サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. いなみのさんのレビュー一覧

いなみのさんのレビュー一覧

投稿者:いなみの

17 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本三鬼 三島屋変調百物語四之続

2016/12/20 15:43

変り百物語

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最新作にふさわしい内容の物語が展開しています。読み終えたときにふと自分を顧みる気分になりました。
救いのない結末もありますがかすかに一条の光を差し込ませて単なる怪談とは違った何かを見せてもらった気がします、
特に第二話 食客はひだる神 では恐ろしい妖怪から同居人に似た感情の変化を辿った時になんとなく
ほっこりした気分にさせてくれる一篇でした。この一話だけでこの一冊を手にして本当に良かったと思わせる

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ツバキ文具店

2017/05/14 16:47

癒される一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

癖のない素直な書き方で日常と非日常の間を往来する主人公の生きざまに共感できる場面もあり、最後厳しかった祖母の本心を綴った手紙に見えた心の行き違いが強い祖母と言ふ鎧の下の繊細な弱みをさらけ出した場面に人の弱みを見た気がしました。久々に読後感の素晴らしい一冊を手にした気がします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本破門

2017/01/15 14:28

日本のハードボイルド

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

翻訳ではない日本のハードボイルドを初めて見た気がします。会話のテンポと歯切れの良さ、河内弁に似たちょっとガラの悪い関西弁で主人公の極道が真面目に話しているやり取りに思わず吹き出してしまいました。
猪突猛進の極道と小狡い相棒の会話描写に引き込まれて一気に読み通しました。
お勧めの一冊です

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本つちはんみょう

2016/12/05 21:18

虫の大旅行

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あまり見ることのない虫の生態がここまで詳しく長時間の観察で細密な描写で描かれたのは初めて見ました。運に任せた長い旅路の果てに成功するのはほんの一握りの命なのにと考えると恐ろしい気がしますがそれ以上に作者の執念ともいえる努力に脱帽です。
絵本ですが子供の本と言ふより大人の絵本と思いました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陰陽師 玉兎ノ巻

2016/11/29 19:00

いつも期待を裏切らない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

陰陽師シリーズは初版から読んでいるが
お馴染みのキャラクター達の会話がリズム良く飛び交う進行はお馴染みのスタイルですが、今回は中国古代の伝説から山海経から新しい仙人などが登場して新しさを出す一方、蘆屋道満の性格が丸くなり過ぎに思えたのが笑えた。
今後の継続を期待したい

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本お文の影

2016/02/29 09:15

お文の影

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子供の影踏み遊びのなかに誰のものでもない影が一つ。影の本体の幼子に隠された悲劇がわかってくる。子供らに寄り添う大人のやさしさ、遊び仲間の子供の思いを乗せた笹船の行方に救われた思いがする。
下町の人情味あふれる大好きな一篇です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本本所深川ふしぎ草紙 改版

2016/02/08 17:42

茂七親分の気配り

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

初物語の前に来る作品でした。親分も初物語に登場する前なので考え方に少し直線的にえがかれています。それでも下町に肩を寄せ合って生きる長屋の人達に寄せる岡っ引の心配りに拍手を贈りたい。必死に生きる人たち飾り気のない暮らしぶりのなぜかほろりとさせる作者の筆の冴えにはまってしまいました。

シリーズが続けばと願わずにいられません

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本下町ロケット 2 ガウディ計画

2015/12/27 12:52

やっぱり池井戸さん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回は佃製作所へ対して財前部長の信頼の厚さがめだちました。人物それぞれの抱く相手への信頼にどう応えるかが結果を分けることになったと言えるのではないでしょうか読後にホッとさせる池井戸ワールドはやっぱり池井戸さん。
期待どうりの作品でした

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本冬虫夏草

2016/05/24 12:49

幻想と現実のはざまで

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

つい百年前のことと気軽に話す時代の空気感に生きながらいつか心を通わせる
犬との再会を目指す旅の物語を読むうちにいつか読者も同じ幻想の世界に引き込まれる不思議な感覚を覚える一冊でした
来いゴロー家へ帰るぞの末尾のフレーズが心に響きます

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陰陽師 鼻の上人

2015/10/19 08:42

鼻の上人

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何時もの絵物語と同じ挿絵が好きで真っ先に購入しました。お馴染みの作者の語り口に楽しい大人のおとぎ話として読み終えましたが、蘆屋道満が最初からいい人の顔で登場したのは意外でした。
じかいさくにも大いに期待しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本疫病神

2017/04/30 08:31

すべての始まり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

疫病神と言いながらお互いにたよりあっている。
いけいけ男に口先三寸のコンビ。関西弁の絶妙なやり取りに思わず吹き出してしまうほど面白い一冊、腕力はないが口先でいけいけ男から金をたかるコバンザメ今までにないコンビの始まり

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本陸王

2016/10/24 18:11

池井戸ワールド炸裂

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

何時もの大と小の対決の構図でしたが今回は陸上競技と言ふ新しい世界での戦いが新鮮でした。
アメリカ式の効率中心の大企業と昔ながらの中小企業の老舗、親子の対立と理解し合える状況の中新しい靴底材料の発見で足袋から靴づくりへ転換途上のサポート人脈と妨害工作はらはらしながら池井戸ワールドに堪能しました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ヒトイチ内部告発

2016/06/27 09:37

組織内の人間関係

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上下関係の厳しい組織内での人間関係のもつれがふとしたきっかけから壊れていくあやふさもろさをうまく描いた作品。
一寸したきっかけから滑り落ちていく心のはざまを覗く第一話
通り一遍の対応のまずさから周りへ悲劇をまき散らして気付かない鈍感な人物
を取り上げた第三話など日常生活の中にでもありそうな景色をうまくひろいあげている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本闇の守り人

2016/04/20 13:51

故郷は優しかったか

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

故郷へ向ったバルサが知った新たな闇ジグロのはまった罠の正体、山の王の前で判明した宝石を譲り受ける儀式、牧童が山の民の仮の姿であったことなど変幻自在なストーリーが最後まで一気に読ませるファンタジーの傑作であった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本聖域侵犯

2017/02/10 10:35

警察内の情報管理

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

組織の情報は詳細で取説を詠むような気がする。ストーリーの起承が転結かき切れていないような気がしてならない。
出だしの爆発事件でどの組織が計画して組織がどう絡んでいるのかの説明が足りないので消化不良気味になる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

17 件中 1 件~ 15 件を表示