サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. レコマニア49さんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年6月)

レコマニア49さんのレビュー一覧

投稿者:レコマニア49

3 件中 1 件~ 3 件を表示

紙の本珈琲屋の人々 宝物を探しに

2015/09/01 23:08

期待を裏切りません。

1人中、1人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

珈琲屋の人々のシリーズ第3弾ですが、1冊目以降連作であることに気がつかずに2冊いっぺんに購入・読了しました。ストーリー・文章は正に期待を裏切りません。ハードカバーで読みたい1冊です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本家日和

2015/09/01 23:41

何度も繰り返し読んでます。

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

「家においでよ」が一番のお気に入り。全部の短編が良かったけど、妻が家を出た後に「男の理想の部屋」を作ってしまう。こんな設定が小説で読めるなんて想像もできません。実は内容をあまり知らないで、新聞広告の「夫は仕事ができないらしい」の一文が気になって本書を購入したところ、夢中になり読みました。実は私もレコードに囲まれて生活しているので(妻は逃げていませんよ)ものすごくリアルに共感しまくりでした。文庫も単行本の両方持ってます。(装丁も良いですよね)
これから発売の新作「我が家のヒミツ」も楽しみです。予約注文したので届くのが待ちどうしい今日この頃です。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本噂の女

2015/09/01 23:20

カメレオン?

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

ある文庫の解説にも書いてあるが作者の奥田英朗は多彩な顔・作風がありいい意味で驚きが毎回ある。この作品はミステリーのカテゴリーとなるのだろうが、見事な時系列で物語が展開しており一気に読了した。新作が待たれる数少ない作家のひとりである。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

3 件中 1 件~ 3 件を表示