サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ノッカラーさんのレビュー一覧

ノッカラーさんのレビュー一覧

投稿者:ノッカラー

8 件中 1 件~ 8 件を表示

ゲームへの情熱を取り戻すことができる本。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

年を重ねると、ゲームから離れていく。

年を重ねると、ゲームへの興味が薄れていく。

せっかく買ったゲームも、中途半端な状態で止まったまま。

買って満足して、手をつけないままにしていることもしばしば。

そんな時は、この本を読みます。

今日のゲームを作ったといっても過言ではない男の物語。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本戦国期三好政権の研究 増補版

2015/12/19 09:16

名著復刻っ

1人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

名著復刻っ
名著復活っ

三好家ファンには欠かすことのできない一冊が、ついに復活ですよ、みなさん!
内容はすばらしいのに、そのレアさからプレミアがついていた本が、
適正価格(といっても高いんですけどね!)で読めるわけです。

プレミア価格の時に手を伸ばそうとしたことも多々ありました。
欲望に負けずに我慢していて本当によかった!

増補もされているし、またプレミアがつかないうちに、三好一族ファンの方は購入を考えてみるといいかもしれません。今が買い時ですよ! 今がその時ですよ!!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本戦旗 大坂の陣最後の二日間

2016/01/25 09:33

とにかくかっこいい

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

とにかくね、登場人物がみんなかっこいいのです。
かっこよく戦い、かっこよく散っていく。
案外ないですよ、みんなかっこいい小説。
真田幸村も、目立ちはしますが、あくまでも登場人物のひとりといった具合。
真田幸村の過剰持ち上げが苦手な僕も楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

あの作品の番外編!?

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あの「任侠沈没」の、濃すぎるキャラクター達が帰ってきた!!
と、思いきや、よく似たキャラクター達による別のお話。
みんながおもしろおかしく、平和に暮らしていると考えると楽しい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本信長の影

2016/01/25 09:47

たくさんの信長

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

織田信長が主人公。
ではなくて、織田信長となんらかのかかわりのあった8人の人物を
主人公とした連作短編。

ライバルであったり、部下であったり、身内であったり。
色々な視点から見た信長が描かれています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

レアな鬼太郎を読める!!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

この巻には、貴重な貴重な「ぼくら」版の鬼太郎が収録されております。
絵巻物という媒体のため、いままでは掲載誌か、有志が復刻した私家版でしか
お目にかかれなかったレア作品。
今後の、学年誌の鬼太郎の収録などについても期待できます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本禿鷹の城

2015/08/22 08:13

繰り広げられる熱いドラマ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

数年前に発売された「禿鷹の要塞」が、改題の上文庫化したものです。
この作品の主人公は、別の作品の主人公であり、いうなれば「禿鷹の城」は前日譚。
作者の得意分野である伝奇的な部分は意図的に抑えてありますが、それを補って余りある熱い人間ドラマが繰り広げられる作品です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

えっ!?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久しぶりの新刊。
久しぶりのファイブスター物語ということで、予備知識を仕入れずに買ってみれば、
びっくりの連続。
置いてけぼり感が尋常ではないです。
ついていけないものはおいて行かれる。
ついていけないものが悪い。
そんな話もちらほら目にしますが、それはいったいどうなんだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

8 件中 1 件~ 8 件を表示