サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. おたまさんのレビュー一覧

おたまさんのレビュー一覧

投稿者:おたま

2 件中 1 件~ 2 件を表示

紙の本祝もものき事務所 4

2015/09/11 22:09

血の絆よりも、心の絆

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

作者は遺伝子的な血のつながりよりも心のつながりを重んじる。血のつながりによる家族関係を重視しない。人間の裏の汚さや、それを吹き飛ばすかのような竹を割った性格の登場人物が設定されている。最後は読者の期待どおりに丸く収まる。あいかわらず激しい登場人物の性格設定である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本青い城

2015/08/28 20:31

さえない外観の女性が幸福になるストーリー

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ヒロインのヴァランシー29才の退屈でつまらない女性できれいでもないと周囲から思われている。しかし、心臓の病気で1年の命だと医者に告げられる。ヴァランシーは周囲の顔色を窺って生きるのをやめ、自分の心に忠実に生きようと決心し、行動に移す。自分のほうから男性バーニイに結婚を申し込む。実はその男性は、著名な作家であり、億万長者の息子だった。最後にはお互いがお互いを愛していることがわかり、幸せな人生を送るであろうところで終わる。ヴァランシーのユーモアや切り返しが面白い。バーニイである作家ジョン・フォスターの自然の描写も美しい。思いっきり、カナダの自然に耽溺できる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示