サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. amaneさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

amaneさんのレビュー一覧

投稿者:amane

45 件中 1 件~ 15 件を表示

ブッダの壁ドン

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

個人的に、最近のおにいさんの中でも頭ひとつ飛びぬけて面白かったです!

久しぶりに「電車の中で読まなくてよかった……」と良い意味で思えた一巻です。
(そう思えたのは、実は1巻ぶりだったり…)

ネタの良し悪しや浮き沈みはどうしてもあると思いますが、私は毎度「よくこんなに毎回ネタがでてくるなぁ…」と歓心してしまいます。

時代は流れるので、そのつど漫画の中に時事ネタっぽい展開も入れてくれたりするのが、中村先生の手腕っぷりを感じます!

今回、北欧神話の新キャラも出て物語の広がりを感じたので、今後はいっそう色々な枠を飛び越えた楽しい展開を期待したいです!
(水木先生がどちらの方に行くかでもめるブッダとイエスとか)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ハニババくんェ…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

最近マギのレビュー書くたびに「物語は急展開に!」みたいなの書いてる気がするんだけど、今回も急展開だ!!

まさかまさかのアリババくん死亡!!!!
えーーーーーー!準主人公殺しちゃアカンやろーーーー!と思っていたら、どうやら正しくはまだ死んでない……の…か……????

アリババくんのために必死に頑張るアラジンくんの涙が痛々しいよーーーーと思っていたら、ハニババくんの登場に全部持っていかれたwwwwwwwww

ハニババくんちょう頼もしい…ハニババなのに…ハニババくん卑怯…ハニババくん可愛い…

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シンドバッドがえらいこっちゃ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

冒険を旅し、順調に仲間も増え、自身が立ち上げたシンドリア商会も大きくなり、順調に覇王街道を進むシンドバッド。

16歳になったシンドバッドなんですが、最近どーにも人生が順調すぎて、なんかちょっとドヤ顔しながら「運命は俺に向かって進んでいる!」「俺は特別なんだ!」とか言って、イキり始めちゃうシンドバッドさん。
まぁ16歳っつーと?ちょうど自我が肥大してオラつく時期だとは思うんですけど、まーこの時期の高慢な16歳のシンさんカンジ悪い!俺特別!ってニヤついてる時、黒ルフ舞ってるんじゃないか?っつーぐらい性格わるい!

まぁ、そんなテング鼻になっちゃってるシンさんですが、このあとにソッコーで酷いしっぺ返しを食らいます。

今までの生きてきた16年の人生の中で一番の苦難なんじゃないか?というぐらい酷い目にあいます。
前半がめっちゃテングで高慢なカンジなので、後半のしっぺ返しのあとのシンさんの落差が凄いというか何と言うか、まーすんごいです。

自業自得!とかザマァwwとまでは思わないけど、この出来事があったからシンさんも高慢チキな王さまになる前に軌道修正や成長できたのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍シンデレラ迷宮

2015/09/16 00:17

そうして○○は幸せに暮らしましたとさ。めでたしめでたし。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子供のころ一度は必ず読んだことのある、白雪姫や白鳥の湖

そういった物語というモノは、必ず主人号が最後に「めでたしめでたし」で終わるけど、
果たして本当にそうなのだろうか?

童話の主人公たちは本当にその後幸せに暮らしたのだろうか。
幸せに暮らしたとして、では、主人公以外の脇役や悪役たちは一体どうなったのだろう?




小学生か中学生のころ、この作品をコバルト文庫で読みました。

これから多感になっていく思春期当時の私に、奇妙な印象と鮮烈なインパクトを与えてくれた作品。

当時子供ながらに、なんだか妙に心の琴線に響くというか、胸をざわつかせながらグイグイ読ませる力があります。

大人になった今、改めて読むと印象が違って見えそう。(もしくは、この作品を読むたびに、当時の十代の私に何度でも会えるような気もする)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

双子は一人一冊なのか。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アスプロスとデフテロス、双子の外伝がそれぞれ一冊づつ描いてくれるとは思わず、凄く嬉しい!

アスプロスのモデル?となったサガが二重人格なので、人によっては印象や解釈が大きく変わるキャラだと思うんだけど、ロスキャン及び外伝の手代木サガ(アスプロス)は、傲岸不遜な力強いカリスマキング系のサガな印象。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゆるゆる聖人

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

聖おにいさんも、とうとう10巻二桁の大台に…!

