サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. りれさんのレビュー一覧

りれさんのレビュー一覧

投稿者:りれ

2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍後妻業

2015/08/27 19:14

本当の現実世界を垣間見た

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

久々のヒットでした。男のひとの悲しい性がよく描かれています。

「90代のおじい、棺桶に半分足突っ込んどるのに、看護婦さんが体拭いてて、
あそこ拭いてる時、ううって声あげとったわ。まだわすれきれられへんねんな」

それが分かっただけでも、我々女は勉強になります。
ありがとうございました。黒川さん。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍【期間限定価格】家族という病

2015/08/27 19:03

家族を否定する著者が一番家族に縛られている悲しい本

5人中、5人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

題名と内容があっていません。題名を付けるとするならば、家族に縛られる辛さ・・・。文章から読み取れる、子供がいない寂しさ&不貞腐れ、実家が名門そして、最終章の父親に宛てたとかいう10枚以上にも及ぶ渾身の手紙。気持ち悪くて読んでませんが、父親があまり彼女に構わなかったとか家庭を省みなかったとかそういう内容でしょうか。自分自身が家族に拘り、恨み、縛られ、恋慕する。家族とは切っても切れないもので、血の繋がりは法律でも様々な面で補償されています。日本の法律では、血の繋がりを甘く見てはいけない、家族は助け合って下さい、法律も警察権力も家族間の揉め事には、傷害、殺人以外は、民事不介入。自分たちで解決しなさい。あのドライで損得勘定のきつい頭脳明晰なホリエモンでさえ、TVで母親の手紙を公開され、涙を流し続けていましたね。自分の両親と他人のごとく付き合うなんぞ、凡人には、できません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示