サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. はっちゃん!さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年5月)

はっちゃん!さんのレビュー一覧

投稿者:はっちゃん!

5 件中 1 件~ 5 件を表示

紙の本愛しのニコール

2016/05/08 05:29

心をわしずかみにされて・・・

4人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

凪良作品は、さりげないに日常に潜む、男の子の純情、やさしさ、むなしさ、せつなさがおもちゃ箱をひっくり返したように詰め込まれて放り出されて・・・
新作が出るたびに手を取らせる魔力に満ちています。
そうして、今回もまぎれもなく、凪良マジック!
ひたすら切なく・・・それなのに、最後は光り輝く世界。
ニコちゃん、愛すべき純情少年。
彼が持つ素直で一途な愛に心を持っていかれました。
最後にハッピーになれてほっとした・・・
いやぁBLってほんとうにいいですね!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本憎らしい彼 美しい彼 2

2016/12/29 05:08

無敵のきもうざ!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

平良最高!
一途でうざくて、でも本人はいたって真剣。
その性格は恋人の清居にだけではなく、師匠である野口にまで、
おなじスタンスをもって接している。
自分は取るに足りない塵であり、清居は神である。
神のことを推し量るのは自分にはおこがましすぎて、ただ眺めるだけ・・・
師匠の野口にしても、自分は単なるアシスタントであって、弟子であるなんておこがましいと・・・
今回は新たに登場した、野口の存在も面白い。
相変わらず、凪良節は絶妙で、何度も何度も読み返してしまった。
平良は、無敵です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

まさに旬!

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

壱から始まり、4冊目に突入したこのシリーズ。
まさに、水を得た魚のように面白さがアップしています。
中将よりも、その中将に引っ張りまわされる、13人もの姉のいるお供?の宗孝と、その姉たちの個性豊かな人物像がおもしろおかしく、次はどんなお姉さまが?と期待してしまいますし、今回は中将自身の変人ぶりも拍車がかかっていて、面白かったと、読みながら大笑いしてしまいました。
もう、五がどうなるのか、楽しみで仕方ありません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本カブキブ! 3

2015/08/23 01:48

どきどきわくわく

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

かぶきって、田舎暮らしの人間にはよその世界のおはなし・・・
日本の伝統芸能というくらいの認識しかなかったのに、この本はすごく身近で
楽しいものだと感じさせられる。
文章のてんぽも早くってひょっとしてかぶきって遊園地のジェットコースター並みに刺激的で面白いものではないのかって思わせてくれる。
早く続きが読みたいよって。久々に思った一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本黒の騎士

2015/10/10 03:06

待ってました

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

待ちに待ってた3作目。
どうなるんだろう、この二人?
本当は相思相愛なのにシウヴァの後継者の地位が邪魔する、愛に一途な連。
愛していながらも仕事を取ろうとする鏑木。
じれったいなぁ。
愛の逃避行を実行するには大きなしがらみにつかまっている二人がこれから行きつくところはどこなんだろう。
ガブリエルが大いなる敵になりそうだし、まったく、不安な二人の前途にひかりはあるのだろうか?
続きが楽しみです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

5 件中 1 件~ 5 件を表示