サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. MKさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

MKさんのレビュー一覧

投稿者:MK

14 件中 1 件~ 14 件を表示

歴史を勉強しようという気にさせる

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『東大のディープな日本史』の著者が、
歴史を理解するのに必要なエッセンスを凝縮させた書。
空欄形式になっているので、学参のテイストである。
かなり難しい。
『東大のディープな日本史』はスラスラ読めたが、そうはいかない。
ちゃんと教科書から勉強し直そう。そう思った。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

資料が豊富でビジュアル的にも楽しめる

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

東大の入試問題はやっぱり面白いと実感できる。
本書は、絵画資料や統計もふんだんに掲載されていて、
具体的なイメージを膨らませることができる。
講師(筆者)と編集者の対話形式という文体も、
東大のディープな日本史と違ったテイストで良かった。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

受験生にも読んで欲しい一冊

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

センター試験の問題が分野別に40問取り上げられており、
古今東西の思想家について丁寧に説明されている。
哲学・宗教の土台となる部分から解説されているので、とても分かりやすい。
学習参考書にもこれほど丁寧な解説はない。
一般書だが、受験生にも読んで欲しい一冊である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

言葉と向き合う真摯な姿勢

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「東大のディープな」シリーズは、
東京大学の入試問題が優秀な学生を選抜するための磨き抜かれた良問であることを認識させられるが、古典も多分に漏れない。
とりわけ本書は、何気ない表現からも意味を読み取ろうとする筆者の姿勢に
心打たれる。
国語講師たる者、こういう姿勢で言葉と向き合うべきである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本政治・経済用語集

2016/04/18 11:55

政経学習の際には必ず手元に

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

倫理・現代社会と比較して、改訂に最も力が入れられている。
TPPなどに関しても説明が追加されている。
受験生必携書だが、この一冊で政治や経済のメカニズムが
理解できるわけではない
教科書や参考書を読む際に手元に置き、
用語に関する理解を深めるというのが、効果的な利用法である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本東大英語の総合的研究

2016/01/23 18:57

他を圧倒する内容の濃さ

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

東大英語で必須の構文と語法に関しては、極めて丁寧な解説が付されている。
さすが長年Z会で指導にあたってきた著者陣である。
また、ネイティヴによるアドバイスもとても参考になる。
ただし、和文英訳が大半を占めていて、
英作文やリスニングに関しては物足りない。
続刊が望まれる。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

直前の確認用に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

問題を解くのに必要な部分だけ本文が切り取られているので、
直前期に解法の確認のため数をこなすのにはうってつけだと思う。
本書は正答率50%以上の問題が収録されているが、
こういう基本問題を確実に正解する方が、センターでは重要だろう。
ただし、全体読解が求められる、問6対策としては効果的でない。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本倫理用語集

2016/04/18 11:35

センター対策必携書だが、買い替えの必要はない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

センター倫理は選択肢文の内容をしっかりと読み取って
正誤を判定することが求められるので、
その点で、思想家や術語について説明されている本書は大いに役に立ち、
受験生必須である。
ただし、倫理という科目の特性上、新しい内容はあまりない。
オビで「全面改訂」と謳われているが、
旧版があれば無理に買い換える必要はないだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

とても実戦的

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本文の読解よりもセンター特有の選択肢の正誤の判別に重点を置いています。
「制限時間内にいかにして解くか」という観点から解説がされており、
とても実戦的です。
問題は、本文の全体ではなく一部を切り取って掲載しているので、
取り組みやすいです。
センター現代文で得点が伸び悩んでいる人・安定しない人向けだと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

倫理、政治・経済の問題は不要

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

赤本の解説はどの科目も年々詳しくなっている。
とりわけ倫理は、現代思想家がトピックとして取り上げられていて、
とても参考になる。
ただ、倫理、政治・経済の問題まで載せる必要があるのか。
ほとんど同じ問題なので、だったら古い問題を掲載してほしい。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本現代社会用語集

2016/04/18 11:41

時事テーマにもっと踏み込んだ記述が欲しかった

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

オビで「10年ぶりの全面改訂」と謳っている割に、
時事テーマについてはそれほど増補されていない。
環境問題・エネルギー問題・TPPなどに関して、
もっと詳しい説明があるのかと思ったが、その点では期待はずれ。
しかし、用語の丁寧な説明は従来どおりで、受験生は必携である。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

入門書の位置づけ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

本文の読みをベースに、初歩的な部分から極めて丁寧に解説している。
しかし、扱っている問題が易しめのものばかりで、
近年の難化傾向の問題には対応していないように思える。
1・2年生向けの入門書としては適切だろうが、
得点力をつけるには他の参考書・問題集に進む必要があるだろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

しょせん類似品

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

『東大のディープな日本史』の二匹目のどじょう狙いだろうが、
内容的にも文体的にも数段劣る。
『東大のディープの日本史』が、
東大の入試問題の面白さを引き出すことを第一に考えているのに対し、
本書は、筆者が独りよがりで面白がっているようにしか思えない。
二匹目のどじょうを狙うなら、それなりの研究が必要だろう。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本東大の現代文25カ年[第7版]

2016/11/22 01:12

解答に納得がいかない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

解説の分量が少ないため、どうしてそのような解答が出るのか、
納得のいかない問題が多い。
筆者は東大の問題をいくつかのパターンに分け、それぞれに対処法を講じているが、成功しているように思えない。
自分でひねり出した方法に振り回されているだけなのではないか。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

14 件中 1 件~ 14 件を表示