力が感じられて、心に残る作品でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本公爵とリトル・ローズ

2015/11/23 10:37

ヒーローによるヒロインのための花婿探し

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「二度と恋に落ちたりしない」と決意している放蕩者のヒーローが、誘惑しているつもりがない無垢なヒロインに、ゆったりと絡めとられていく様子が可笑し~♪ 初恋の人を閉じこもった殻からひっぱりだそうと果敢に奮闘するヒロインがとても微笑ましかったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本無垢な恋人

2015/11/23 10:34

パーマーらしい傲慢ヒーロー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

事情があっても無垢なヒロインを思い切らせるためにヒーローのとった手段は容赦なく、なぜそんな彼を許せるんでしょう、愛だなぁと思った作品でした。ヒーロー自身も自分のやったことで苦しんだろうと想像ついたので、ハッピーエンドが許せるものになったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本めくるめくキスに溺れて

2015/10/27 10:24

愛があれば、臭くても・・・?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

他人事だと笑っちゃうけど、当事者としては切実な彼の体臭。それも1年に2回しか入浴しないんですって・・・・。自分もくさければ相手のくささも気にならないけど、自分がきれいになってみると相手がよりくさく感じるってなんだかすっごく説得あるんですけど?(笑)ヒロインに強く同情します~。こんな二人が、習慣や不審な事件を乗り越え、どうやって仲良くなっていくのか、読んでいて楽しいロマンスでした♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ひびわれた心を抱いて

2015/08/31 21:37

シリーズ第一作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヒーローはFBI、ヒロインは事件までは成功しつつあったリポーターで、仕事が出来るだけでなく美男美女ですが、共に過去に傷を持っているところに逆に人間らしさをかんじた二人でした。サスペンス面はそれなりに血なまぐさかったけれど、ロマンス>サスペンスな作品な印象で読みやすかったです。他にもヒーロー候補と思われる人物も登場していて、続きが気になります!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

29 件中 1 件~ 15 件を表示