サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ジャコモさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

ジャコモさんのレビュー一覧

投稿者:ジャコモ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本異邦人 改版

2015/08/10 12:43

愛するほどに憎らしい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今年の夏は暑く、ちょっとしたことに苛々していた。ある日、友人にムッとして「死ねばいいのに」と思った瞬間、この小説の一節(「健康な人は誰でも、多少とも、愛する者の死を期待するものだ」)を思い出した。何十年ぶりに読み返してみると、主人公マルソーの言動や行動には何ら不条理的なところはなかった。人は普段の暮らしのなかで、「意味がないこと」に苛立ち、「意味があること」に憤りを感じる。確かに生きることも死ぬことも、ただ「太陽のせい」なのかもしれない。時間をおいて読み直すとまた違った意味が見えている小説は数少ないが、それが傑作の傑作たるゆえんだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示