サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. トモモモモさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年9月)

投稿数順ランキング
先月(2017年9月)

  1. 1

    UP

  2. 2

    UP

  3. 3

    UP

  4. 4

    UP

  5. 5

    UP

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    体が硬い人のための柔軟講座 (NHKテキスト 趣味どきっ!)

    中野 ジェームズ修一 (講師),日本放送協会 (編集),NHK出版 (編集)

    5つ星のうち 4.0 レビュー詳細を見る

トモモモモさんのレビュー一覧

投稿者:トモモモモ

19 件中 1 件~ 15 件を表示

DVDの動画も

3人中、3人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

電子書籍購入時点で、DVDの動画が見られないと思って星を大幅減にしたのですが、その後、動画が見られることがわかりました。案内がなくて気づきませんでした。

先生の指導が見られる動画を見るには、購入した電子書籍を手元に置いて、インプレスのサイトに行きましょう。そういうわけで、訂正して星を追加します。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍人生は一本の線

2016/05/19 00:19

癒される。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

美術家篠田桃紅さんの、短い言葉と、渋い色合いで描かれた線と面で構成されています。詩を味わったり、絵をじっくり楽しんだりできる人に向いている本です。

とても美しくて、ほっとします。
疲れたらこの本を開こうと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

とても不幸な人の心に、一筋の光をさす本

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

斎藤一人さんと、一人さんの実のお姉さんの共著です。
絵が素敵。

一人さんの幼少期の様子を垣間見ることができます。
とても体が弱かったことが、その後の大活躍の原点なんだろうなと。

お姉さんを始めとして、
他の数名の身の上話も書かれています。
それぞれの不幸な境遇から立ち直る話です。

この本のいいところは、登場するみなさんが、
斎藤一人さん本人から少し距離があること。

直弟子さんたちのように完全にのまれていない。
少し離れたところで一人さんの影響を受けながら、
なんとか自分で立ち直っていくのがいいです。

とても不幸な人の心に、一筋の光をさす本だと思います。
(ちなみに私は斎藤一人さんのファンというわけではありません。)

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

人間味と実感ある美術論

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

人生をかけて絵を描いている視点からの、人間味と実感ある美術論です。2003年のNHKテレビ講座「美は時を超える」のテキストを新書化したもの。私は当時国外にいたためにこの番組の存在を知らなくて残念ですが、本書を読むだけでも十分学び、楽しめました。内容は、アルタミラの洞窟画から9・11直後のNYのアートまで、千住氏自身の創作活動の模索と絡めた、美についての考察。有名な作品に対する著者の発見と感動を一緒に味わうような感覚で読みました。特にモネとウォーホルのつながりについての記述は、20世紀について示唆に富んでいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

心暖まり、背筋が伸びた。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

大正3年生まれの報道写真家である著者の素敵な生き方を紹介。さすがに写真がきれい。50歳でも70歳でも何歳でもスタートできることがあると知って元気が出ました。自然体でセンスがよい暮らしの知恵がとても参考になり、ご自分を甘やかさない姿勢にはこちらも背筋が伸びました。本が終わるのが名残惜しかったです。最初から最後までとにかく明るくて素敵でした。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

いちばん大事な本かもしれない

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

子供のために書かれた本だそうです。
でも大人にも、いや大人にこそ骨身にしみるカネの話。
あまりにも心に突き刺さって泣けました。

「生まれる場所を、人は選ぶことができない。
だとしたら、ねぇ、どう思う?
人って、生まれた環境を乗り越えることって、
本当にできるんだろうか。」

西原理恵子の問いかけ。
いろんなお金の話がでてきます。
海辺の町の魚の匂いがするお金から、FXのあぶく銭まで。
その間には、つらいことをして手にするお金、工夫して働いてもらえるお金、ギャンブルで消えていくお金、貧しい国のお金。お金がない恐怖ももちろんある。

どうして働かなければいけないのか、やりたいことが見つからない。
迷った時に、この本を読んでガツーンとやられたらいいと思います。
私はやられました。

大手出版社が同じ本を出しているようですが、ユーメイド社から出版された経緯は、冒頭で著者自身が説明しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

帯もきれい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

hontoの商品写真は、帯を外した青い表紙だけになっていますが、実際にはきれいな帯がついて届きました(もちろん)。その帯はリバーシブルになっていて、裏側はさらにきれいなお花の写真です。見るたびに癒されます。

仕事用の手帳とは別に、ホ・オポノポノのクリーニングの友として買いました。2015年10月からの2016年12月までの暦を軸に、随所にヒューレン博士とKR女史の言葉が散りばめられていて、自分が書きたいことも自由に書き込みやすい構造になっています。1日1枚ミシン目で切り離して捨てられる「今日のクリーニング」欄も便利。

巻末はヒューレン博士とKR女子によるクリーニングの手引き書になっているので、私はそこに他の本で読んだことを書き足しています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

