サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. さらさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

さらさんのレビュー一覧

投稿者:さら

12 件中 1 件~ 12 件を表示

最後の大会

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

三年生男子3人のエピソードに泣く。
肉まんくんも机くんもいいひと過ぎる。眩しい。

かるたでつながって、はなれて、はなれられなくて、31音、物語も31巻まできた。
映画化のタイミングもちょうどいい感じ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

思春期のその先

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

文庫化のタイミングで。
本当に、ぐさぐさとつきささった。
それは、あまりにも自分の小中学生時代を鮮明に思い出されたからだ。
そして、結佳と同じように読んでいる間、行き場のない感情が頭の中で、胸の中でうずいて、息苦しくて仕方ないのに、ページをめくる手が止まらなかった。
読者である私も「女」だということを否応なく意識させられた。
こういう言い方、適切かどうかはわからないけれど、小学生だった、中学生だった、女だからこそわかる描写があまりにも多すぎた。だから余計、きつかった。

その分、ラストはたまらない。
西加奈子さんの解説もすごくよくて、そこで記されていたのと同じように、本当に震えた。泣いた。

その先、は描かれていないけれど、未来を信じずにはいられない。
だって彼女は、彼は、まだ14歳。
逃げずに自分と向き合ったことは、何よりも尊い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ひとりの女の子を通して見る近未来

2人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

どんどん面白くなるし、「侵略者」が何を考えているのか。
おんたんがふと見せる表情に、胸が苦しくなる。
不穏な空気が流れている中で、門出と先生のやりとりにきゅんとした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

待望の続刊

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前巻、めでたく付き合うことになった二人だけど、また新たな悩みが生まれるもので。
お互いに悶々とする期間の長いこと長いこと(笑)

そのじれったさに、こっち(読者)がどうにかしたくなる。

もちろん今回も、脳天ゆるくなるどきどき味わわせてくれました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

リアルな人間模様

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ざわざわ。3人の会話が生々しくて、でも今回さらっとラブも入ってきて。(ここまでの流れが本当にリアルで、なんつーかドラマチックすぎなくて、むちゃくちゃ個人的に良かった。)
すっかり増えたアラサー女子のお話のなかでも群を抜いて面白い。

漫画家さんも連載複数抱えているので、また新刊までの期間長そうだけど、楽しみ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本かわいい夫

2016/03/05 12:00

すてきな夫婦の形

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

西日本新聞の連載時にも、切り抜きを実家から送ってもらって読んでいてそのときも、おふたりの日常にあったかい気持ちになっていた。
書き下ろしを加えた今回のエッセイ集、すごくよかったな。
ナオコーラさんのエッセイ集『指先からソーダ』も大好きだ。

あとがきで、いつも書いていらっしゃる読者への感謝の言葉。
小説を書くことへの思いや考えが端々に見えたからこそ、なんだかぐっと来てしまった。私はこれからもナオコーラさんの作品を読み続けたい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本リライフ 5

2016/02/28 00:11

むずがゆい青春

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

仲良くなっていくと、深く関わっていくと、やっぱりその先、を考えてしまう。
人間関係が面白くなっている分、あぁ~どうなるんだと読者も物語を追わずにいられない。
そしてフルカラーで出してくれることのありがたさ。webで読めるといっても、紙になるよさあると思う!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

モチイエ女子、いいかも

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

web連載もとても楽しみで、やっとまちにまった紙の本。

沼ちゃんの周りの人たち、ひとりで自分の道を生きる女の人たち。
人間のあったかい部分が流れているのを感じる。
淡々と、でも確実に物語が進んでいく。モチイエにたどり着くまで見逃せない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

買い物とはさもありなん

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

さくさく楽しく読めた。

買い物という行動にまつわる、女性ならではだろうな〜という部分ってやっぱりある。共感ポイントも多くて、身に覚えのあることも多くて、あぁ〜それ言っちゃいますか〜なんて頷きながらあっという間に読了。

カラーイラスト付きで、文庫本で、お得感もある。
また歳を重ねて読み返したいなって思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ナンバーコール

2016/01/23 23:24

きっかけは互いの名前

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『群青のすべて』を表紙買いし、デビュー作のこちらもいそいそと購入。

デビュー作というのもあってか、男子高校生の濁りのないみずみずしさがすごく好みだった。
フィクションだからこそ、すっと受けいれられるというか。
BLの中でもライトなものを求める人には、ど真ん中だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

やさしい匂いに誘われて

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

今回も言わずもがなパンが食べたくなるなる。

まだ2巻のラストを引っぱるなぁ。
展開として、今じゃないということか。

相手が何を考えているのか、深く関わっていくからこそ、知りたいという思いが溢れだす。
過去といまと、二人がどう向き合っていくのかゆっくりと進む物語だから、こちらもゆっくりと見届けよう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本リップヴァンウィンクルの花嫁

2016/03/05 12:05

ふたりの不思議な関係

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画に先駆けて原作を読む。
キャストが発表されているから脳内変換しながら読み進めた。どう演じるんだろうと、思いながら。Coccoはあてがきかなぁとも思った。

七海の感情の揺らぎや変化にいまいち寄り添えなくて、描きたいことも噛み砕けなかった印象…どうしても、男の人が描く女の人、と思ってしまった。
映画は観に行こうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

12 件中 1 件~ 12 件を表示