サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. ツンドクさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

ツンドクさんのレビュー一覧

投稿者:ツンドク

13 件中 1 件~ 13 件を表示

読み応えあり

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

題名が興味を引き付けて購読。知らなかったけれど木村政彦という凄い柔術家がいたんえすねえ。柔道はもともと今のような一本を取ってお終いというスポーツではなく、相手が参ったというまで戦う武術だということ、最強の技は寝技(絞め技)だということ、制約なく戦うとプロレスやボクシングより強いであろうということ等々、初めて知ることばかりで非常に面白かった。なのになぜ力道山に負けたのか、なかなか読みごたえのある本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

リタもマッサンも素敵な人です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

連続テレビ小説で興味を持ち、もっと知りたくて読みました。明治の時代に遠い日本にお嫁に来て日本人になりきろうと努力したリタも、そのリタを死ぬまで愛したマッサンもとても素敵な夫婦で、家内ともどもファンになりました。こんな夫婦になれたらと、お互い(口には出しませんが)思うような心温まる本です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本暗殺者の復讐

2015/08/26 13:49

またまた二重丸

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「暗殺者グレイマン」シリーズの第4作。前3作に劣らず二重丸です。まるで映画を観ているようなアクションシーンに引きずり込まれます。他人のことには無関心な筈なのに弱い人を放っておけず次第に事件に巻き込まれる主人公の造形がいい。ワンパターンのようだけど毎作違った舞台回しで飽きさせません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本暗殺者の鎮魂

2015/08/26 13:41

大ファンです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「暗殺者グレイマン」シリーズの第3作。第1作、第2作の流れを受けながらまた新たな舞台装置でグレイマンの活躍振りに今回も二重丸です。アクションシーンの緊迫感もさることながら、クールでありながら人間的な主人公の造形がいいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

真の企業戦士

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

山一証券が廃業発表したのち、その事後処理に当った社員たちの奮闘を記録した作品です。多くの社員が早々に次の職場を求めて求職活動に走った中で、将来への不安を押し殺して、残った資産の処分や債権者への弁済、さらに不正に至った経緯の調査を仕上げた社員たちの使命感・責任感・正義感に打たれました。同じくサラリーマンとして社会人生活を送ってきた自分にとって、改めて(できるかどうかは分からないが)「社会人たるものこうでなくては」と自戒させられた本でした。
それにしても、繰り返し行われる企業の不祥事の原因のいかに多くが「トップの保身」にあるか、ということに驚かされます。真に会社のため、社員のため、顧客のためを考えるなら、「不正だけはしない」ということが絶対の筈なんですが。その対極に本書のような社員もいる、ということに救いを感じます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本その女アレックス

2015/08/26 16:41

確かに面白くはある

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本屋大賞とっただけあって、グイグイ読ませる面白さはありました。前半と後半がまるで違う話のような展開で、そのドンデン返し的な意外性が面白くもありますが、ちょっと趣向を凝らし過ぎかも。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

知らなかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日米開戦に至る過程を当時の軍や政治指導者の言葉を丁寧にたどって追った本です。半藤一利氏や保坂正康氏などの著書である程度の知識はありましたが、知らなかったエピソード(開戦に反対していたと思っていた人がそうでもなかったり、逆だったり)も多々あり、改めて歴史の真実の奥深さを感じました。
それにしても当時の軍のひとりよがりと政治指導者の決断力・指導力の欠如(あとからだから言えることかもしれませんが)には呆れます。ただ、その話と、いま政治的議論になっているTPPや原発の話を結び付けて論じているのは違和感があります。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本生存者ゼロ

2015/08/26 13:33

ハラハラドキドキ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

エボラやMARSをはじめパンデミックが世間を騒がすことが多くなったご時世だけに、同様の危機に直面して生存を賭けた戦いを描いた本作品に、ハラハラ、ドキドキしながら楽しませていただきました。最後がちょっとあっけなかったけど。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

飽きました

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

浜先生がいつも通り舌鋒鋭くアベノミクスをバッタバッタやっていて痛快ですが、先生の本を5~6冊読んだ身にとっては、目新しい論点はなく、ワンパターンで飽きました。初めて読む人には面白いかも。それにしても当面は浜先生の予言は当りそうもないですね。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本利休の闇

2015/08/26 16:22

期待外れ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

利休の死の原因について、加藤廣の本なので、「そういう裏があったのか!!」を期待したが、今まで出ていた説の範囲内で意外性がなく、期待外れ。多分真相はこの本の通りなのでしょうが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本007白紙委任状 上

2015/08/26 16:15

それなりに

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

さすがディーヴァーそれなりに面白かったが、007は映画の方がいい。ディーヴァーはリンカーン・ライムの方がいい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本資本主義の終焉と歴史の危機

2015/08/26 14:06

評価は高いけど・・・

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

グローバル経済が行きわたり辺境が無くなったために採算のとれる投資先がなくなり、利子率が史上最低になって、資本主義の終焉を迎えた、という現状分析(私の読み違いがなければ)には同感するところがありますが、「じゃあどうするの?」というのが物足りない気がします。随分評価が高い本なのでもっと「目からうろこ」を期待していたのですが、読み込み方が未熟なのでしょうか。本書と観点は違うが原田泰著「反資本主義の亡霊」(日経プレミアシリーズ)なんて本と読み比べても面白い。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本ゼロの迎撃

2015/08/26 13:32

それなりに楽しめた

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

同作者の「生存者ゼロ」が面白かったので、続けて購読。それなりに面白かったけど、リアルな近未来を想定しているかのような設定にしては現実離れしていて、作品への同化という意味ではいまひとつでした。(現実離れという意味では前作の方がよほど現実離れしているが、それはそれで荒唐無稽なだけに楽しめた)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

13 件中 1 件~ 13 件を表示