サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. Kennyさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

Kennyさんのレビュー一覧

投稿者:Kenny

20 件中 1 件~ 15 件を表示

電子書籍飛行戦艦「大和」出撃!(3)

2016/03/15 15:17

あえて言おう、面白かったと!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あらー、武蔵までやっちゃったかー。あー、でも、秋風はアリだな。あれはいいと思います。

で、なんというか、こんなのアリかよと思いつつも、まぁ、面白かったかな…。

いや、もう、あえて言おう、面白かったと!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍彷徨える艦隊10

2016/03/15 15:08

テキパキギアリーさん

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あれこれ面白かったなー。相変わらずあれこれトラブルが降りかかってくるものの、ギアリーさん、テキパキとかたずけていきますなー。

なんか、おっしゃることや、お考えのことに、そうかー、そうだよねーと感心させられますね。

ま、とにかく面白かった。これからどうするのかも楽しみですな。

あ、それと、プログラムの更新については、その通りだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍彷徨える艦隊外伝2 星々を守る盾

2016/03/15 15:06

次から次へと大変だわ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

次から次へと大変な状況になりつつも、それを乗り越えて、互いへの信頼を高めつつ、最後はめでたしめでたし、となると思ったのに、ならないのねー。

誰が暗殺しようとしたのかわからないままだし、最後はアレだしなー。

これ、続編あるんですよね?ないとまずいと思うなー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

シンディック、しつこいわー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

外伝2に続いてこれを読んだ。刊行順は逆みたいだけど、あー、あれはこんな感じだったのかー的に読めて、面白かった。

ま、しかし、シンディックはしつこいというか、あの手この手で攻めてきますなー。

でもってアライアンスも結構困ったもんですな。自分が正しいと信じる善意の人々とかね。

最後はなんかこれはこれでまとまっちゃった感じだけど、次巻じゃどうするつもりなのやら。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍クロックワーク・ロケット

2016/03/15 14:57

さすがイーガン、ハードだわ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いやぁ、同じロケットはロケットでも下町ロケットとは大違い。イーガンだからね。ハードだね。

回転物理学は山をも動かす。どうなってんだか読みながら数式書いたりしてみたんだけど、解説のところにあったわ。解説先に読んだ方が良かったかも。

しかし、光速可変で空間と時間が交換可能だとこうなるんすかね?なんか物性のところはよくわかんない。エネルギー順位的なものはあるみたいだけど、なんか物質は本質的に不安定な感じがするなー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍日本―呪縛の構図 下

2016/03/15 13:57

なるほどなー、と思うわー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

面白い。昔読んだ『日本 権力構造の謎』より分かりやすく面白いと思う。

誤りを認める能力の欠如とか、なるほどその通りだなーって思う。でも、右派がなぜ過去のあれこれを認めないかの理由とかはちょっとピンと来ないなー。私も過去を認められない右派のせいかなー。

それと、小沢一郎を高く評価してるのが面白いなー。こういう見方もあるのか、と。安倍さんのことはdisりっぱなし。

最後に、米国は日本のことなど気にもかけていない、と。なんかここいらは大石英司と共通したものを感じるな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍日本―呪縛の構図 上

2016/03/15 13:53

日本史の復習的だけど面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本史の復習かよー、なんて思ったけど、いやいやこれは面白い。

いやー、そうだったのかー、知らなかったわー。

水戸黄門のへへーとひれ伏すやつはそういうことだったんですかー。

なぜ太平洋戦争を始めてしまったかもなるほどねーな感じだし、戦後何がどうなってこうなってしまったかも、そうだったのかーな感じ。

ま、アメリカの属国なのは仕方ないよね。戦争に負けたんだから。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍南沙艦隊殲滅 下

2016/03/15 13:50

多宇宙モノとして面白かった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いやー、面白かった。多宇宙モノとして面白かった。

最後のあれこれは、まぁ、アレだ、多宇宙間を移動すると厳密に元の宇宙には戻れないってことなんじゃないかと解釈して納得しましたね、私は。

近頃のサイレントコアモノ中では一番面白かった気がするなー。サイレントコアはあまり活躍しなかったけど。

というか、下巻は土門さん全く登場しなかったなー。ま、いっか。大和かっこ良かったしね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍南沙艦隊殲滅 上

2016/03/15 13:47

トンデモ事象へのリアルな対応

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いやー、面白いわー。トンデモな事象に対して、各国がどのように反応していくか。

やられっぱなしの中国は、真実はともかく納得できる答えは米国しかない、と。

その米国は、ありゃ判断力がないフィリピンと血気に早った日本がやったこととか言いかねないし、日本はねー、なんか米国にけしかけられて仕方なく的な?

