サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 五月雨さんのレビュー一覧

五月雨さんのレビュー一覧

投稿者:五月雨

3 件中 1 件~ 3 件を表示

中学時代から裏表のないクズっぷり

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

全篇四コマ漫画で構成されたスピンオフ作品です。はじめの2ページほどはコミックス5巻にも収録されていますね。残りは全て初収録です。
もこっちの中学時代のエピソードなのですが、やっぱり、もこっちはもこっち。昔も今と変わらぬ安定したクズっぷりを発揮してます。欲を言えば、中二病全開でもっと突っ走ってもらっても良かったかと。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍凶鳥の如き忌むもの

2016/01/05 02:07

民俗学の絡む話が好きな人にオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

表紙とタイトルから、ホラー的な内容のイメージを受けるかもしれませんが、本書は普通にミステリー小説ですね。ただ、その背景と推理考察に民俗学的な解釈が絡んでくるというものです。自分は、三津田さんの作品だと同じシリーズで「厭魅の如く」と、別物で一冊完結の「のぞきめ」を読みましたが、小説の構成はどれもよく似ています。物語の半ば過ぎまでは状況説明が展開され、終盤で一気に謎解きを披露してフィナーレへ持って行くという…。
このミステリー小説にありがちなワンパターンが苦手な方、物語全体に民俗学の講釈が入るのが苦手な方にはあまりオススメではないですが、例えば漫画の諸星大二郎による「妖怪ハンター」辺りが好きな方は結構ハマると思います。自分も同じ嗜好なので、また似たような話なんだろうなーと思いつつも同氏の次の作品もきっと読んでしまうことでしょう(笑)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍少女終末旅行 1巻

2015/09/29 22:56

独特の廃墟感が好きです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

いわゆる表紙買いというヤツです。タイトルに終末という言葉が入ってるので、文明崩壊後の世界が舞台なのかと想像していましたが、おおよそそんな感じですね(1巻だけ読んだので、断定はしません)。
ストーリーは少女二人のある意味ゆるーい日常を淡々と描いていますが、二人以外には誰もいない世界というのが廃墟の描写と相まって、不安にも感じられます。戦車や銃器の描写もありますが、敵とドンパチする様なシーンはありません。あくまでも静かで空虚な廃墟生活を夢見る方にオススメです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示