サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. のぶさんのレビュー一覧

のぶさんのレビュー一覧

投稿者:のぶ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本革命前夜

2015/08/09 23:51

音楽小説の秀作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ベルリンの壁崩壊直前のドレスデンで音楽を学ぶ学生の話。これシリアスなノダメですね。当時の情勢は終盤に出てきますが、ひたすら音楽の話。室内楽や器楽曲はあまり聞かないけど、これだけ出てくると聴きたくなる。フランクのバイオリンソナタのCDを早速注文した。小説としての完成度もかなり高い作品。室内楽、ピアノの好きな人にはお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ユートピア

2016/01/12 00:05

比較的嫌みのない湊作品

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

湊さんの新作を充分に楽しんだ。ただ、この作品の登場人物は嫌みがない人ばかりだし、あえて犯罪や事故と言った”毒”の要素を加える必要があったのだろうか?海辺の田舎町を舞台にした、ほのぼのとした物語としても成立していると思うのだが。それが作家、湊かなえの持ち味なのかもしれないので、本作を否定するつもりはないけれど、真っ白な作品をぜひ読んでみたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示