アドビ周辺のスターが続々と登場

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

アドビ製品で仕事が成り立っている私にとって、たまらなく楽しい内容でした。グラフィック業界の有名人が続々と登場しますが、中でもー番のお気に入りは、小塚フォントの小塚さんのインタビュー。その他にも見所がたくさんあって、仕事の合間に開いて元気をもらっています。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍ハルと魔法の湖

2015/10/10 15:44

臨死体験のような

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

童心に返って読みたい、斎藤一人さんの教えの結晶です。絵もきれいです。
人を幸せに導く修行のために街にやってきた天使のハルと、不幸な気分に浸っている男の子ジューがたどり着く心の世界。
物語の中のふたりは穴掘りをしているのですが、読んでいた私は、人が死んだ後に見る光景ってこんな感じかなと思いました。言ってみれば、この物語は、私たちが生きているこの世の種明かしです。読んだ後は、臨死体験をしてこの世に戻ってきた人のように、毎日を大事に生きられそうです。
斎藤一人さんの本が好きで、いろいろ読み込んできた人におすすめです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

絵ごころを育む

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

おもしろくて一気に読ました。著者の絵が好きなので、読むモチベーションもあがりました。この本は、昔ながらの内弟子制度のように「自分が好きな絵描きのそばへ行き、その人が絵を描くさまを毎日眺める」(本書より)ような経験を伝えようとしています。
人の心にせっかく湧いた「絵を描きたい!」という気持ちがしぼまないように、細かい技術は後まわしに、絵を描く心構えを説きます。著者の画家としての人生の話は深いし、絵の歴史もわかりやすくざっと学べる良書でした。
ただ、電子書籍版で残念なのは、表紙が見られないことです。表紙の絵もきれいなので、タブレットの大きい画面で見られるようにしてほしいです。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

優等生的ですが

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

教養人になるための良きガイドブックです。日本の社会を背負うリーダーたちは、誰もがこれぐらい名著を読み込んで教養を備えていていてほしい。そう願うのは無茶でしょうか。でも本来はそうあるべきなのです。

この本が面白いかと言われると微妙です。出口さんは活字中毒を自認してらっしゃるそうですが、本来、活字中毒者というものは本を数えきれないほど読んでいるので本を数えている暇などないのです。「一万冊」だなんていちいち数えているところが怪しい(編集者の意図かもしれませんが)。旅行した国の数を語る人に面白い人はいないのと同じように、読んだ本の数を語る人に面白い人はいないのです。

有名人で例えると、蛭子能収さんの対極の位置でしょうか。クリエイティブな人たちの個性に比べると、出口さんの視点は優等生的でちょっと退屈。でも会社の上司がこんな人だったらいいだろうなと思わされます。

高い志を抱きつつ何をどう読んでいいかわからない。そんな人に良いと思います。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

三者三様

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

秋山さんのお話に大変感銘を受けました。崇高な不食。スピリチュアルな不食。前書『食べない人たち』には書かれていなかったディープなエピソードを読めます。
森さんは治療がきっかけの不食で、NYから来た不思議なお医者さんとの交流が面白い。

ここまではよかった。

最後の山田さんは微妙です。無人島の話も微妙。政治的に危うい位置にある島ですし、誰かに迷惑をかけていなかったか気になります。テレビ的面白さがあって人を引きつけるかもしれないけれど、どうも危うい。山田さんが「不食」という言葉の生みの親だそうですが。

秋山さんと森さんがおすすめです。

とにかく、このように三人三様なので、読み手の好みに合う不食の人が見つかるのではないでしょうか。非常に人を選ぶ話ですが、不食には地球の未来がかかっていると思います。

不食は英語ではプレザリアンなどと呼びますが、そういう人は本当にいます。私自身もお付き合い以外では食事を必要としないので、実感でわかります。いわゆるプラーナで生きています。

山田さんが次元を落としているため、星ひとつ減らします。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

電子書籍重版出来! 1

2016/05/29 01:08

本好きのための漫画

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

体育会で優秀だった人は組織に向いているというベタな設定。
主人公らしいキャラ(みんなから好かれる)の主人公。
絵だけ見ると意味がわからなくて、話が見えなくることもあります。

でも、本を作る人、売る人の熱意が素敵だから、読み出したら止まらなくなります。1巻では社長のエピソードが好き。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

ブックデザインがいい

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「日々使っている言葉があなたの人生を決める」「人生は、必ずあなたのイメージ通りになる」(本書より)。斎藤一人さんの一番弟子さんによる本です。人生を良くするために、思いと言葉を大事にしましょう…という内容も良かったのですが、私はこの本のデザインが気に入って買ってしまいました。フォントと絵の使い方がとても気持ちいいです。見てみてください。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

プロ・上級を目指す人に

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

高度にIllustratorを使いたい人が、基礎固めをするための本。優しくはなく、そんなに親切でもなく、お客さん扱いはなしでビシビシ教えてくれます。プロのノリ。かっこいいデザイン事務所で、厳しい先輩から教わってるような感じ。そういうノリで、私には大変助かりました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

19 件中 1 件~ 15 件を表示