サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 我らが南海ホークスさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

我らが南海ホークスさんのレビュー一覧

投稿者:我らが南海ホークス

4 件中 1 件~ 4 件を表示

いい子だと言われてきた人は、一読すべし。

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

犯罪者にならず、生き抜いてきている多くの人からすると、異論のあるところですが、数多くの価値観の刷り込みが、行動に制約をもたらし、いずれは、犯罪か、はたまた、自殺へと追い込まれていくという主張は、なるほどなと思いました。自分も、これまでの生活のなかで、多くの規範(価値観)を取り込み、それが自分をがんじがらめにしてきた。そして、それに耐えられなくなった末に発症したのが、うつ病ということになる。幸か不幸か、まだ自殺には至っていないが、この本の主張は、からだでわかる。重い内容ですが、一読をお薦めします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ツレがうつになりまして。

2015/08/13 16:50

うつ病患者に希望を持たせる好著

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この本が世に出る前までは、この本にも書かれている通り、うつ病の症状や予後のことについても種々様々で、それらを参照したとき、どれだけ苦しんでいても自分は、うつ病ではないのかと落胆させられてきたが、”ツレうつ”により、自分もうつ病との確信を得、治療に立ち向かわせてくれた。予後については、続編2冊の記述に委ねられるが、このシリーズは、うつ病当事者、その家族の手元にぜひ、置いてもらいたい1冊だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本聖の社会学

2017/10/14 15:48

仏教文化に関する一考察としては、秀逸。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新書とはいえ、非常に歯ごたえのある内容でした。みなさまの周りにも、建物ばかり、立派で活動していないお寺が多数、おありだと思いますが、そうした当人たちと縁の切り方であったり、関わり方、さらには、僧侶という名の当事者たちの今後の身の振り方についても、言及している、イチオシの書です。著者の勝さんは、行政書士業務の傍ら、お寺との付き合い方も指南する稀有な存在です。学歴の面でも面白く、国際基督教大学で、仏教思想史を専攻した変わり種でもあります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本院長選挙

2017/10/13 22:20

白い巨塔には、遠く及ばず。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

タイトルから、名作「白い巨塔」の二番煎じかなと思わせるが、内容は、あまりにもお粗末で、素人でも予想できる医者の不毛な争いをそのまま、記載しており、新規性に乏しい。加えて、1冊で完結させるために、急ぎ働きでクライマックスを迎えており、やっつけ仕事のように感じた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示