サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 罪人のかしらさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

罪人のかしらさんのレビュー一覧

投稿者:罪人のかしら

1 件中 1 件~ 1 件を表示

紙の本文語訳旧約聖書 1 律法

2015/08/27 12:53

簡潔な表現

2人中、2人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

クリスチャンになって十数年が経ち、その間、新改訳聖書や新共同訳聖書、リビングバイブルなどの訳文に馴染んできましたが、異なる訳でも読んでみたいと思い立ち、文語訳聖書を購入しました。読んでみて非常に驚いたのは、堅苦しい文語表現でありながら、各節ごとに実に明瞭簡潔に意味が伝わってくるということでした。口語訳がややオブラートに包んだ柔らかな表現であるとすれば、文語訳は漢方の煎じ薬をそのまま飲むようなもので、無駄をそぎ落とした物言いはストレートに自分の内面に迫り来ます。神の霊感によって書かれた聖書のメッセージですから、愛や恵みのみことばばかりでなく、自分の罪を示される厳しい指摘もあります。特に本書は律法が主題の「モーセ五書」が収録されており、人間というものはどれほど力を尽くしても、神の聖さの基準には全く手が届かないこと、そして神の赦し・愛と恵み・慈しみと憐みにすがらなければ、一歩たりとも歩めない弱い存在であることを思い知らされます。しかしそれこそ絶対主権者である創造主のことばであると同時に、霊的存在として人間を創造された神様からの至上の愛のメッセージであると、この格調高い文語訳聖書はあらためて教えてくれます。素直にこうべを垂れて、再読三読したい書です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示