サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 平声 優さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

平声 優さんのレビュー一覧

投稿者:平声 優

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本声優魂

2015/08/21 13:22

覚悟して読むべし

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

声優が声優を目指す人向けにどうすれば声優になれるか書いている本は多数あれど、本書のように「声優なんかにはなるな」と書いている本はそうないであろう。それはまさしくもともと父親が有名な声優“大塚周夫”でありその家庭を顧みなかった姿を目の当たりにしたから声優以外の道へ進んだ著者だからこそ書けることである。その彼がなぜ声優になったのかは省くが、半ばタレント化しているにも関わらずギャラはタレント以下である実情。たしかに芸人やアイドルだってバイトしながらでないと生活できないという人も多いのは事実であるが声優は売れっ子になってもそれほど裕福ではないので、やはり好きでないと出来ない仕事である。明夫氏は幸い人に恵まれたから今も声優として仕事が途切れないだけでそうでなければとっくに転職していたと断言している。今は声優を目指す若者が多すぎて椅子取り合戦が厳しいようであるが、私の感覚では(あまりアニメ自体見なくなっているとはいえ)皆同じ声に聞こえる。昔はこの声は誰々とすぐにわかるほど個性ある声優が多かったのだが・・・話がそれたが声優を目指す人、もしくはその家族は覚悟を決める手助けとして本書を読んでほしいと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示