サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. みどりの猫さんのレビュー一覧

みどりの猫さんのレビュー一覧

投稿者:みどりの猫

2 件中 1 件~ 2 件を表示

こんなホームズあってもいいのか!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

昨今はホームズばやりで、「現代版シャーロック」とか「人形劇ホームズ」とか「NYのホームズ」とか、いろいろあるんだが、このホームズもまた一味違う。
原作=カノンをも、ちょくったりする。ワトソン博士との掛け合いも必見。
その他、タブチ警部とか小説家・広岡センセとか、愛すべきいしいキャラが登場するのも嬉しい。
なにより、古今東西、様々な探偵小説やスパイ小説などを作者が読んでいて、パロディにしている点がビックリ。
この本は今は絶版らしいのだが、このホームズブームに乗って、もう少し出回ってもいいんじゃなかろうか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本招かれざる客たちのビュッフェ

2015/08/21 18:50

やや古い?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ドロシーやアガサほど有名ではないが、ひねりのきいた話の展開が面白い。英国の女流小説家の特性かもしれない。
ただ、やはりネタの古さ、つまり「どっかで見たことがある」「話の進め方が少し強引」はやむをえないか。
そのせいか、コックリル警部シリーズでは他の出版社で短編集「ぶち猫」というのがあるが、ちゃんと読んでない。
有名な「緑は危険」を読んだら、少しは感想が違ったかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示