サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. hitokobuさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

hitokobuさんのレビュー一覧

投稿者:hitokobu

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本死ねばいいのに 文庫版

2015/08/21 20:17

予想外かも?!

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

京極さんの本は結構好きでいくつも読んでいますが、この話はいつもの不可思議なシリーズや怪談的なものとは違う、面白さがありました。
人間の後ろ暗い部分や皮肉な部分が絶妙に描かれていて「京極さん、流石!!」と思わせる内容になっています。一癖も二癖もある登場人物たちの深層心理や語り手の複雑だけれど素直な気持ちや話し方・話の内容がなどが面白く、何度読んでも飽きません。というより読み返すたびに考えさせられたり、こう言いたいのかな?怖いな、面白いな、といった感想が次々と自分の中でも変化していくのが分りました。登場する全ての人に共感してしまう部分があったり、いや、ちょっとおかしいでしょ、変でしょ、と思わされたりする不思議な気持ちになる本でした。話の要になっている人の心理は私的には共感できる部分があって、それも、要の人物の年齢くらいのころには結構葛藤があったこともあって共感する部分が大きかったこともあり一気に読んでしまいました。一気に読んだ後、何度も読み返しました。一度は悩んだり、何か葛藤を抱えたことのある人には読み応えのある本だと思います。タイトルは残酷な気持ちにもなりますが、納得もさせられる意味が含まれていると思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示