サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぽんすけさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ぽんすけさんのレビュー一覧

投稿者:ぽんすけ

6 件中 1 件~ 6 件を表示

電子書籍ホークウッド 7

2015/08/15 02:45

ついにクレシーの戦い!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中世欧州における戦術の一大転機となるクレシーの戦い。
その火ぶたがついに切って落とされた!
まだ序盤ではあるが、平民により構成される弓兵が、騎士を蹂躙していく描写が今後の展開を期待させる。

黒太子エドワードや主人公ホークウッドもいいが、エドワード3世がメチャ格好いい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハーモニー

2015/11/24 20:42

非常にもったいない作品(ややネタバレ)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

個々人の体内に埋め込まれた医療デバイスが個々人の健康状態を常にモニターし、病気をいち早く発見してくれる理想社会。ただ、個々人のほぼすべての情報は公開・共有され、酒やタバコはもとよりカフェインですら不健全とされる「理想社会」。
 そんな「健全」な世界において、その維持・管理の先兵たる螺旋監察官たる主人公は、同時多発自殺の謎を追っていく。

 おぞましさすら感じる理想の未来と名状し難い結末は、医療の行き着く先や自我の価値というものに刺激的な問題意識を提起してくれます。作品中盤までは本当に「時間を忘れて」読みふけった。
 文章が平易で作品がコンパクトなのも好印象。
 「エヴァンゲリオン」や「攻殻機動隊」が好きな方はドはまりするに違いありません。

 ただ黒幕の行動に一貫性も魅力も感じられず、そんな黒幕に翻弄される世界に重みも厚みも感じられないのはやや残念です。
 何より「自由裁量のあるエリートが主人公、謎の黒幕を追って世界を旅して、最終的に黒幕を倒すも、その黒幕の意図は達成され、世界は大きく変貌していく」というように、前作「虐殺器官」とほぼプロットが同じなのはどうなんでしょう。 前作との対比に意味を持たせたかったのなら仕方ありませんが、それには成功しているように思えませんし。
 その意味で非常にもったいない作品であると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ハーモニー 新版

2015/11/24 20:40

非常にもったいない作品(ややネタバレあり)

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

個々人の体内に埋め込まれた医療デバイスが個々人の健康状態を常にモニターし、病気をいち早く発見してくれる理想社会。ただ、個々人のほぼすべての情報は公開・共有され、酒やタバコはもとよりカフェインですら不健全とされる「理想社会」。
 そんな「健全」な世界において、その維持・管理の先兵たる螺旋監察官たる主人公は、同時多発自殺の謎を追っていく。

 おぞましさすら感じる理想の未来と名状し難い結末は、医療の行き着く先や自我の価値というものに刺激的な問題意識を提起してくれます。
 文章が平易で作品がコンパクトなのも好印象。
 「エヴァンゲリオン」や「攻殻機動隊」が好きな方はドはまりするに違いありません。

 ただ黒幕の行動に一貫性も魅力も感じられず、そんな黒幕に翻弄される世界に重みも厚みも感じられないのはやや残念です。
 何より「自由裁量のあるエリートが主人公、謎の黒幕を追って世界を旅して、最終的に黒幕を倒すも、その黒幕の意図は達成され、世界は大きく変貌していく」というように、前作「虐殺器官」とほぼプロットが同じなのはどうなんでしょう。 前作との対比に意味を持たせたかったのなら仕方ありませんが、それには成功しているように思えませんし。
 その意味で非常にもったいない作品であると思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

個人的にはコミックの方が好き

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

原作・コミックの両方を読みました。
コミックは細部の省略こそあるものの、原作にきわめて忠実にコミカライズされています。
その上で、戦闘描写などの文章では表現の難しい部分はより理解しやすくなっています。
特に、原作は会話の填補を重視するあまり、誰のセリフかわからなくなる場合があり、その点でもつっかえることなく素直に読み進められる点、どちらかというとコミックをお勧めしたいところです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白い!!! けど、早く続きを!!!

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公エウメネスがマケドニアに帰属して、初めて重要な仕事を任され、彼は一路、アテナイに…
いつもながら、古代の空気をマイルドに表現しつつ現実感もまた両立させるのは作者の腕だと思います。本当に面白い!!
でも、遅々として進まない。いつになったらペルシアに遠征するのだろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍はんだくん 4巻

2015/08/15 02:37

さすがにネタ切れ?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

書道以外は、たんなるネガティブ思考の凡人である半田くん。
だが、なぜか周囲の人間に神格化されて、「半田軍団」まで形成され…

次第に大きくなっていく半田軍団は面白いのだが、ぼちぼちマンネリ化しつつある気はします。
ただ、陳腐だからこその王道。安心して楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

6 件中 1 件~ 6 件を表示