サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. cycleさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年2月)

cycleさんのレビュー一覧

投稿者:cycle

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本動物農場

2015/09/27 20:01

知性ってスバラシイ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

TOEIC400になってたが、レベル判断のわりに読み辛い。話の流れは単純で、権力は腐敗する。たとえそれが人間であろうとなかろうと。そもそも名前が人間臭すぎて展開が見えていたのだが、どうせなら名付けもして欲しかった。あとNapoleonがちゃんと国民投票して権力集中を図るとかも面白く読めた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

新たなライバル

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一年たち成長した身体つき、顔つきが自然に表現しているのはさすが。
新キャラ絵麻。さくらとはまた違った観点から奏と対照をなす。がんばれる天才がいればがんばれない天才もいる。では、がんばれる凡才は彼女らどどれだけ競え並べるのか。
絵麻がどこまで深く関わるのか楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

準備回

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あとがきにあるように、次巻12は合同文化祭が開かれ「大きく動く(予定)」。その下地として、真木・ヤンの心境の進展、エノ・王子の着飾らないぶつかり、リコがナギとの過去を完全に思い出しつつある・・・。
「溜め回」としていくらか重さもあってにやにや成分は減少したが、次巻爆発してくれることを期待せずにいられない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本恋愛ラボ 10

2015/08/10 21:21

真木のくすぶり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こと自分の恋愛に関しては救いようがなかった真木。そんな彼女も大きな心境・身体の変化がくすぶり始めた。そして表紙では澄ました顔してるヤンも、真木と同じく変化の兆しが強くなってきた。
もちろんこれまで同様、切れ味のいいギャグ、言葉足らずで悶々と抱え込む恋模様も健在。にやにやが止まらない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

おまけ充実 ※試合結果のネタバレあり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本編は青葉城西との準決勝完結および、白鳥沢との決勝序盤。勝手知ったる城西戦は、お互いが死闘を尽くすオーソッドクスなラスト。白鳥沢戦は、特にディフェンス側――烏野最大の壁である月島、大黒柱である西谷――の覚醒の萌芽が見える。次巻の目玉はこの二人。
そしておまけの番外編は、準決勝戦後の城西を描く見開き6頁にわたるマンガ。表紙にもなっている彼ららしさがよく出ている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍虹色デイズ 9

2015/09/27 20:13

修旅スタート

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何より見どころは部屋で二人っきりになったなっちゃんと杏奈。恋心を自覚した杏奈はもうちょっと疎さを減らしてドギマギして欲しかったところでもあるが、それでも甘酸っぱい空気がたまらなかった。二人してかわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍虹色デイズ 8

2015/09/27 20:10

4人の出会い回想があるよ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高校入学を期にばっさりショートにした希美もまたかわいい。この巻は男子四人の出会い話メインで、タイプの違う者同士、予想通りの一悶着を起こしていた。キレつつ泣いちゃうなっちゃんが、らしさ全開でかわいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ついにまりちゃんが

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

杏奈へのもっちーの告白から修学旅行終了まで。なっちゃんも告白する流れになるかと思ったらその前哨戦としてまりちゃんが決心を固めました。そのまりちゃんがメインであり、ツバ女wとなる経緯もやっとこさ語られ、そして未来は拓けるのか・・・。ハリネズミまりちゃんの今後に期待。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本つめたいオゾン

2015/08/30 20:43

締めがもう少し

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

唐辺は少し超常的だったりSF的だったりするほうが似合う。二者同一化の過程、ゆるやかで静かな、穏やかなになってゆくつながりは良かったが、それに抗うという対照存在も欲しかった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

皆見陣営動き出す

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

確かに面白いのだが、やっぱりペースはゆっくりw
瀬々の過去がより確定的になったり、危うかった七海・槙の関係がちぎれたり、教会に関する手がかりが増えたり、皆見が大きな決断をしたりと、積み重なってはいるのだが、一体いつになったら加速するのか・・・

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示