サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. かなさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

かなさんのレビュー一覧

投稿者:かな

10 件中 1 件~ 10 件を表示

紙の本探偵・日暮旅人の探し物 1

2015/10/30 22:05

絵が綺麗

3人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日暮旅人シリーズは小説が大好きで、その世界観が絵で見られると思いこの一冊を購入しました。

日暮旅人の柔らかい雰囲気とか、小説で読んでいた登場人物たちのイメージが、わりと忠実に描かれていたので嬉しいです。
表紙の絵と同じ絵がちゃんと内容にも描かれています。

物語は、感情、感覚が目にみえるという、特殊な設定で、想像するのが難しい内容なので、その世界観を一生懸命考えながら楽しむことが出来ると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

待っていました!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

図書館戦争 別冊編、楽しく読みました。
今までには見られなかった、堂上教官と郁ちゃんのイチャイチャっぷりとか、手塚と柴崎の距離感なんかが見所ですね。

付き合い始めた途端、急接近する初々しい二人の感じとかが個人的にはすごく好きです。

微笑ましいというかなんというか、柴崎や小牧教官と同じように、温かい目で見ています。
今回の話は、図書館員というよりは、彼らの人間としての一面が垣間見られるような話だったので、より一層登場人物たちに近づけたような気がします。

堂上教官と郁ちゃんがこれからどう絆を深めていくのか。
手塚と柴崎はどうなるのか。
小牧教官と毬江ちゃんも見逃せません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ここにきて

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ここにきて、まさかの新一と蘭の出会いが描かれるとは思っていませんでした。

小さいころの新一はやはりというか、当たり前というか……顔がコナンくんですね(笑)
可愛かったです。
もちろん蘭ちゃんも。
まだか弱い女の子だったんだなって思っちゃいました。
高校生になったら普通の女子よりかなり強いので。

新一のパパ、ママも登場して、この夫婦が好きな私にとってはなかなか魅力的に思えましたね。
登場シーンが少ないので……

新一と蘭のお互いに対する第一印象とかも出てくるので、「そうだったんだ」「なるほど」と改めて思うこともあると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

安定のクオリティー

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

BLEACHももう69巻。
ゆっくりと、着実にこの壮大な物語が終わりへと進んでいます。
主人公、黒崎一護の成長はもちろん、一護との出会いを通して、良くも悪くも変化していく人々。
とても多くのキャラクターが登場するのに、丁寧なキャラ設定がされているな、とこの巻を通して改めて思いました。
初期のころからあった死神とクインシーの対立は、はたしてどこに向かおうとしているのか・・・
本当の敵は誰なのか。目に見えているものだけが真実なのか。
続きが気になるばかりです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

楽しく読めます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ふと、イタリア語を話せるようになりたいと思い、最初に買ったのがこの1冊です。

入口がこの本でよかったなと思いました。
なぜなら、単にイタリア語を勉強するのではなく、イタリアそのものについても学べるからです。

作者本人の経験談がたくさん載っていて、まだまだ初心者な私にはありがたい情報ばかりでした。

また、文法を知るのではなくて、会話の仕方を知るという感じです。
小難しいこと考えて、勉強しているんだ!という感じで学ぶのではなく、気楽に楽しく読書のついでに覚えられる。
そんな1冊なのではないかと思います。

掲載されている写真も素敵ですよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

意外

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

個人的には意外な展開に進んでいった巻でした。

登場人物たちは丁寧に描かれていて、見ていてとても気持ちがいいです。
成長していく子猫ちゃんたちが可愛くて、可愛くて、とても微笑ましい。


大人組にも微かな変化が見られてよかったですね。

謎の巫女さんも徐々にその秘密が暴かれていっている感じで、続きが早くも気になります。

今までほんわかムードだった彼女たちに、選択を迫る時が刻一刻と近づいているという感じです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

待望の続編!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

待っていました、この時を。
私はコミックス派なので、今回が続編とは初めましてです。

あまり変わっていないように見えて、やっぱりどこか成長している登場人物たちに心が和みます。
…と思っていられるのも束の間、今回の相手があまりにも大人っぽいというか、怖すぎてちょっとビビります。
この人たちに比べたら、キセキの世代をはじめとする日本人選手は、なんて温厚で可愛いのでしょう。

黒子君のキャラが、相変わらずの安定感だったことにもほっとします。
赤司君、青峰君、紫原君は本当に成長したな…って母親目線でほのぼのしました。

キセキの世代がまた同じ勝利を目指して集結する機会なんて、このお話でしか読めないと思います。(With火神)
まだ戦いは始まったばかり。
一読の価値ありです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

何気なく手に取ったこの本が、予想以上に当たりだった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

新本家と斉藤家、二組の姉弟が繰り出す青春物語

超がつくほど自分大好きな新本姉弟と、ミステリアスな斉藤姉弟
どちらの姉弟も、なんだかんだで美形です

新本姉弟のナルシストぶりにクスリと笑ってしまったり、斉藤姉の辛辣な突っ込みに微笑ましくなったり、割とクールな斉藤弟に「イケメン」の文字を当てはめてみたり・・・

私は姉同士のやりとりがすごく好きですね
共感できることが多くあります

斉藤姉の一言が、新本姉だけでなく、私の心まで救ってくれることもしばしば・・・

かるーく漫画が読みたい人はばかみたいに笑えて、悩みを抱えている人はこの4人の誰かの言葉に救われるかもしれません
学生さんはぜひ、読んでみてください

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

障害の形

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かの有名な『図書館戦争』の中に実際に出てきたストーリーが、一冊の本になったのがこの『レインツリーの国』。
私はこの本で初めて、障害を持って生きている女の子と、そうではない男の子のお話を読みました。
私は自由に体を動かせるし、目も見えるし、耳も聞こえるから、この物語に出てくる女の子の気持ちを理解することは難しいと思います。
それでも、共感できる部分は多々あったし、羨ましい、と思ってしまうこともたくさんありました。
恋に障害はつきものなんて言いますが、この物語はそれが明確になっていたと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本いなくなれ、群青

2015/08/21 16:43

タイトルに惹かれ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『いなくなれ、群青』というタイトルに惹かれ購入したこの一冊。
複雑な内容なのに、きちんと理解しながら読み進めることのできる文章です。
どこまでも真っ直ぐで、純粋すぎる女の子と、その子を放っておけない男の子。
恋愛小説に染まってしまうかと思いきや、そんなことはありませんでした。
女の子の性格の癖を、男の子が正確に理解したうえで考え、行動しているのを見ると、なんだか心の底から信頼のおける友人のような、兄弟のような、親子のような感じです。
もしくは、言葉で表すことなんて到底不可能な関係なのかもしれないです。
出会って、関わろうとすることって、難しいけど大事なんだと思うことが出来ました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

10 件中 1 件~ 10 件を表示