1巻の時からのファンですが、まさかココまで続くと思っていなかったので感無量。
10巻ともなると、キャラクターも増え、しかし内容はどこまでいってもゆるーい(しかし面白い)ブッダとイエス。

どこから読んでも楽しいシリーズでオススメです”

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

相変わらず面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

中村先生のマンガの中で、セイントお兄さんシリーズが一番好きです!

電車の中で読むと思わずフフッと笑ってしまうので頬肉を噛んで耐えてます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

白龍くん…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

物語当初はこの2人が組むとは思っていなかった。

黒いマギことジュダルくんと、堕天した白龍くんがコンビがノリノリの巻だ。
ハッキリ言って白龍くんの言い分もわかるし、ジュダルくんもこんなにノリノリで楽しそうなので、なんかもうイイカナーって思い始めたわ。

ジュダルくん最初あんなにバカ殿ことシンドバッドに執着してたのってなんだったんだ!????とも思わないでもないけど、ジュダルくんが楽しそうでなにより。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あっ、ジュダルくん白龍くん、おひさー!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

長かったアルマトラン編も終わり、「ソロモンの知恵」の力を持って、各国のメンバーに滅びた世界・アルマトランの運命を見せたアラジンくん。

アラジンくんは各国の主要メンバーに「いま争ってたらアルマトランと同じになるよ、そんな事してる場合じゃねーだろ」と共闘を呼びかけます。

でも、各国の王たるシンドバット王と紅炎皇帝はそれぞれ思うところがあるのか、じゃあこれからは仲良くしよーか!とはなりません。

あわや交渉決裂か?やっぱり争いは避けれないものなのか?と会場の空気が険悪になったとき、そこに姿をくらましていた「黒きマギ」ことジュダルくんと、堕天し黒いルフになった白龍くんが!!!!

わージュダルくん白龍くんちょーーーーお久しぶりーーーーーーー!!!!!!

この2人が出てきたことにより、物語はまた急展開を迎えます。



そして舞台は煌帝国へ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アルマトランとは…

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

マギという物語の核心に迫る、アルマトラン編。

ソロモン王とは?魔法とは?ジンとは?ルフってそもそも何ぞや?

色々マギという作品の根底に関する情報が次々に開示されます。情報量が多すぎて流し読みしてるとさっぱりだぜ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アルマトラン編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

謎に満ちていたアルサーメンと、もうひとつの世界と言われていたアルマトランに関するお話が、今回の巻よりアラジンくんが語る形で入ります。

アルマトラン編、ちょっと話が込み入っていて、一回流し読みはなかなか難しい!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ゴールドにシルバー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公チームがWC優勝を果たし、割とサクッと終了した原作…の続きにあたるのか今作のエクストラゲーム。

例に漏れず、スポーツマンガの王道とも言える、
「優勝したあとに世界大会が始まり、今まで戦った敵チームが頼もしい味方になって一丸となって世界に立ち向かう」展開となっています。

つまり、キセキ+黒子+火神(+α)

という、ファンなら一度は想像?したであろう、ドリームチーム。


敵さんはアメリカの、これまたスポーツ漫画テンプレな、
日本人を糞ジャップ、イエローモンキーと見下すイヤ~な感じの傲慢米。

前編ということで、長くでもあと2巻で黒子のバスケが本当に完結するのだなーと思うと感慨深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

サイタマ先生っょぃ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ONE先生の原作は知らずに読み始めたワンパンマンですが、面白いです。

サイタマ先生が強すぎて、毎回展開ワンパタになるのかな?と思っていたんですが、まだまだグイグイ読ませる展開になっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ロスキャン外伝も

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

10巻の大台に。

区切りのいい10巻の主役を務めるのは、原作でも超・重要な射手座のアイオロス…、じゃなくてシジフォス!


最近色んな作家さんが歴代の名作のスピンオフを執筆する中、
手代木先生は本当に原作愛を感じる真面目な作家さんなので、どの巻も安心して外伝が読めます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

マグノシュタット編おわり!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

約2年も続いたマグノシュタット編も、ようやくクライマックス。

マグノシュタットの面々、及び煉国のジン使いなど続々と重要キャラが終結した時は内心めちゃくちゃ盛り上がりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

45 件中 1 件~ 15 件を表示