サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 719hさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

719hさんのレビュー一覧

投稿者:719h

7 件中 1 件~ 7 件を表示

電子書籍舟を編む

2016/01/25 17:13

遠くて近い辞書作りの世界を、ニヤリやクスリを交えながら垣間見せてくれる作品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

随所に、辞書と編纂者とにかける作者の思いを感じてしまう作品。

主人公を始め、世間の標準からは、ややずれ気味な登場人物たちが、
辞書づくりという軸を中心に物語を紡ぎ出す。

作者がこの物語を担わせる為に描き出しているのは、
出版社の辞書編集部の人間だけではない。
辞書の装幀を担当する社員や、
辞書の頁に用いられる紙を作る製紙会社の人々までをも
ひっぱりだすことで、言葉集めにとどまらない、
辞書づくりという営為の奥深さを多角的に語っている。

また、世間では余り用いられなくなりつつある語彙を、
解説を交えてそこここで紹介している点が興味深い。

余談になるが、自分がこの作品の地の文の語り口に、
妙な心地よさを覚えてしまうのは、
出身地と世代とを作者と共有しているせいかもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本漢詩入門

2015/10/31 00:46

漢詩の鑑賞にあたって最初に読むべき本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

数年前から漢詩にはまっている。
といっても、作詩などできる水準ではない。
ただ、盛唐期の気に入った作品の幾つかの
読みくだし文を音読したりして悦に入っている程度である。
そんな自分が、もう少しまともに漢詩の何たるかを
知ろうとして手にとったのが本書。
初学者の知っておくべき基本事項をしっかりとおさえている。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本暁斎百鬼画談

2015/10/31 00:42

鬼才の片鱗を垣間見る

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

河鍋暁斎の作品を最初に見たのは、
岩波文庫の河鍋暁斎戯画集においてである。
和洋折衷のその作風に衝撃を受けた。
以降、彼の作品を収録した書籍を集めるようになった次第。
この本では、魅力ある妖怪変化が彼の筆の力で
自由自在に躍動している。
塞ぎこんだ精神を解き放ちたい時に紐解く一冊。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本草原の記

2015/10/31 00:37

モンゴルへの文豪の思いがにじむ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

司馬遼太郎氏が大阪外語で蒙古語を学んでいたことは、
つとに知られていよう。
私は、小説を中心に大抵の司馬作品を読みつくしたのちに、
随筆的なものへと読書対象をうつしていった時に
図らずもこの作品に出会った。
しかも、自分自身がモンゴルに滞在している時期にである。
この本には、節々に彼のモンゴルへの思いがにじみ出しており、
自分のモンゴル体験と重ね合わせて感じるところが多かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

日本文化が生んだ美の結晶のひとつ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

巻頭におかれた三連続の写真にうつっている
作品に目を奪われた。

根付という工芸品は、誰が見ても分かる形の上での
具体性をもちながらも、著者が述べるように、
非常に奥の深い世界も兼ね備えていることを、
この本は垣間見せてくれる。

根付職人の家に生まれたその著者は間違いなく、
このような本を編むのにもってこいの人であろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本英語類義語活用辞典

2015/08/15 21:10

英語上級者を自負するあなたへ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

TOEICなら九〇〇点以上をとっている、
ペーパーバックなら曲がりなりにも辞書なしで読める、
という方にオススメ。

今まで似通った意味をもつものとして、
頭の中で一つの箱の中に無造作に放りこんであった英単語達の、
色合いや肌触りの違いが感じられるようになり、
更には、それらの使い分け方にも理解が及ぶはずです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

分量不足で消化不足

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ハーバードでの授業で名を馳せた日本人女性研究者が、
複数の日本の大学から募った学生を相手に行った授業の、
さわりだけを収録したもの。

この頁数では、彼女の授業の全貌は無論のこと、
優れた点に触れることも難しい。

各章の間の流れがぶつ切りになっているようにも感じられる、
編集方法も問題かもしれない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

7 件中 1 件~ 7 件を表示