サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. trさんのレビュー一覧

trさんのレビュー一覧

投稿者:tr

23 件中 1 件~ 15 件を表示

わかりやすいと思います

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大変わかりやすくて税務は素人の自分はとても助かりました。値段も安くて良いと思います。さらにコンパクトなので捨てずにとっておいて必要になったら見返す使い方に適している点も魅力です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

毎年買ってます

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

年度ごとの知財判例集です。実務で便利なので毎年購入しています。他の判例集にない判例も多く大変便利です。内容的に信頼性に疑問がないではないものもありますが、速さや網羅性もありますし総合的には便利な本だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本敗者のゲーム

2015/11/03 20:54

内容的にはインデックス投資を勧める本です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

個人投資では致命的な損失を出すことが許されない場合も多いと思います。それ以前に誰でも投資で絶対勝ちたいですよね。
投資に限らず勝負事において、往々にして素人は派手に勝つことを好みがちです。でも現実問題として勝ち負けにはいろいろあるんです。
例えば「不敗の成功者」という言葉を聞くと我々は高校野球のようなトーナメントを勝ち抜くように常に敵を打ちのめして勝ち続けてきたようなイメージを持つことが多いと思います。
この本では投資はテニスのラリーのようなものであると説明されています。タイトルの敗者のゲームとは、敗者が勝敗を決定するゲーム、すなわち強い者が勝つのではなくミスをした者が負けとなることを意味しています。インデックス投資はひたすら市場について行き、アクティブ投資が出した損失を利益とするある意味守備的な戦い方であるとしています。
この本はインデックス投資に興味がある方には極めておススメです。ギャンブルがしたい方は読まれる必要はないでしょう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

H26特許法等改正本です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

H26特許法等改正の特許庁による解説本です。本改正内容は、災害等のやむを得ない事由が生じた場合の手続期間の延長措置、特許異議の申立制度復活(無効審判申立人適格制限)等です。これらについての公式解説であるとともに大変わかりやすく説明されていると思います。このシリーズは揃えて手元に置いておくといざというときに結構便利です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

解説が良いです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

民法の基本問題が丁寧に解説されているとともに解答も無難で、不動産鑑定士試験受験者に限らず民法の基礎を学習したい人にお勧めできます。この試験の傾向のせいかどうかわかりませんが物権が厚めで債権が薄いような気もします。しかし基礎と割り切ればこれれでもいい感じもしますし、次のステップで自分で補えば問題ないレベルであると思います。その問題の解答あたって必要な知識がその都度繰り返し説明されているので、前の問題の解説を参照せずに問題単位で学習・復習することができて大変便利です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍のんのんびより 8

2015/09/28 22:02

最強コンビ誕生

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第8巻には、定規落とし、てるてるぼうず、ほたるんが大人、お月見、木の実とり、妖怪医者いらず、お見舞い(いずれも正式なタイトル等ではありません)のエピソードが収録されています。第8巻は登場人物同士の仲の良さ溢れるハートフルな話とともに夏海&ひかげやこのみのインパクトが楽しめます。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍のんのんびより 7

2015/09/28 21:32

待望の沖縄編

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第7巻には、沖縄編1~4、なっちゃんを女の子らしく、蛍の花火、どっとこむ、小吉さん(いずれも正式なタイトル等ではありません)のエピソードが収録されています。第7巻は、到着後はまだ映像化されていない沖縄編が見どころです。また越谷姉妹もコミカルに平常運転なエピソード満載です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍のんのんびより 6

2015/09/28 21:13

ひらたいらさん収録

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

第6巻には、うちで勉強、片付け、ひらたいらさん、蛍と夏海、天体観測、デパート、沖縄に出発(いずれも正式なタイトル等ではありません)のエピソードが収録されています。第6巻は人気エピソードのひらたいらさん等夏海メインの話が多めなので夏海ファン必読です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

極めてマイルドです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

2期までアニメ化された人気シリーズの原作コミックです。田舎の女子小中学生の日々の生活が淡々と描かれています。いわゆる「萌え」に抵抗があるような人でも楽しめる良い作品だと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本城塞 改版 上巻

2015/09/21 01:08

やはり面白いです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

司馬遼太郎さんが戦国時代の終焉を描いた作品です。大阪夏・冬の陣直前から大阪城落城までの徳川方と豊臣方との駆け引きから豊臣氏の最後までが兵法家小幡勘兵衛景憲を中心に展開されています。本作では戦国から江戸時代への時代の時代の転換点における人間の生き様が、真田幸村後藤又兵衛等の著名な武将や徳川知豊臣両政権の有力者や使える人々、両政権の間で生きる人々達を通じてとても素晴らしく表現されています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本城塞 改版 中巻

2015/09/21 01:08

おススメです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

兵法家小幡勘兵衛景憲が徳川方の命を受けて潜入している豊臣方の大坂城に、続々と真田幸村後藤又兵衛長曾我部盛親等の没落した有名武将が集結して両陣営の対立は決定的なものになります。中巻ではあまり触れる機会がないこれらの豊臣方についた武将の事情や経緯が描かれていて大変興味深いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍のんのんびより 5

2015/09/20 00:15

一巡して春です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本シリーズは各巻ごとに春夏秋冬のいずれかの季節にちなんだエピソードを中心に構成されています。第5巻の内容は、雪合戦、小毬の部屋、野草とり、お弁当交換、わくわくフィッシング、工作、世話(いずれも正式なタイトル等ではありません)の春にちなんだエピソードです。自分的には、5巻全体を通して主要メンバー4人がバランスよく登場するとともにいずれも「濃い」話揃いで息つく暇もなく楽しめました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍のんのんびより 4

2015/09/18 14:52

雪のせいかみんなテンション高めです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人気シリーズの第4巻です。第4巻には、大雪、宇宙人、年賀状、初日の出、初詣、干し柿、スキー、れんげ初登校(いずれも正式なタイトル等ではありません)の冬にちなんだエピソードが収録されています。自分的には夏海vs蛍の布団(小毬)争奪戦は見ものだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

機能性壁掛けカレンダーです

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

一日のマス目の余白が大きいので複数の予定等を書き込むのに便利です。しかしこのカレンダーの真骨頂はそこではありません。特殊な綴じ方でなんと連続する任意の二か月を盾に連続するように掛けることができるのです。これに出会うまではカレンダーに金を使ったことがなかったのですが、便利過ぎてもう何年目かわからないほどに毎年購入して愛用しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍のんのんびより 3

2015/09/17 01:12

秋です

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人気シリーズの第3巻です。第3巻には秋にちなんだエピソードである夏海ちゃんのテスト、駄菓子屋(せんべいとカレー)、飯盒炊爨、芸術の秋、文化祭、ペチとお散歩、家出(いずれも正式なタイトル等ではありません)が収録されています。大人数が登場するにぎやかな話と行掛り的に交流した二人の話とのコントラストがなんとなく秋っぽくて面白いです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

23 件中 1 件~ 15 件を表示