サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. クロデさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

クロデさんのレビュー一覧

投稿者:クロデ

3 件中 1 件~ 3 件を表示

電子書籍ふたりの証拠

2015/08/27 14:19

悪童日記のあと

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『悪童日記』の最後の行の一秒後からはじまる続編。とおもいきや、なにかがおかしい。奇妙なズレを抱えたまま、奇妙な登場人物たちの物語に再び翻弄されてしまう。必ず前作を読んでから。あまり間を開けることなく。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍匣の中の失楽

2015/08/27 14:31

4つ目の奇書

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「ドグラマグラ」的な入れ子構造、「黒死館殺人事件」的な衒学趣味、「虚無への供物」的な推理比べと皮肉。アンチミステリの三大奇書を経て生み出された、奇妙な推理小説だ。内容自体の面白さもさることながら、西尾維新や舞城王太郎などの現代の作家にも強い影響を与えたことも伺える内容で、ミステリ史的にとても重要な一作だと思われる。小説に振り回されたいときにおすすめ。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍その女アレックス

2015/08/27 14:13

この本アレックス

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

展開のスリリングさと意外さが否応なく読者に揺さぶりをかけてくる。作者はもともとテレビドラマの脚本家だったというだけあって、サスペンス系の海外ドラマをみているような楽しさがある。アレックスの謎に迫る刑事たちもキャラクターが立っていて、頭のなかで映像をつくるのが楽しい小説。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示