サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 北の岬さんのレビュー一覧

北の岬さんのレビュー一覧

投稿者:北の岬

2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍すべてがEになる I Say Essay Everyday

2015/08/25 22:06

ずっと再読中

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

著者曰く、本書は「読者の力量を問う一冊である(苦笑)」。自分の力量が上がっているかどうか分かりませんが、ホームページ、本、電子書籍と媒体を変えてこの作品に親しんできました。読むたびに色々な発見があります。名古屋に引っ越してきてから読んでみると、知っている地名やお店が出てきて、また違った印象を受けます。再読して気づくのは、この作品に書かれてある発想や考え方が、いつのまにか自分の血肉になっていたことです。そのくらい森先生から影響を受けていたようです。初期の森作品がどんな環境から生まれてきたのか興味がある人だけでなく、日常を違った角度から見たい人にお勧めです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本憲法への招待 新版

2015/08/24 13:14

最初の一冊にぜひ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

憲法の内容が非常にコンパクトにまとめられており、優れた入門書だと思います。特定秘密保護法、ヘイト・スピーチ、集団的自衛権、いじめの問題など、今話題になっているような問題についても、憲法学の観点から簡潔かつ要領を得た紹介がなされています。中には、8月革命の捉え方、国民主権の国民の範囲、9条を「目標規範性」をもつ規定と見る見方など、通説的な見方とは違った見方も展開されていますが、これはこれで説得力があり、こんな考え方もあるのかと感心しました。新書でこれだけの質を備えた本は、そうそうないと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示