サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ぽんぽこ仮面さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

ぽんぽこ仮面さんのレビュー一覧

投稿者:ぽんぽこ仮面

16 件中 1 件~ 15 件を表示

紙の本情事の終り

2015/08/31 07:13

映画より面白い

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画「ことの終わり」ではピンとこなかった登場人物の心理がみっちり描き込まれててとても読み応えがあります。もう主人公にどっぷり感情移入してしまって胸をかきむしる想いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本大いなる眠り

2016/03/29 07:20

やれやれ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

村上春樹作品の原点がここにあると言っても過言ではないでしょう。活き活きとしたキャラクターが大いなる比喩の嵐のなかで活躍してくれて読み応え満点です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ご遺体

2016/03/29 07:12

笑った!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

主人公は詩人くずれのイギリス人。アメリカでペット葬儀社で働いていて・・・もうこの設定だけでも面白いけど、いろんな人物が現れていろんな事件が起きて、腹を抱えて笑わされっぱなしでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本うたかたの日々

2015/08/31 07:28

おすすめ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画化された「ムード・インディゴ」もよかったけど原作のこちらもとてもよかったです。シュールな世界観の中に狂おしいまでのラヴストーリーがしっかりとあって、他に類を見ない独特の小説です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本キス・キス 新訳版

2015/08/31 07:38

いいねえ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

やっぱりダールの短編はいいですねえ。「ビクスビイ夫人と大佐のコート」のオチの秀逸さといったら!何も書かれてないのに叫び声が聞こえてきそうです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ロセアンナ

2016/03/29 07:23

第一作

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ここからシリーズがスタートしたんですね。被害者像がなかなかに興味深く、警察ドラマとしても絶品です。シリーズ全作の新訳化、よろしくお願いいたします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本東慶寺花だより

2015/08/31 07:31

ぜひ読んでください

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

映画化もされたけどあんなもん屁みたいなもんです。原作のこちらの情感たっぷりのタッチ、そこはかと漂うユーモアの品の良さ、本当に素晴らしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本一分ノ一 下

2015/08/31 07:09

未完ですが・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

上巻・中巻はちょっとだれるけど、この下巻は結構ぶっ飛んだ展開で、かなり楽しめます。それだけに未完に終わってしまったのが残念で仕方ないです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

面白くてたまらないよ!

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

前巻を読んでいるとパターンがだいぶわかってきて、この後こういう展開になるだろうなあというのは読めてくるけど、それでも会話の妙の魅力はぜんぜん衰えず、もうクスクス笑わされっ放し!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本007白紙委任状 上

2015/08/25 06:21

さすがディーヴァー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

誰とは言いませんが他の作家が引き継いで書いたボンド小説が、読み終わった後に何も残らないのに対して、さすがディーヴァーさん、読み応えずっしりでそれなりに余韻も残ります。両親に関するエピソードはひょっとして映画「スペクター」に・・・?

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本野球の国のアリス

2016/03/29 07:15

なるほど

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「鏡の国」で野球をした場合・・・なるほど。ひょっとしてあの場面を思いついたところから発展させたお話ではないでしょうか。北村さんの他の作品と比べるとやや物足りないけど、パロディとしてはまずまずでした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

う〜む

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アクション場面は筆が冴えてますかねえ。でもストーリーやボンドを含む登場人物の魅力はいまひとつで、少なくとも007に興味のない人が読む物ではないですかねえ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本怪盗ニック全仕事 1

2016/01/18 06:34

痛快

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ユニークな泥棒の活躍、とても面白いです。でもユニークな依頼の裏には・・・というのがややワンパターン気味かも。でも次もまた読んでしまいそう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本シャーロック・ホームズ絹の家

2016/01/18 06:31

現代的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

公認の長編小説は初めてとか。犯罪の背景がドイルの時代ではとても描けなかったもので興味深くはあったけど、無関係の事件をつなげる辺りはやや強引かも。でもまあまあ面白かったです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本震災画報

2015/10/31 05:36

さすが外骨

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

現在にも当てはまる記述が多くて感心させられます。大変な状況下で当時の庶民がいかにしたたかに生き延びて行ったかも窺えてずっしり読み応えがあります。それでいて外骨先生の飄々とした書きっぷりも健在で嬉しい一冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

16 件中 1 件~ 15 件を表示