サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. かしわさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

かしわさんのレビュー一覧

投稿者:かしわ

1 件中 1 件~ 1 件を表示

電子書籍血界戦線―妖眼幻視行― 10

2015/08/30 20:45

姫と亀の騎士

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

素晴らしき兄妹愛、その一言に尽きます。
以下、ネタバレ含む。

クラウスさんは、過去の挫折と後悔が、今のレオの強さに繋がった。
自分を誇るべきだと、彼自身もそんなレオを誇りに思うと言います。
そのとおりだと思いますし、このシーンでも勿論うるりと来ました。
しかし、妹のミシェーラにとっては、決してそうではなくて
もっと幼いころからずっと、レオが自慢の兄だったということが
トビーの台詞や、亀の騎士の話から伝わって…もう‥
今回の話は、間違いなくレオの成長譚だと思うのですが
たとえ神々の義眼のことがなかったとしても
妹から見たレオは「誰よりも優しく強い男」で、自慢の「亀の騎士」。
自分を責めて、卑下してばかりのレオが、最も愛する妹に
とっくの昔から誇りに思われていたということが、私にとっては
一番の見どころであり、心を打たれたエピソードでした。

プリンセスとトータスナイトに幸あれ!

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

1 件中 1 件~ 1 件を表示