サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あぴゃ丸さんのレビュー一覧

あぴゃ丸さんのレビュー一覧

投稿者:あぴゃ丸

2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍銀漢の賦

2015/08/18 04:10

潔い生き様と揺るぎない覚悟

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

友情によって結ばれた十字路でそれぞれの生き様が衝突し交錯する。あるいは同じ道を歩く。そんな物語だった。
時代小説や歴史小説から得られる教訓は『先人たちはそれぞれの何かの未来のために自らを犠牲にして誇りを貫いたのだ』という間違えると少々押し付けがましいものが多いような気がする。たがこの小説は戦争などの群像劇的な要素がないので人物の繊細な心情が捉えやすく、覚悟の所在がハッキリしていた。決闘の場面にはそれがよく表れていて、緊張感がこちらも思わず読んでいて息を止めてしまうほど、張り詰めた文章だったのが一番印象に残っている。そこに至るまでに友情や仁義、覚悟といったまさに漢の揺るぎない魂の美しい情熱をどっしりと腹を据えて描いているからこそ刀の軌道まで鮮明にこちらは想像することができた。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】史上最強の内閣

2015/08/20 01:49

国会中継を思わず見てしまった。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

政治の知識なんてニュースでチラッと見るくらいのものしか持ち合わせていなかったが、その程度の予備知識で充分に楽しめた。

現代日本の政治をパロディにした本作品。このもしもの世界は痛快に都合よく転がり思わず笑ってしまうが、でもどこかリアリティを感じさせる説得力を持つ材料が要所に散りばめられていて、絶妙のバランスを保っていた。確かにこれは大げさな話ではないかもしれない、そういう風に想像しながら読むのは何か自分が賢くなったような気がして気分が良かった。その現代性はテレビドラマを見ている感覚で肩の力を抜いて楽しむことができた。かといってただの風刺喜劇で終わるのではなく、澄み切った思いが心にじんわり染み入ってくるような爽やかな結末になっていてこういった作品を書く上で踏み込むべき問題にしっかりと踏み込んでいる感がある。

実在する人物をもじった名前が出てきて、その人物が高々と自信満々にそれっぽい発言をするのは少しクドいと思えるほど痛烈に風刺されているが、政治家の喋りなどに馴染みがない僕にはそれくらいがちょうど良くクスクス笑えた。ホントにそんなバカなの?と国会中継にチャンネルを気まぐれで合わせてしまうくらいのもので、少し歪んだ視点で政治に興味が湧いたほどである。
この作品の中で人々が持つ快楽を求める心を政治的な方向に誘導する作戦が成功する。でもきっと小説の中だから成功したことで、実際には様々な問題があって都合よく事は運ばないのだろう。けれどこの作品が僕に国会中継をなんとなくでも見る気にさせたことは、史上最強の内閣の思惑は僕が今生きているこの国においてもあながちバカに出来ないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示