なんか、トンデモに対するリアルが面白いのかな。

下巻じゃトンデモの説明がされるんだろうけど、そこがSF的に納得できるものになるかどうかが、ちょっと心配かな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍半島有事5 - 嵐の挟撃軍団

2015/08/27 17:59

嵐の中の戦い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

対馬じゃ竜巻、韓国では台風。まぁ、15号、16号とか台風が二つ連続することもあるからね。暴風雨の中での戦闘、ご苦労様です。
しかし、なんとなく、自衛隊の皆さんにはゆとりが感じられる気がする。次から次へと問題が起きつつも、それを排除して進軍できてるからかな。この台風は果たしてどちら側に有利だったことやら。
そして、今回も機甲師団長のテンションは高く、土門さんの苦労は絶えず、韓国側はなにやら含むところがあり、米国は影も形も見えないのであった。
ま、とにかく、面白かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍半島有事4 - 漢江の攻防

2015/08/26 09:47

今回も面白い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

まず、結論から言うと、今回も面白い。
なんかあちこちで死亡フラグが立つけれど、当人たちがそれを意識してるせいか、そうはならないのがいいところ。
でもって、相変わらず米軍は出てこない。なんかはなっから韓国側の仕込みがあったんじゃないかって感じだから、そこいら米国に話しを通してたってことなのか?
でもって、北にも面白い奴がいるなー。自軍の行為に反感を抱きつつも、愛国心は捨てない。なんかいい奴な感じ。
それに比べて、韓国海軍イージス艦の艦長さん、今は提督さんか、はどうよ?と。性格的に問題あるんじゃないの?
あと、自衛隊は機甲師団長のテンションの高さに笑わせていただきました。鬱憤が溜まってたんですね。ヒトマル式はもったいなかったし。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

色々と考えさせられちゃうなー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回も読みごたえあり。面白いです。
が、しかし、色々と考えさせられるなー。
前巻でも述べられているけど、韓国では人質が攻撃に巻き込まれる「付随被害」は致し方なしとして認められているのかー。日本じゃそんな割り切りはできないだろうなぁ。まぁ、そんな酷いことでもROEとして整備されてるのはいいことだろうけど。
それと、こんな状況でも日の丸を見るとまた日帝が蹂躙、なんてことを思うのかー。なんとも根深い恨ですな。自衛隊も下手に被害を及ぼすと後々謝罪と賠償を請求されるなんて怖れているし。
ま、それにしても、赤坂大使は偉いな!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍半島有事2 - 釜山の幽霊部隊

2015/08/26 09:35

北は無慈悲

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いやぁ、北は無慈悲だわ。飽和攻撃されたら全部は防ぎきれないとは思ってたけど、よりによってこんなことになってしまったとは。いや、もう、悲惨。トレペさへもケチって整えたミサイル防衛なのにねー。
これはフィクションだけど、北には実際にこのようなことを実行できる能力があると思うと、ゾッとしますな。
で、こんな状況になったときの日本国民の声はどうかというと、それがわからない。わざとそこいら書かないようにしてるのかな?
自衛隊には打撃力はないから、結局は本書にある通り、韓国から北を駆逐するとう方法でしか報復はできないのかな?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍半島有事1 - 潜入コマンド蜂起

2015/08/26 09:30

南は脆く北は酷い

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

こうなると、やはり竹島に仕掛けたのは北か?って気がしちゃうなぁ。
まぁ、しかし、ほんと納得がいかない戦争協力ですな。それでも命令とあれば粛々と対処していくのがプロの軍人か。まぁ、内心コノヤロ!と思っていてもね。
いや、しかし、面白い。義勇兵とかキャラクター作りが上手いと思う。凄惨な状況でも思わず笑ってしまうところあり。
でもって、北は無慈悲にきますなぁ。ラストシーンはそらヤバいわぁ、と唸ってしまいましたよ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍対馬奪還戦争5

2015/08/23 15:49

一難去ってまた一難

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

あー、終わったかー、と思いきや、一難去ってまた一難かー。なんというか、韓国軍も立派に戦ったって感じかな。なんか徴兵された若者は気の毒な気もするけど。
でもって、両軍とも悲惨な状況にあってもゆとりがあるというか、悲壮にはならない。これがプロの軍人というものだろうか。
ささ、次は半島有事か。皆さん休む間がないですな。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

20 件中 1 件~ 15 件を表示