サイト内検索

詳細検索

ヘルプ

セーフサーチについて

性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示を調整できる機能です。
ご利用当初は「セーフサーチ」が「ON」に設定されており、性的・暴力的に過激な表現が含まれる作品の表示が制限されています。
全ての作品を表示するためには「OFF」にしてご覧ください。
※セーフサーチを「OFF」にすると、アダルト認証ページで「はい」を選択した状態になります。
※セーフサーチを「OFF」から「ON」に戻すと、次ページの表示もしくはページ更新後に認証が入ります。

  1. hontoトップ
  2. レビュー
  3. あびにしきさんのレビュー一覧

レビューアーランキング
先月(2017年8月)

あびにしきさんのレビュー一覧

投稿者:あびにしき

4 件中 1 件~ 4 件を表示

年下の男の子~♪

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

37歳で独身一人暮らしの晶子さんがマンションを買っちゃう。って晶子さん、もうお一人様で生きて行く覚悟したんだねー。って思っていたら、少し強引な年下男子の児島君の出現。
メール攻撃やらマンション押し掛けやら、一歩間違えればストーカー行為で捕まっちゃいそうだけど…年下男子の胸キュン行動満載♪

まるでテレビで恋愛ドラマを見ているかのように、サクサクっと読んじゃいました。
面白かったー。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本最後の噓

2015/09/16 19:52

吉祥寺探偵物語

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

吉祥寺でコンビニのアルバイトをしながら探偵の副業をしている主人公の川庄。
市長選を控えた政治家から行方不明になった隠し娘を捜して欲しいと依頼され…。

果たして、その目的は市長選を前に隠し娘がいたことがバレないための口封じのためなのか…。など色々と想像を膨らませながら読みました。
ストーリー自体は、色々な出来事が交差して面白いのですが、「最後の嘘」というタイトルだけに、父娘のもっと複雑な嘘が絡み合っているお話なのかなぁと思っていたので、結末はかなりあっさりしていたような印象があります。

かなり読みやすいので、あっという間に読めちゃいました。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

紙の本拉致と決断

2015/09/30 10:29

北朝鮮という国

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

拉致被害者である蓮池薫さんの北朝鮮での過酷な生活。拉致された時~日本に帰国するまで~子供達が日本に来るまでの辛い心情が書かれています。

未だに謎多き国「北朝鮮」という国がよく分かる一冊です。
常に戦争に怯え、満足な食料・物資が与えられない国での生活。改めて日本で生まれ育った事に感謝できる本かもしれません。

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

「絵心ない芸人」にもオススメ

0人中、0人の方がこのレビューが役に立ったと投票しています。

絵心のない私。某バラエティ番組の「絵心ない芸人」にも引けを取らない私の絵。
そんな私でもこの本を見てマネをするだけでスラスラとイラストが描けるではないですか!!
今では私のスケジュール帳はかわいいイラストでいっぱい!スケジュール帳を開くと心がウキウキです♪

このレビューは役に立ちましたか? はい いいえ

報告する

4 件中 1 件~ 4 件を表示