サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. 地蔵さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

地蔵さんのレビュー一覧

投稿者:地蔵

2 件中 1 件~ 2 件を表示

電子書籍偽りの戦後日本

2015/08/31 01:04

戦後日本と現代の政治状況について

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

日本の政治状況は、戦後一貫して米国従属で動いており、
これを逸脱しようとした政権、政治家は、いつの間にか排除されてしまう。
それも、「米国の意思」でありながら、日本国内の様々な圧力の結果として。
現代日本の政治状況の諸問題、一見不可解な政治の動きも多くがこれで
説明される。
現在の政権においても同様に、米国の対中国地域安全保障をアウトソーシング
するため、「集団的自衛権」をゴリ押しで実現しようとしている。

ウォルフレン氏、白井氏とも上記の主旨で論を展開しており、
大変興味深く面白く読めた。ただ、対談という形式から、
話題が多岐にわたるものの個々の論はそれほど
深い内容までは至っていないように思えた。詳細をより深く
理解するには、白井氏「永続敗戦論」、ウォルフレン氏
「誰が小沢一郎を殺すのか」等の著作を読むべきだろう。

主旨とは多少逸れるかもしれないが、印象に残ったのは
対談後半の白井氏の発言:
「結局のところ現代の社会においては『平穏に買い物ができる生活』が
何よりも重要...そうした世界観を持った人々にとっては、デモなど
単にうるさいものでしかありません」
これは確かに事実であり、学者や評論家はこれに絶望してしまうだろうが、、
政治家や一般人は、ここから出発せざるを得ないのである。
それが理想的な方向に行くのか、堕落していくのかは、結局
皆が何を望むかによるのだが。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍桐島、部活やめるってよ

2017/01/02 21:42

桐島について

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

以下、ネタバレになるが。

桐島自身について、直接は殆ど明らかにはならない。
桐島が部活を辞めた理由も明確には記述されない。
描かれるのは桐島の周りにいる高校生達の、
閉塞した日常の中での心の動きであり、桐島の退部?は
そこに起こる出来事の一つでしかない。
おそらくはこの作品の主題は、高校生達の
厳しく辛く危うい社会生活であり、その中身も悩みも
殆どが、高校という空間に閉じ込められた人間関係で
ある。それはある部分確かに幼稚でもあるのだが、
現在の成年のものと、本質的には同種だと思う。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

2 件中 1 件~ 2 件を表示